無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 本格的(?)「肉野菜炒め」」づくり 日光の専門店長の「指導」(?)で | トップページ | 荻原忠義さんお通夜ライブ 異才「AKIRA」が会場で熱唱 »

2010年8月30日 (月)

各地から絵本などの寄贈続く 霧降高原の小さな「森の図書館」

Dscf2098 (各地からも「大切な一冊」が届いている日光霧降高原「森の図書館」=29日)

 「だれかに読ませたい大切な一冊を」。日光霧降高原の広大な森の中の小さな図書館・「森の図書館」(日光市霧降高原チロリン村内 「日光森と水の会」など運営)のこんな寄贈の呼びかけに、地元・日光ばかりか、全国各地からも善意が届いている。

 森の図書館は、もともと何万冊の蔵書数を誇ろうという発想はない。一人ひとりが「大切な一冊」だけを森の図書館に.。それが1千人の1千冊になり、訪れるたくさんの人がそれを手にとり、頁を開いたときー。そのとき、また新しい何かが、霧降高原に生まれてくるのではないか。それが森の図書館長でもある「砂時計」の思いだ。 Dscf2077 (日光市や東京都、長野県からも送られてきた寄贈本たち

 寄贈を受けた絵本の「大ちゃんとさっちゃんの夏休み」(作・やまもと まな 絵・塚本やすし 2009年2月 文芸社)は、長野県の宮下さんから。ビジュアルな「百人一首」(1978年 世界文化社)と「奥の細道」(1979年 同)は、東京都の近藤さんから。平安時代を背景にした「えんの松原」(伊藤遊 福音館書店 2002年10月)は、地元・日光市の柴田さんから。みなさん、どうもありがとうございました。

Dscf2067

Dscf2069

Dscf2063 (上から順に「大ちゃんとさっちゃんの夏休み」「百人一首」「奥の細道」「えんの松原」の各寄贈本=29日、霧降高原「森の図書館」)

各寄贈本は今月上旬からつい数日前に届いた。すぐに森の図書館の蔵書コーナーに収めている(みなさんもぜひ、森の図書館を訪ねて)。だが、御礼はがきは、きょう29日に日光郵便局のポストに投げ入れたばかり。一両日中には届くと思うが、ブログでいち早く、以下のように感謝させていただきたい(はがきの文面そのまま)。

前略 この度は日光霧降高原「森の図書館」に、「だれかに読ませたい大切な一冊」を、ご寄贈いただき、ありがとうございます。さらに蔵書を充実させる一方、現代人の憩いや癒しの場として活用してもらえるよう、努力していきたいと思います。これを機会にぜひ、日光を訪れ、「森の図書館」にもおいでいただくと同時に、日光の小さな図書館をご支援していただければと思います。             草々

2010年8月29日    霧降高原「森の図書館」(館長)

               「日光森と水の会」(代表)

霧降高原「森の図書館」は、9月6日から10日までの5日間は臨時休館。さらに9月から毎週火曜休館に

 なお、「森の図書館」が建てられている霧降高原チロリン村が全施設整備のため、9月6日から10日まで休業する。また、9月から毎週火曜休業となる。これに伴い、「森の図書館」も、同じように休館する。これも「砂時計」のブログを通じてお伝えします。

« 本格的(?)「肉野菜炒め」」づくり 日光の専門店長の「指導」(?)で | トップページ | 荻原忠義さんお通夜ライブ 異才「AKIRA」が会場で熱唱 »

霧降高原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 各地から絵本などの寄贈続く 霧降高原の小さな「森の図書館」:

« 本格的(?)「肉野菜炒め」」づくり 日光の専門店長の「指導」(?)で | トップページ | 荻原忠義さんお通夜ライブ 異才「AKIRA」が会場で熱唱 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30