無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« さぁ!チェンソーで薪づくり 冬本番に向け汗だくだくで  | トップページ | そうだ!泳ぎにゆこう 久しぶりクロールに利根川泳ぎも »

2010年9月13日 (月)

フォークギターをもう一度 再び調律からスタートなのだ~

Dscf2778 (物置から引っ張り出し、12日に弦を張り替えた「砂時計」の古い~古い~フォークギター)

 フォークギターに再び、親しむことにした(?、さてどうかな~)。「詩的生活」には確かに音楽が、それも自分で弾くようでなければ。それはわかってはいたが、なかなかそんなきっかけがなかったのもある。

 つい最近、ギターが必要な場面でギターが壊れていて、弾こうとしていた人が残念そうだった飲み会(交流会?、懇親会?)の場面があった(霧降高原の幾何楽堂での「国際的飲み会」?での宮崎アニメ命の英国人のことです)。

 <それなら、「砂時計」のフォークギターを持ってくればよかった~>。会場でそう思ったことだった。そんなこともあり、本日、ふだん手をつけない物置をガサガサ。引っ張りだしたのが古い~古い~フォークギター。

 ケースから取り出すと、カビにやられているうえ、弦はさびている。というか、弦の数本は切れているありさま。中古品以下の状態だ。これでは使うにも使えない。さっそく磨きあげたうえ、ぴゅ~~と、今市へ。あそこならあるだろうと、にらんだ「NOW」(ふぃふぁ山荘ブログから)へ。 

Dscf2749 (何年もそのままだったので、弦は使い物にならない=12日、日光霧降高原)

 フォークギターを弾くなら、七つ道具(?)がいる。弦(数セット、すぐ切れてしまうから)はもちろん、調律のための音叉、カポ、ピック(各種)、ギターを抱える肩ひも(なんていったか?)、できればハーモニカも(ブルースハーモニカだったか)。

 「NOW」では、すぐに弦2セットとカポを調達できた(ついでに「リリー・マルレーン」などが入っている『ビリー・ヴォーン・オーケストラ直輸入盤』CDも。「美空ひばり」と「都はるみ」「八代亜紀」も欲しかったのだが~。「どういう趣味の人なのか」といわれそうだ~)

 とりあえず、弾くにはこれでいいのだ((「天才バカボン」のパパのように)~。ということで、セットにかかる。弦を張るのはいいが、問題は調律。5弦のA音を基本に6本の音を合わせていくのだが、なにしろ、本格的にさわるのは数十年ぶり。

 <そうだ、ネットで>。検索していくと、A音を響かせてくれる案内があり(いや~、便利になりましたね)、それでGO。だが、何度やってもチューニングできない。弦が悪いのか、あるいは「砂時計」の耳が悪いのか。悪戦苦闘約30分。この日の調律はあきらめた。

Dscf2756 (とりあえず、弦を2セットとカポを買い求めた)

 あす以降、再び、調律に挑戦へ(そんな大げさなことではないのだが~笑)。それも時間の問題だ。問題はむしろ、ギターを弾くこと。CやE、Gのコードはいいとして、Fが(ギターコードをやる人はFコードが難しく、先を断念してしまうのだという。最近もそんな新聞記事がありましたね)。

 それらをとことこと、やりながら、少しは弾けるようにしたいもの(「砂時計」はPPMやブラフォー、ディラン、あるいは岡林信康、フォーククルセイダース、シューベルツ世代なので、一瞬だが、フォークにはどっぷりではある~)。

 そんなことを考えていたら、バンジョーも弾きたくなった(「NOW」では「バンジョーなら、いつでも用意できますよ~」)。フォークギターも上達しないのに。どうも先へ先へ。そんな脱線的性格(?)が、何をやっても大成功できない結果に結びついている~(笑)。

 いやはや、「詩的生活」って、忙しいですね(幾つかの同人詩誌などの締め切りにいつも遅れているのに。さて、本当にフォークギターに再び取り組むことができるのか?。ほんとうは腕を組んでいる「砂時計」なのです~)

Dscf2763_2 (6弦とも張り終えたところで、記念撮影?)

Dscf2762_2 (同じく6弦を張り終えたところ。すぐに5弦・Aは切れてしまったが~)

Dscf2773_2 (音叉がないので、ネットから基本のA音を聞くことにした)

Dscf2775 (調律のやりかたはうろおぼえだったので、ネットで確認することに)

Dscf2766(さぁ~。とりあえず、一番やさしいCコードをおさえてみる「砂時計」)

« さぁ!チェンソーで薪づくり 冬本番に向け汗だくだくで  | トップページ | そうだ!泳ぎにゆこう 久しぶりクロールに利根川泳ぎも »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

懐かしい、そのギター
真っ赤な柄は強烈に覚えています。
まだ残っていたとは・・・
Fコードの抑え過ぎで指をつったりいないようにして下さい。

先日はお邪魔しました。
貴重なお話を聞けてとても嬉しかったです★

ギターも是非聞かせてください。
僕も叩けないカホンを持っているのでそれをもってお邪魔させていただきます★

ありがとうございました。

ハルさま
Fコードどころか、Aもおさえられるか。この種のもの
は繰り返しが基本。いずれ、できるのはわかっている
が、さて、それがどのくらいの時間が?。

HEELOWさま
ギターを聞かすには、まだ先(かなり先~笑)
でも、紅茶ならいつでもベランダでおだしできます。
どうぞ、お気軽にお越しください。

今度、セッションしませう。
私は、Fコード、押さえられます(笑)。

漂ふさま
NOWの店主によると「漂ふさんはかなり腕がある」
(さすが、遊び人は違いますね~)。セッションまでには
かなり時間が必要です(研究課題?にしておきます)

またマークのような陽気な外国人がきてくれたら、皆でギターライブで集まりたいですね!Kさんの歌声もかなりよかったですね~。
先日は急遽、今市までギターを探したのですが、間に合わず、、Mさんにわざわざお持ち頂きご迷惑かけてしましました。
我が家も用意します!

sumicaさま
そうでしたか、今市にまで調達とは。
sumicaにギターは必要でしょうね。
第2、第3の「マーク」の演奏を楽しみに
します。

ワタクシも、F 押さえられます(笑)。
ウクレレちゃんもいいですよ~~。
あぁ、うちに使っていないチューニングマシンがあるのですが・・・。
伝書鹿を、鹿沼にお飛ばしくださいませ。

つるこ(姫?)さま
あの~、「砂時計」はアナログ派?なので、音叉で。
(耳が高齢化していないか、心配ですが~)
なお、ご好意の「伝書鹿」は、今後の検討材料に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォークギターをもう一度 再び調律からスタートなのだ~:

« さぁ!チェンソーで薪づくり 冬本番に向け汗だくだくで  | トップページ | そうだ!泳ぎにゆこう 久しぶりクロールに利根川泳ぎも »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30