無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 詩 鎌のゆくえ  日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手ー(1)- | トップページ | 霧降高原の森づくり5年目 企業の「森林サポーター」と地元ボランティア »

2010年9月24日 (金)

鬼剣舞  日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手ー(2)-

Dscf3158 (白い面をつけた鬼剣舞のリーダー=18日、岩手県北上市の日本詩歌文学館)

 岩手県北上市の日本現代詩歌文学館であった「現代詩人会東日本ゼミナールin岩手」では、アトラクションとして鬼剣舞があった。鬼剣舞は、この地方のいくつもの集落ごとにあり、この日は「二子鬼剣舞」が出演した。

 ゼミナールや各地の詩人との交流も目的だったが、「砂時計」は勇壮な鬼剣舞のアトラクションも大いに楽しみにしていた。民俗芸能の宝庫である北上市にはかって3年間、暮らしていたが、この地の民俗芸能の筆頭はなんといっても、鬼剣舞とみていいだろう。

鬼剣舞の由来 (北上市のホームページから)

 北上市の周辺に伝わる「鬼剣舞」は正式に
は「念仏剣舞」の一つですが、威嚇的な鬼
のような面(仏の化身)をつけ勇壮に踊る
ところから「鬼剣舞」と呼ばれ、親しまれ
ています。大宝年間(701~704年)に修験
の祖・役の行者小角が念仏を広めるために、
念仏を唱えながら踊ったのが始まりという

説や、大同年間(806~810年)に羽黒山の法印

・善行院荒沢鬼渡大明神で悪霊退散・衆生済度の

念仏踊りとして伝えられたのが始まりともいわれています。

Dscf3118(「二子鬼剣舞」 8人編成でさぁ、これから舞の始まり~始まり)
 鬼剣舞について、それなりの説があるが、「砂時計」としては「悪霊退散」がいかにもふさわしい。見ていてわかるのは、鬼たちが(仏だから、角がない鬼という)いずれも、大地を蹴るようにというか、踏みしめて舞う。

 さらに大地を踏みしめたとき、鬼の面を揺らせながら、しっかりと次の場面に向けて、一瞬、立ち止まるかのような姿になる。一瞬でも、その動きに無駄がなく、鮮やかさな身のこなしが、大地と対話しているようで、なんとも力強い。

 そのうえで、扇や剣を手にした集団が入り乱れながら?、一糸乱れず、舞う。舞いの輪はひとつの幾何学を思い浮かべさせる。何度見ても、飽きないところが、すごいところだ(北上市で暮らしていたとき、何度見たことか。かなうことなら、「砂時計」も鬼剣舞を覚えたいほどだ)。

Dscf3113 (鬼剣舞について会場の詩人たちに説明する二子鬼剣舞の世話役?)

  、「この鬼剣舞が一番良かった」。鬼剣舞が終わり、会場を出たところで、本気とも冗談ともつかぬ語り口で、ゼミナールに参加した詩人のひとりがつぶやいた。東北の岩手らしい舞いに、初めて見た人は感激する。その典型的な感想だろう。

 そういえば、二子鬼剣舞の世話人?は「北上・みちのく芸能まつりでは、200人もの踊り手が鬼剣舞を舞います。ぜひ、北上市を訪ねてください」、そう呼びかけていた。(今年はすでに終わったが、そう遠くない時期に北上の鬼剣舞を見るためにでかけてみよう、そう思ったことだった)。

 それにしても、東日本ゼミナールの実行委員会の企画だと思うが、いいアトラクションを日程に組み込んでくれた。神仏混合だという力強い舞いは、いかにも「詩的」だ。詩人たちの集まりにふさわしい公演だったと思う。「二子鬼剣舞」のみなさんに、このブログで感謝しよう。

Dscf3153 (舞う鬼剣舞のリーダー)

Dscf3144 (何本もの刀を持ち、宙返りをする途中の鬼剣舞)

Dscf3140(お盆?を両手に持ちながら、これも落とさずに宙返りをする鬼剣舞)

Dscf3474(岩手県から去る際に贈られた鬼剣舞の面は今も「砂時計」宅にある)

« 詩 鎌のゆくえ  日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手ー(1)- | トップページ | 霧降高原の森づくり5年目 企業の「森林サポーター」と地元ボランティア »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとうございました

4位になっている!
頑張ってクリックさせていただきます(W)

oyaziさま
クリック、ありがどうございます。クリックが
砂時計のリポビタンD、もとい、明日のジョー?
です。仕事ばかりしないで、たまには飲みませう~。

3位にしときました、、、笑い

エルさま
銅メダルと4位は、かな~~り、印象が違います。
エルさんのクリックが命綱?です。今後ともよろしく
ご支援のほどを(ところで、冬がギリギリッスになら
ないように、秋もアリさん労働へがんばって~笑い)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼剣舞  日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手ー(2)-:

« 詩 鎌のゆくえ  日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手ー(1)- | トップページ | 霧降高原の森づくり5年目 企業の「森林サポーター」と地元ボランティア »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30