無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

2017年5月 5日 (金)

6日(土)もやってます  「霧降文庫」がオープンしました

Img_2696  古書店図書室「霧降文庫」の217年度は、5月5日(金)からスタートしました。この日が初日とは知らずに、二組5人が訪れていきました。その他に書棚作成に「ともだち」一人が参加し、計6人が五月雨式に霧降文庫へやってきました。
  Img_2685 5日の初日の新書古書棚に並んだのは、「しんがりの思想」(鷲田清一)など。この冬に読んだ本です。このほかに「資本主義の終焉 その先の世界」、さらに宗教学者・島薗進さんの「愛国と信仰の構造」、「国家神道と日本人」、あるいは「鎌倉幕府と朝廷」、「戦国乱世から太平の世へ」、「ロシア革命」など。いずれも最近読み終えた新書です。
    Photo
  「霧降文庫」の案内地図を掲載します。図の上の「砂時計邸」がそれです。ペンション「ポコ・ア・ポコ」の上方、5軒目ぐらいです。☎0288-25-3348、日光市所野1541-2546。ナビに住所を入れると、「霧降文庫」前にきっちり到着します。新緑が眩しい霧降高原においてください。5月のオープン日は、5日、6日、13日(土)、28日(日)の4日間ですー。
 
ブログランキング
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いいたします

2017年5月 4日 (木)

5日からオープンします 古書店図書室「霧降文庫」2017

 古書店図書室「霧降文庫」(日光市所野1541-2546 ☎090-5351-3440)は、5月5日(金)から2017年度オープンします。オープン時間は週末の土曜日と日曜日の2日間、いずれも正午~日没です。1月1日から4カ月間、冬季休業しておりましたが、5カ月ぶりに開きます。
 Photo_2
  この3日、4日の二日間は、「ともだち」の力も借りて、40畳のウッドデッキの防腐剤塗り、さらに「霧降文庫」の新しい本棚づくりや図書室から、ベランダの書棚に本をずらりと並べるという作業をしておりました。
Photo_3
 霧降高原は今、春本番ー。新緑の季節です。「霧降文庫」のベランダでは、夏ツバキの葉が満開に近く。ヤマブキは咲き始めています。下界ではすでに終わっている桜ですが、霧降高原ではもまだ咲いています。山桜は5分咲きか。この辺り一帯が真っ赤に染まるヤマツツジはこれからが本番です。
Photo_4
 5月の企画をそろえてからスタートへー。そう思っておりましたが、時間不足で、そのままスタート。来週の13日(土)からは「地球と暮しに優しい100冊」(仮称)をやろうと思っています。6月10日(土)に「今市宿市縁広場」で、プレ「アースディ日光」を開催しますが、そのときの実行委員会の特別企画と重なるはずです。一足早く「霧降文庫」でやろうと思っています。
ブログランキング
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いいたします
 

2017年4月 3日 (月)

同人誌「序説第24号」も始動ー  8月1日発行に向け「連絡」

Img_1769
4月1日の土曜日は、1974年創刊の老舗、社会派同人誌「序説」の連絡に追われておりました。10人の同人と3人の準同人に投函ー。「事務連絡」も含めて。新春からとりかかろうとしていましたが、3か月後にようやく連絡を送ることができました。そのさわりをネットにもアップしてみます。写真は昨年の「序説第23号」です。

「序説第24号」連絡
2017年4月2日(日)  事務局 黒川純=富岡洋一郎

みなさん、お変わりないでしょうか。4月1日の「選抜決勝戦」を聴きながら、「序説第24号」の連絡を書いておりました。新春から「きょうこそ、みんなに序説の連絡をしよう」と思っておりましたが、毎日、雑用ー市民運動の会議や集会・デモ、薪割り、ベランダ補修などーに追われ、それがかないませんでした。恐縮です。
 
