無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 詩 花の方へ  日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手ー(9)- | トップページ | ブログ「マコトノクサ通信」 アラセブ初当選の増子花巻市議が開設 »

2010年10月 6日 (水)

薪ストーブ生活、いよいよ本格化 さぁ秋本番の日光霧降高原

Dscf3991 (5日から本格化させた「砂時計」の薪ストーブ生活=日光霧降高原)

 日光霧降高原では、このところ、夕方になると、室内の気温が20度を下回り、肌寒さを感じるようになってきた。ということで、「砂時計」宅では、ついに5日夜から居間の薪ストーブを本格的に点火させることにした。

 点火には牛乳パックの空き箱がよく、空き箱の半分もちぎれば充分だ。そのあとは小枝が必要。冬本番なら、近くの道路にいくらでも落ちている。が、秋は始まったばかり。周囲を歩いたが、、まだほとんど落ちていない。

 ふと考えたら、<そうだ、昨冬、庭先の樹木を伐採した際に保管しておいた小枝があるはず>。それを思い出した。さっそく、その小枝集めへ。1年もたっているので、小枝がポキポキと、よく折れること。6日は、それを段ボール箱につめた。

Dscf4008 (薪ストーブの「前座」を務める自宅庭先から集めた小枝)

 小枝を燃やし、さらにその上に薪ストーブに合わせて切った建築廃材を。これがよく燃えること。これらの「前座」「二つ目」が燃え盛ったら、「真打ち」の登場。晩春にベランダに積んでいた薪、1年前から物置に積んでいた薪たちだ。

 「真打ち」はそう簡単に燃え始めない。が、いったん火が点くと、じっくりと燃え続ける。まだ夜だけの点火でもあるが、1日に数本を燃やすだけで済んでいる(冬本番だと15本~20本ぐらい必要だ)

 まだ秋の入り口でもあり、本格的に燃やすと、部屋の温度はすぐに上昇。5日夜は、今秋、初めて「湯豆腐」をやってみたが、このときの居間の温度は27度だった。Tシャツ一枚でも暑いくらいで、「湯豆腐」に「冷酒」という組み合わせになってしまった。Dscf3977 (薪ストーブの「二つ目」」にちょうどいい建築廃材)

 薪ストーブ生活に入るのはまだ先~。夏の間、そんな考えでいたので、やや後手に回っているところも(「砂時計」は、少しキリギリスの性格があるため)。昨冬、県が無料で提供してくれた間伐材は、チェーソーで切ったまではいいいが、まだ庭先に転がしてあるだけだ。

 これも早く、ベランダに移動させないといけない。それに小枝もいつまでも続かない。いずれ、自宅の周辺などから調達しないといけない。さらに薪そのものも、今年の冬の間中、持つとは思えない。

 霧降高原は冬になると、金本位制、ではなく、薪本位制?に変わるくらい、薪が生活必需品になる((夏は天然氷本位制になるのと同じく?)。ということで、「砂時計」のベランダは、まだ空いていますので、霧降高原の関係者のみなさま、この冬もどうぞ、よろしくお願いします(意味深~)。

Dscf4012 (薪ストーブの「真打ち」は、やはり乾燥させた薪そのもの)

Dscf4016 (薪ストーブ生活の戦闘態勢?に入った「砂時計」宅の居間の一角)

Dscf4001 (燃え盛る薪ストーブを上から見た構図)

Dscf3984 (居間の温度が27度になっていたときの薪ストーブの燃え方)

« 詩 花の方へ  日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手ー(9)- | トップページ | ブログ「マコトノクサ通信」 アラセブ初当選の増子花巻市議が開設 »

コメント

あまり薪をストーブに近づけてると火事になるのでご注意を!

ありがとうございます。確かに近づけすぎますね。注意一秒火事一生?。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/37108156

この記事へのトラックバック一覧です: 薪ストーブ生活、いよいよ本格化 さぁ秋本番の日光霧降高原:

« 詩 花の方へ  日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手ー(9)- | トップページ | ブログ「マコトノクサ通信」 アラセブ初当選の増子花巻市議が開設 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30