無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 同人誌『序説』17号発刊 四半世紀の休刊を経て復刊5号 | トップページ | 「大切な一冊」の寄贈を 霧降高原「森の図書館」からーその1-  »

2010年6月22日 (火)

小さな巨人(?)の活躍に期待  霧降高原山荘に「散水栓」が登場

(新調したノズルから水道水が勢いよく噴き出し、寓居のウッドデッキを洗う=22日昼、日光霧降高原)Dscf9524

、 「詩的生活に」に、やはり必要なのが庭の散水栓(ともかく、砂時計はそう思うので)。ウッドデッキを洗い流す必要があり、それが課題だった。先週から頼んでいた設備工事が専門の高村さんが「梅雨が本格化する前に」と、本日・20日に、さっさと工事に入った。午前中で工事が終わり、昼にはごらんの通りに。

 散水栓が取り付けられたことで、霧降高原山荘は少なくとも八つの効用が得られる。

①まず、名古屋のコウチャンが汚してしまうデッキが洗える②洗車ができる③駐車場が洗える④育てている紫陽花やキンモクセイ、ギンモクセイ、ローバイに水をやることができる⑤「山荘菜園」のナス、キュウリ、ピーマン、ニンジンに水をやることができる⑤名古屋コウチャンの飲み水を用意できる⑥盛夏に空気を冷やす水まきができる⑦花火など火の気に対する水がすぐ用意できる⑧バーベキューをやる際の野外台所用水になるーだ。まさに小さな「巨人」(意味が違うかな?)。

Dscf9543 (散水栓に直結したホースとノズル。20mぐらいあるかも)

工事その1 まず、庭先の地中水道管 を切断する) Dscf9497_3

工事その2 地中水道管を連結し、中央から別の管を立ち上げる。Dscf9505

工事その3 立ち上げた水道管に蛇口を取り付けるDscf9509

工事その4・完成 蛇口付近を埋めて、さらに「散水栓」の箱をかぶせるDscf9517

 こんな風に工事の過程を眺めていられるのも、「詩的生活」だから。そのついでに、ホースそのものは前のオーナーが置いていってくれたので、これを活用することに。カインズホームで買ったのは「ノズル」(798円)と水道管を固定する「バンド」(88円)の計886円。「ホースを買っていたら、あと3千円はかかったね」。工事を終えた高村さんと「詩的生活」について、話したことだった(マイカーの洗車も自分の手でというように、「詩的生活」はなるべくお金をかけないというスタイルも含まれる-お金の余裕もないのだが~)。

« 同人誌『序説』17号発刊 四半世紀の休刊を経て復刊5号 | トップページ | 「大切な一冊」の寄贈を 霧降高原「森の図書館」からーその1-  »

田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 同人誌『序説』17号発刊 四半世紀の休刊を経て復刊5号 | トップページ | 「大切な一冊」の寄贈を 霧降高原「森の図書館」からーその1-  »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30