無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「ツリーハウス」、ついに完成! 霧降高原の森に「遊び場拠点」 | トップページ | 清楚な美人に会いにゆこう(3)  小杉日光美術館で「高畠華宵の大正イマジュリィ」 »

2010年8月 3日 (火)

惨事 泣いてもいいですか!   そして、一羽になった名古屋コーチン

Dscf1372 (ベランダから逆さまに突き落とされた名古屋コウチャンたちの小屋=2日、霧降高原)

 泣いてもいいですか~!。というより、情けないというのが本音だ。2日、起きてみて、コウチャンたちの小屋をみると、そこになく、消えている。タープが倒されるなど、ベランダも荒らされている。「ピヨ~ピヨ~」。近くで小さな声が聞こえる。ベランダに通じる階段下をみると、ニワトリ小屋が逆さまに落とされており、金網ははがされている。コウチャンはいたが、いるはずのタカチャンの姿はない。そばには羽根が飛び散っている。<やられた!!!>。

Dscf1371_2 (逆になった小屋の中でコウチャン一羽だけが生き残っていた)

Dscf1383 (タカチャンのものと思われるベランダに残されていた雨にぬれた羽)

Dscf1378 (タープがなぎ倒されるなど、台風被害かと思わせる何者かに荒らされたベランダ)」Dscf1388 (コウチャンたちが暮らしていた小屋が根こそぎもっていかれ、何もなくなったベランダ)

 それにしてもまぁ。かなり細かい鉄柵の上に金網を巻き、雨よけもあり、小屋の前には太い角材を置いていた。まず防犯上は大丈夫。そう思っていたのを、あざ笑うような犯行。丸太を蹴散らし、屋根を飛ばし、金網をはがしながら、小屋そのものをひきずって、ベランダ下に突き落とす。南京錠をしているので、小屋そのものは開けられないが、わずかな隙間から何らかの方法で、タカチャンを!。Dscf1376 (ベランダから見た、たぶん引きずられ、落とされたコウチャンたちの小屋)Dscf1387 (コウチャンたちの小屋の屋根やえさ、デッキブラシなどが散乱するベランダ)

 真っ昼間、「砂時計」が不在のときの襲撃は警戒し、コウチャンたちを外に出すのは私がいるときだけにしてきた。まさか、小屋ごと襲い、金網をはがし、わずかな隙間から「手」(?)を伸ばし、惨事を起こすとは。「砂時計」の警戒の浅さの結果だ。もっと、大きく、頑丈な小屋を。そう思っていたが、雑事にかまけて、そのままにしてしまった。そのしっぺがえしを受けてしまった。Dscf1414 (そして、一羽になったコウチャン=2日、霧降高原の「砂時計」のベランダ)

 今回のような惨事に対する「砂時計」の想像力不足。そのため、保護責任者遺棄の責任は免れない(刑事事件だと、逮捕・拘留・起訴・裁判・有罪だ)。「砂時計」は泣いてもいいですか~、ではなく、もう泣くに泣けない心境だ。だが、こうなったら、生き残ったコウチャンだけでも、すくすくと。生きていないだろうタカチャンの供養のためにも、明日から本格的なニワトリ小屋づくりへ。その覚悟を決めた(もっ早く取り組めばという悔みと反省の一日)Dscf1419 (頑丈なニワトリ小屋の新居をつくるまで、コウチャンは寓居の玄関に保護することにした)

« 「ツリーハウス」、ついに完成! 霧降高原の森に「遊び場拠点」 | トップページ | 清楚な美人に会いにゆこう(3)  小杉日光美術館で「高畠華宵の大正イマジュリィ」 »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

え~~ 私は東京にいたのでアリバイはあるのですが、、、
これだけの力だと、これは熊の仕業では?

F氏へ
松本清張的に東京ー日光の列車の「時刻表」を調べ、
F氏の行動を再確認する必要があるかもしれない。

なにぃ~!許せん許せん( #` ¬´#)
どこのどいつだ、ウチのかわいい弟をさらったやつあぁ、
と寅さん的に怒ります。

タカちゃんにはお悔やみ申し上げます。

犯人はネコではありませんね。台風一過のような現場を見れば、クマ(冗談ではありませんぞ)、大型犬、そしてF氏!そういえば、アリバイ工作をしていた節がある。

ちなみに私は鳥肉が苦手でありますので・・・。

今日、新聞に出ていたあの方の助けを借りて早急に頑丈な鳥小屋の作製を提案いたします。

ハルさま 漂ふさま
確かにネコではこんな荒らし方はできないと
思います。東京の友人・S氏からも「これは
ツキノワグマでは」とのメールが。味をしめた
から再襲撃は必至。そのつもりで要警戒へ。
(F氏の行動も含めて)。まずは頑丈な小屋
づくりへ。「台風」(?)お見舞い多謝。

;;´Д`)ゝな、な、何が起こったのでしょう???
くま、クマ、絶対にクマでしょ~??
あ~タカチャン。。。どうぞ安らかに。。
そして、又、来るであろう何者かから、
天国でコウチャンと砂時計様をお守りください。
そして、どうぞ安らかに。。
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

くみっき~さま
御心配ありがとうございます。ふだん静かな霧降高原も
深夜になると、激しい生存競争が行われている暗黒世界に。
100歳以上の方で死んでいるのに生きているかのように
親族も役所も対応してきた今の世の中を映しているかのよう
です(?)。くみっき~さんも霧降高原を訪れるときはご注意
ください。

熊?
コウチャンの心配も良いですけど
私は、砂時計が心配になってきましたネ!
お大事に!

oyaziさま
御心配ありがとうぎおざいます。
ブログ「砂時計」の更新が途切れたときが、
そのとき(?)だと思ってください。確認の
ために天然氷の毎日配達も歓迎します(笑い)

足元でつるこをビビらせていたあの子が!
ほんとに熊かもしれませんよ。
今年は全国的にどんぐりが少ないそうですから。
砂時計さまも戸締りお気をつけくださいね。

つるこさま
霧降高原の別荘管理人によると、コウチャンたちが
襲われた3日、「砂時計」から約1キロはなれた霧降高原
入り口でクマが目撃されているとのこと。このため犯人は
クマかも(私はキツネとかもう少し小さな野生獣の可能性
もと思っているのですが)。いずれにせよ、用心、用心!。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「ツリーハウス」、ついに完成! 霧降高原の森に「遊び場拠点」 | トップページ | 清楚な美人に会いにゆこう(3)  小杉日光美術館で「高畠華宵の大正イマジュリィ」 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30