 最初に事務局・富岡から「私事」について、ひとつ、ふたつ。
●ご承知のように富岡・黒川は、昨夏、腰椎すべり症で済生会宇都宮病院に約1カ月入院、この春でそれから8カ月。この3月は半月間、県営だいや川公園で毎日のように1時間の散歩へ。目標は3・20「さようなら原発 全国集会」の集会・デモで、代々木公園から渋谷駅まで「完歩」すること。結局、拡声器を片手に1・3㌔を完歩することができました。「自分をほめてあげたい」-笑いー
●その2 月刊詩誌「詩と思想」(「序説」準同人の長島君が装丁しています)2017年1、2月合併号・特集「2016年度・回顧と展望」で、巻頭詩論のひとつ「『叙時詩』」に向かって吹く風 詩の<現況>についての私的メモ」(約2600字)を掲載しました。今回の序説第24号でも転載するつもりです
●その3 霧降高原では「キリフリ谷の芸術祭」というのが、毎年6月にあり、今年で3回目。詩人・黒川純も今年初めて誘われました。6月11日(日)と6月25日(日)の、いずれも13時~15時、ベランダを会場に「詩・歌朗読会 こんにちは 未来」を開催します。詩人、歌人、声楽家、舞台役者などが「舞台」に。みなさんも時間がありましたら、「霧降文庫」にも(「序説」の会員に限ってだけ、特製カレーと珈琲をサービスしますー笑いー)。

 本題ですー。「序説」第一期は、第12号まで。それから4半世紀休刊し、第13号から第二期をスタートさせています。今号の第24号は、その第一期に+12号となる記念すべき号です。第一期の号数と肩を並べたということです。
そのこともあり、「第24号発行のときの総会会場は、事務局の霧降高原で開こう」と、お伝えしてきました。
 ということで、●2017年の総会は、日光・霧降高原の黒川純邸で。宿泊は、歩いて1分の豪華ペンション(全室とも露店風呂付き)「ポコ・ア・ポコ」3部屋(一部屋2人、計6人)を予約してあります●懇親会も黒川純邸で。

2017年4月 2日 (日)

オープンは22日(土)です  2017年度の「霧降文庫」

 
 Photo お待たせしましたー。古書店図書室「霧降文庫」(日光市霧降高原)のオープンについて。3カ月間、冬季休業しておりましたが、2017年度が始まり、初日は4月22日(土 正午~日没)。春の霧降高原にぜひ。情報交換もいたしませうー。

 最初は4月9日(日)オープンを考えておりましたが、傷んだベランダの補修や贈呈本や新古書の整理、さらに新たな本棚づくりなどがありました。4月下旬なら、気候も穏やかにー。ということで、2017年度は、4月下旬スタートです。
 Photo_2

 よって、4月の開館日は以下の3日間です(基本は、土・日の毎週2日間オープンなのですが、週末にいろんな活動や会議、総会などに出掛ける用事が重なり。23日は、「原発いらない栃木の会」第6回総会・記念講演会へー)。
★22日(土)
★29日(土)
★30日(日)
ブログランキング
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いいたします。

2017年2月 1日 (水)

2月革命から10月革命へ 新視点の『ロシア革命』ー。

Photo
 
そういえば、丸100年でした。10日ほど前が初版日だった『ロシア革命 破局の8か月』(岩波新書 池田嘉郎)。2月革命からレーニンの10月革命まで、自由主義者たちの「奮闘と挫折、そして新たに生まれたもの」。主演級が第三次まで臨時政府の首相を務めたケレンスキー。
 同書によると、四次にわたった臨時政府の38人の元大臣のうち、亡命先で死去したのは、21人。最後まで生き延びたのは、ケレンスキー。はじめはフランスに亡命し、第二次大戦中の1940年にアメリカに移住。いくつもの回想記を書き、1970年にニューヨークで89歳で死んだ、という。(これは初めて知りましたー)
 ニコライ二世の退位のドラマから始まり、デレビドラマにもなりそうなドキュメンタリータッチの232頁。昨日、たまたま書店で手にしたのだが、面白さに惹き込まれー。100年前にタイムトリップできました~。著書は1971年生まれ、専門は「ロシア近現代史」の東大大学院准教授。この手の世界の新たな書き手が登場してきたことがわかる新書です。
  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ
    
 

«黒川純・〈叙時詩〉に向かって吹く風  「詩と思想」特集 2016年現代詩・回顧と展望

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31