無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「風の又三郎」や「猿丸」の寄贈も 霧降高原「森の図書館」からーその3- | トップページ | ヒャ~涼しい!霧降高原「マックラ滝」  大雨で流された木橋を再架橋  »

2010年7月23日 (金)

「森の図書館」、25日から1週間休館 森の中の「ツリーハウス」づくりで

Dscf955825日から31日まで1週間、臨時休館する霧降高原「森の図書館」=日光市霧降高原)

 日光霧降高原「森の図書館」(霧降高原、チロリン村内)は25日(日)から31日(土)まで1週間、臨時休館する。 霧降高原「森の図書館」からーその4ー

 鹿沼市の児童養護施設「ネバーランド」の子供たちが、25日から31日まで、「森の図書館」奥の森の中に空中に浮かぶ簡易型の家・「ツリーハウス」づくりの野外体験をする。この期間中、「森の図書館」は、ネバーランドの子供たちや先生たちが寝泊まりしたり、休憩したりする拠点になる。このため、「森の図書館」が再び開館するのは8月1日からになる。

 「ツリーハウス」づくりは「ネバーランド」と地元の「日光森と水の会」や「NPO法人アースマザー」(事務局・東京)との「協働事業」。基本は家づくりのプロである木匠たちが進め、それにグループごとに森を訪ねてくる子供たちが参加する。現場ではすでに基礎づくりが始まっている。炎天下の森の中でノミやノコギリ、キヅチをふるっているところだ。 Dscf0633ツリーハウスづくりの基礎作業が始まった「森の図書館」奥の大きなクリの木=22日、霧降高原)

Dscf0642 (慎重に基礎作業を進める木匠たち=22日、霧降高原)

 ツリーハウスの広さは約4畳という。床面の高さは約2㍍の見込みだが、現場でみると、意外に高そう。「砂時計」の少年時代もそうだったが、自分たちの隠れ家をつくるのは、わくわく、どきどきするもの。児童養護施設から「森の図書館」を寝泊りの拠点に、日中は「つりーハウス」づくりに汗を流す子供たち。大変だが、自然の中で夏休みの1日を過ごす楽しい日々が待っていよう。

Dscf0652 (ツリーハウスづくりには「ボランティア」も汗を流している=22日、霧降高原)

 ツリーハウスが完成したら、「森の図書館」で手にした本を樹上のここで読めるように。そんな話題が交わされている。すでに「森の図書館」と「ツリーハウス」を結ぶ遊歩道づくりにも手をかけているという。だから、そんな構想が実現するのも、そんな遠いことではなさそうだ。そのためにも(?)、霧降高原「森の図書館」に「だれかに読ませたい大切なあなたの一冊」(一冊だけです!)を、ぜひ寄贈を(宣伝口調になってしまうのは、「砂時計」の意に沿わないのだが~。この際、いいとしよう~)。

« 「風の又三郎」や「猿丸」の寄贈も 霧降高原「森の図書館」からーその3- | トップページ | ヒャ~涼しい!霧降高原「マックラ滝」  大雨で流された木橋を再架橋  »

霧降高原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「風の又三郎」や「猿丸」の寄贈も 霧降高原「森の図書館」からーその3- | トップページ | ヒャ~涼しい!霧降高原「マックラ滝」  大雨で流された木橋を再架橋  »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31