無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« ブログ「マコトノクサ通信」 アラセブ初当選の増子花巻市議が開設 | トップページ | 続々とたまご、半月で7個  霧降高原の「名古屋のコーチャン」 »

2010年10月 8日 (金)

「北の思想が深くなる」 日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手ー(10・完)ー

Dscf3091_2  (ハーモニカを交えて川柳を朗読する岩手県の川柳人 佐藤岳俊さん=9月18日、岩手県北上市の日本現代詩歌文学館)

 「日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手」であった朗読会では、ひとつの詩を集団で朗読する「北上詩の会」の群読も含め、三十数人の詩人や歌人が舞台に立った。その表現の仕方はさまざまで、それが印象的だった 

 自作を解説したうえで詠みあげたり、伝えたいある詩句にだけ力を入れたり。次々とスポットライトを浴びる詩人たち。その中でも異色というか、「ほほぉー」と思わせた何人かの印象深い詩人がいた。

 そのひとりが地元・岩手県の川柳人 佐藤岳俊(がく・しゅん)さん(岩手県川柳連盟及び東北川柳連盟理事長)。川柳を詠みあげる合間に、フォークグループが使うように、ハーモニカを吹き鳴らし、緩急をつけていた。朗読した川柳は40句近いが、そのうちの五句になぜか、魅せられた。

雪積もり北の思想が深くなる

ふるさとを掘ると一揆につきあたる

反骨の血が流れ出す雪の下

北国の屋根合掌のまま朽ちる

開拓碑背にびょうびょうと休耕田 

Dscf3074 (ほとんど劇団員が朗読するかのように朗読した青森県の詩人 斗沢テルオさん)

 朗読そのもののうまさでは青森県の詩人 斗沢テルオさん(青森県詩人連盟所属)だろう。詩は「鬼の宿る瞬間(とき)」。津軽弁というのか、青森弁というのか、地元の言葉で書かれ、詠まれた。その抑揚のリアルなこと。まさに詩が生きているみたいに聞えた。

 「斗沢さんは劇団員ではないか?」。かなり訓練された朗読だと思われ、聞いている最中、そう思ったことだった。その夜の懇親会では「斗沢さんの朗読が最も印象に残りました。どこかの劇団にいたのではないですか」と声をかけてしまったほどだ。

Dscf3079 (ほとんど独演会のように朗読した花巻市の詩人 照井良平さん)

 もう、ひとり、忘れてはいけないのは、岩手・花巻の詩人、照井良平さん(花巻詩人クラブ会長)だ。巻紙を広げ、そこに書かれた詩「北天のきら星」を、詠んでいくのだが、暗誦しているのか、朗読する間、ほとんど客席?に向かって、聞かせていた。

 その朗読も舞台の右へ 左へと移動しながら。原稿を手に、直立不動でマイクに向かっているだけの朗読とは、おおいに違うスタイルだ。照井さんは、これまでも朗読会に何回も参加しているという。それだけ聞かせる工夫を加え、場馴れもしているのだと思う(旧知の照井さんからは自身が会員の詩誌「青焔(せいえん)第70号 2010・夏」をいただいた)

 「砂時計」も、いずれ、自作を朗読するような機会があるかもしれない。そのときのためにも、大勢の詩人や歌人たちの朗読を聞くことができたのは、非常によかった。斗沢さんのように劇団員のような朗読は、まずできないが、少しは工夫できそうだと思ったことだった(たまには詩人の集まりに参加してみるもんだね、とも)。

(「現代詩人会東日本ゼミナールin岩手」完)

(お知らせ 本日から、ブログ名を「砂時計主義」(ブログ管理者・黒川純の第2詩集の題名です)に変更しました。「砂時計」の朝礼暮改的な性格もありますが?、ひとつの方向を、さらに摸索しようという思いからです。同時に人気ランキングでは「地域情報・栃木県」で登録していましたが、内容が「詩人」のブログに、かなり傾いてきたため、多くを「詩」の分野に移すことにしました(「地域情報・栃木」にも少し)。今後とも、よろしくお付き合いください。

« ブログ「マコトノクサ通信」 アラセブ初当選の増子花巻市議が開設 | トップページ | 続々とたまご、半月で7個  霧降高原の「名古屋のコーチャン」 »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/37141258

この記事へのトラックバック一覧です: 「北の思想が深くなる」 日本現代詩人会東日本ゼミナールin岩手ー(10・完)ー:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/10/09 08:52) [ケノーベル エージェント]
北上市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« ブログ「マコトノクサ通信」 アラセブ初当選の増子花巻市議が開設 | トップページ | 続々とたまご、半月で7個  霧降高原の「名古屋のコーチャン」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30