無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 街中に展開する市場 一日限りの「日光マルシェ」を楽しむ | トップページ | すくすく育つ土壌がどんどん悪くなってゆく  詩 「キャベツ」 »

2010年11月23日 (火)

伝説の「たま」が思い浮かんだ 異色バンド「マンマリカ」の幾何楽堂演奏会

Dscf5070 (幾何楽堂の観月祭で演奏する異色グループ「マンマリカ」=22日夜、日光霧降高原)

Dscf5118 (グループの雰囲気が出ている「猫とマンマリカ」切り絵のポストカード メンバーのやまさん作)

 なんとも不思議な演奏だ。柔らかな音色、メロディが次にどこに飛んでいくのか、不透明。歌詞がシュールっぽいというか、哲学っぽい。一方で、メロディはフォークのようではなく、懐かしい童謡のようにも思えるし。演奏のイメージは沖縄のネーネーズのようだし。<これと同じような雰囲気の演奏を昔、聴いたことがあるな?>

 <そうだ 「ロシアのパン」の、え~と。ネコではなくて>。演奏の休み時間にそんなことをメンバーに投げかけたら、「ネコではなく、『さよなら人類』のたまでは」。「そうそう、そのたまの演奏を思い浮かべたのです」。

 22日の満月の夜、日光霧降高原の幾何楽堂であった「マンマリカ」(mammalica)の演奏会。そこでのことだ。栃木県を中心に演奏活動しているとのことだが、マンマリカの名は初めて。「不思議な演奏をするグループ」。予備知識はそれしかない。いや、聞いてみて、これはそういう言い方になるのだろうな。そう思ったことだった。

Opening (異色グループ、マンマリカのみなさん マンマリカのホームページから転載)

 「砂時計」は霧降高原の自宅から持ちこんだ純米酒「五人娘」の一升瓶を抱えて、演奏を聴いていた。一杯、二杯と飲むうちに、演奏が溶け込んでいくよう。脱力感が、つまり、いやがうえにもゆったりした心もちになっていったからだ。

 ギター、ドラム、ベースを基本に、マンドリンやピアニカなども。グループ独特の癒し系の音が広がる。CDも売っているというので、買い求めると500円。「3曲なので」とのことだ。「カラフレーション」「クマの森さん」「眠れない夜のマンマリカ」。聴いてみると、やはり、印象は「たま」系統。実際、グループも「たま」が好きだという。

 「たま」といえば、「いかすバンド天国」(いか天)の伝説的なグループ。「さよなら人類」の「きょう、人類が初めて木星に着いたよぉ~」という独特のフレーズが印象的だ。当時、世間に「たま現象」が起きるほどの人気バンドだった。そんな雰囲気のあるメンバーの演奏を偶然、聴くことができたので、このブログにアップへ(世間には不思議な才能があるグループがあるのですね。また、どこかの会場で聴きたいと思ったことでした)。どんな詩か、とりあえず、「カラフレーション」を。

Dscf5077(「マンマリカ」の演奏を聴きながら、「砂時計」らが飲んでいた純米酒「五人娘」)

歌 カラフレーション (詞・曲 メミ)

梅かおる春の日の マホガニー色のたんす

縁側の窓からの ひかり明るい

青草のにおいを肺 いっぱいためて眠る

ひたいをくすぐるのは 春風トプウ

三寒四温過ぎた そろそろ麦茶飲む

季節になるんだ せり・なずな・ごきょう

閉じられた窓と 七色の空 関係なく

ちぎれ雲で飾って 君にあげようとしたけど

にぢんだ美しさ 君に届かない カラフレーション

(2番略)

« 街中に展開する市場 一日限りの「日光マルシェ」を楽しむ | トップページ | すくすく育つ土壌がどんどん悪くなってゆく  詩 「キャベツ」 »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 街中に展開する市場 一日限りの「日光マルシェ」を楽しむ | トップページ | すくすく育つ土壌がどんどん悪くなってゆく  詩 「キャベツ」 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30