無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 60年安保・「恋と革命」に散った歌人・岸上大作を偲ぶ | トップページ | 「詩的定年」は忙しい(?) お友達ブログ内の「時間配分」談議 »

2010年6月16日 (水)

「詩的定年」にはジャズ 霧降高原に「ニューヨークの風」

http://ernest.petit.cc/Dscf93191

「詩的生活」に欠かせないのが、音楽、それもジャズ(私がそう言っているだけでもあるが~)。ということで、地元・霧降高原の私が建築的芸術家、いや芸術的建築家と呼んでいる幾何楽堂で13日夜あった「三上クニトリオコンサート」に出掛けた。

 正確には「三上クニスプリングツアー 2010」。5月下旬の和歌山から北上し、6月下旬に北海道、7月に伊豆高原から横浜へ。ライオネルハンプトン楽団最後の専属ピアニストで、ニューヨーク在住35年という三上クニさんに池田聡さん(ベース)、長谷川明彦さん(ドラム)。

 夜6時半から休憩の10分ほどをはさみ、アンコールを加え、2時間弱。幾何楽堂がいっぱいのジャズファンで埋まり、わきの「月夜見照らす」まではみだす盛況。三上さんがすぐに聴衆から「リクエストを」というと、「モーニン」「A列車で行こう」など。私も思わず「コルトレーンの朝日のごとくさわやかに」と注文(ガーランドのCジャムブルースの方がよかったかも)。いずれも演奏の中で応えてくれた。

 三上さんの流れるようなピアノ、軽妙な会話、小中学校の総合学習にも使えそうなピアノ、ベース、ドラムの実演と、時間はすぐに。そうそう、幾何楽堂入り口では移動式珈琲店で知る人ぞ知る(知らない人は知らないが~)、有名ななえるねすとエルネスト」が臨時開業(私も一杯)していた。三上さんはそのエルネストに触れ、ご苦労さんと、「ブラックコーヒー」を演奏。状況に応じたリーダーぶりを発揮していた。

こうした演奏会、「定年以前」は仕事に追われ、コンサートの後半に駆けつけるぐらいが関の山だった。演奏会後に懇親会がセットされているのが、幾何楽堂のイベントだが、これまでは仕事のことが頭を離れず、じっくりと、その輪に入る心の余裕を持つことが難しかった(仕事に追われる人生は厳しいデスネ)。

 ところが、どっこい。「詩的定年」なので、その心配はなく、久しぶりに開演から終演まで、ジャスに浸り、懇親会ではベースの池田さんらと親しく呑みあうことができた。「リハーサルをしても三上さんはその通りにはしないことが」「譜面を見ているように見えたということですが、見たのは1曲だけ」「ベーシストになりたいと思う気持ちがあればその道が」(本当はなかなか、そうはいかないのだが~)などの楽しい会話を交わしたことだった。

« 60年安保・「恋と革命」に散った歌人・岸上大作を偲ぶ | トップページ | 「詩的定年」は忙しい(?) お友達ブログ内の「時間配分」談議 »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

この柔らかな文体がいい感じです、、、笑い
動画までUPして、、、

「柔らかい」ですかね。まだ少し堅いなと思っているのですが。エルネストの「過酷な日々」(本当にそうかな~)を超えた軽い文体にはかないません。ところで、例えば「記事を書く」で「エルネスト」のURLを下線を付けてアップする方法は。労働の合間に時間があったら教えて。エルのURLをコピーし、記事に持ってくるまではできるのですが。その後が不明(ふぃふぁ山荘に指導してもらいましたが、はてな。定年は頭が堅くなっているので)

ふぃふぁ
URLをコピーは、リンクしたい文字を選んで
写真張り込みと同じ欄のLINKをクリック
URLを入れて保存でOKです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「詩的定年」にはジャズ 霧降高原に「ニューヨークの風」:

« 60年安保・「恋と革命」に散った歌人・岸上大作を偲ぶ | トップページ | 「詩的定年」は忙しい(?) お友達ブログ内の「時間配分」談議 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30