無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「千三忌」  ひとりの兵士と母の墓に平和を祈る | トップページ | 暑い夏の夜に「武者絵」 上州「尾島ねぷたまつり」ー(上)- »

2010年8月16日 (月)

わたしが一番きれいだったとき  イン・ザ・ムードと「8月15日」

Dscf1743 (いかにもアメリカらしい「イン・ザ・ムード」などがあるオールディーズスイングのジャケット)

Dscf1735 (「わたしが一番きれいだったとき」。「茨木のり子集 言の葉 Ⅰ」から)

わたしが一番きれいだったとき 

                茨木 のり子



わたしが一番きれいだったとき
街々はがらがら崩れていって
とんでもないところから
青空なんかが見えたりした

わたしが一番きれいだったとき
まわりの人達がたくさん死んだ
工場で 海で 名もない島で
わたしはおしゃれのきっかけを落としてしまった

わたしが一番きれいだったとき
だれもやさしい贈り物を捧げてはくれなかった
男たちは挙手の礼しか知らなくて
きれいな眼差しだけを残し皆発っていった             

わたしが一番きれいだったとき
わたしの頭はからっぽで
わたしの心はかたくなで
手足ばかりが栗色に光った

わたしが一番きれいだったとき
わたしの国は戦争で負けた
そんな馬鹿なことってあるものか
ブラウスの腕をまくり
卑屈な町をのし歩いた

わたしが一番きれいだったとき
ラジオからはジャズが溢れた
禁煙を破ったときのようにくらくらしながら
わたしは異国の甘い音楽をむさぼった

わたしが一番きれいだったとき
わたしはとてもふしあわせ
わたしはとてもとんちんかん
わたしはめっぽうさびしかった

だから決めた できれば長生きすることに
年とってから凄く美しい絵を描いた
フランスのルオー爺さんのように
              ね

 本日8月15日は、ブログ「砂時計~」を開設して最初の終戦記念日。暑い正午。1分間の黙とうを促す日光市のサイレンが鳴り響く。この日にふさわしい詩を。そう思っていたところ、12日に極寒の島、アッツ島の玉砕(全滅。この戦いから「玉砕」の表現が使われたという)の「隠された真実」を、つまり「大本営発表の真っ赤な嘘」をNHKテレビが放映。改めて殺された兵士たちの無念さに思いをはせた。

 ということで、アッツ島で戦死した「名も無き」ひとりの兵士に思いをめぐらした戦時下を代表する抵抗詩、「白い花」(昭和19年 アナーキスト詩人・秋山清)をアップしよう~。そう考えていた。が、今日の朝、朝日新聞14日付夕刊トップ記事に目を奪われた。茨木のり子の詩「根府川の海」を紹介した記事だ。見出しは「失った青春、詩人万感」「終戦翌日咲いていたカンナ、今も」とある。

 この詩「根府川の海」も、茨木のり子の代表作として知られるが、私は、やはり「わたしが一番きれいだったとき」の方が好きだ。「わたしが一番きれいだったとき/ラジオからはジャズが溢れた/禁煙を破ったときのようにくらくらしながら/わたしは異国の甘い音楽をむさぼった」。なかでも、こんなフレーズが気に入っている。

 阿久悠原作の映画「瀬戸内少年野球団」。戦後直後の「戦争と平和」「戦争の傷跡」「傷病兵と家族」「戦犯と少女」などを描いたものだ(若くして亡くなった夏目雅子のすがすがしい姿を見ることができる)。印象的なのは、その映画で流れるジャズ「イン・ザ・ムード」の、なんと軽快なことか。「わくわく」「くらくら」「そわそわ」。そんな思いを抱かせる。このジャズを聴くとき、「わたしが一番きれいだったとき」が、浮かんでくるから、不思議だ。

« 「千三忌」  ひとりの兵士と母の墓に平和を祈る | トップページ | 暑い夏の夜に「武者絵」 上州「尾島ねぷたまつり」ー(上)- »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

今になり、アッツ島やシベリアの知られざる戦争の秘話が出てくるのは、何か理由があるおでしょうか?
それにしても、東京は暑すぎる!

アッツ島の場合、防衛省資料から。政権交代で情報公開しやすくなったのでは。また証言はもう65年。最後に「本当のことを言いたい」という生存者が出てきたためではないでしょうか。ヒロシマ、ナガサキも同じようです。語り部がさらに出てきたようです。でも、逆にそれだけ戦争が遠くになっているということにも。これからは「戦争の記憶の風化」が問題になるのではと思っています、というか、危惧されますよね=~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「千三忌」  ひとりの兵士と母の墓に平和を祈る | トップページ | 暑い夏の夜に「武者絵」 上州「尾島ねぷたまつり」ー(上)- »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30