無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「大切な一冊」の寄贈が最近、次々と  霧降高原「森の図書館」からーその2- | トップページ | 花のように鳥のように 阿久悠小論ーその3- »

2010年7月20日 (火)

詩 「生き延びる日課」 詩集『怒りの苦さまた青さ』からーその1-

Dscf0473(「砂時計」・黒川純の第1詩集『怒りの苦さまた青さ  詩論「反戦詩とその世界」』・2004年9月・随想舎新書)

 詩 生き延びる日課

喉はもうからからなのだが

スコールはまだやってこない

もうどのくらい時が過ぎるのか

数えることもできないくらいだ

欲しいときはそこに向かう

岩山の絶壁を登って下りて

ワニが目を光らす川の向こう

岩陰のその先に水がある

喉が渇き切っているから

スコールがなかなか来ないから

仲間たちでそこまで向かう

それが俺たちの日課になる 

獲物を狙う猛禽類をやり過ごし

牙を剥く野獣から逃げ切って

谷底へ真っさかさまを警戒し

目がくらむ岩山を登って渡る

それがどれほど危ないものか

よく分かってはいるのだが

喉の渇きには代えられない

命の水を求めずにいられない

いつも一番乗りとは限らない

別のグループもやってくる

そこが一帯のオアシスだから

かち合うこともしばしばだ

そのときはじっと待っているさ

飲み終えた彼らが立ち去るまで

みんな苦労して辿り着くのだから

それくらい分かってやるべきだ

我慢しきれないときもあるから

その場合は近くまで寄ってみる

それも水場をのぞいてみるだけだ

もうすぐ飲み終わるかどうか

あいつらだって気づいてくれる

順番待ちをしているんだなと

最後の奴が水場から出ていく

そうしたら俺たちの番になる

なぜそんなことをやるのか

難しく考えたことはない

みんながそうしてきたからだ

大昔からそうだったと聞く

慌てないで順番待ちしていれば

目指す命の水は必ず手に入る

みんながそう思っているから

無理にいがみあうことはない

時間が解決してくれるから

牙をむきあう必要はないんだ

明日へ生き延びるためには

少しぐらい待ってもいいさ

それを知恵というのかどうか

そうやって生きてきただけだ

東アフリカのマダガスカル島

そこでずっと暮らしてきた

チンパンジーらの真猿類に対し

原始的な原猿類だといわれてきた

それでも水飲みの順番ぐらいは待つ

キツネザルと呼ばれる俺たちだ

 いやー、ここまで読んでくれた詩心のある人(ない人もです~)に、まず感謝します。この詩を書いた当時は長いとは、まるで思わなかったが、今、読み返すと、詩としてはちょっと(かなり)長い(長編詩というのもあるが、それを意識した詩ではないので)。ひとさまに読んでいただく詩としては、この半分ぐらいがいいのだろうな、と思ったことでした。

 詩の説明を少し。これはNHKテレビ番組「ふしぎ大自然」の「探検!針山の迷宮 水飲み順番を待つキツネザル」から。苦労しながら、水飲み場に辿り着いたキツネザルたちが、それでも水飲みの順番を待つ様子を放映していた。そのキツネザルたちに感動(ふだん、テレビは見ないことにしているが、「ふしぎ大自然」は別、笑い)、すぐにこの詩を書いたことを思い出した。

 苦労を苦にせず、水を飲む順番を待ちながら、毎日を生き延びていく姿勢は、まさに「詩的生活」だ。いや「砂時計」が、以前にアップした「『不良詩人』を生きる」にも通じる。猪突猛進型の、つんのめりの、なんでも1番乗りの、企業競争に明け暮れる、「オー猛烈」社員の、24時間戦いますと、過労死を乗り越え、夜討朝駆けの、有給休暇ゼロ・育児休暇ゼロの(?)、「勝ち組」型の人生論もあるが、今や、そんな生き方はダサイ(えっ、ダサイは今では、死語だって!)。

(詩集『怒りの苦さまた青さ』」からーその2-」に続く)

« 「大切な一冊」の寄贈が最近、次々と  霧降高原「森の図書館」からーその2- | トップページ | 花のように鳥のように 阿久悠小論ーその3- »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

私も有給休暇は年に数日しかとらない
猛ダメ社員です。ww

ふぃふぁさま
それでも足尾の山々を歩いて、温泉で一杯(いっぱい!)
の自由な日々を過ごしているのですから、スゴイもんです。
猛烈型の「日々是好日」であり、もう立派な不良詩人です
(出世はまず無理ということですね)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「大切な一冊」の寄贈が最近、次々と  霧降高原「森の図書館」からーその2- | トップページ | 花のように鳥のように 阿久悠小論ーその3- »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30