無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 詩 ギリギリッス  現代版?イソップ物語 | トップページ | 草に埋もれて寝たのです 詩「生活の柄」・山之口貘・高田渡 »

2010年11月 8日 (月)

鮮やかな紅葉が街に下りる 霧降高原「森の図書館」も今季閉館

  Dscf4952鮮やかな紅葉 「砂時計」宅の2軒隣の庭先=8日現在 日光霧降高原)

 <うわ~これは見事>。ちょいと用事で外出しようと、「砂時計」を出たところ、絵のような紅葉を見かけた。といっても、私の家から2軒隣の庭先。例年の紅葉は、いろは坂を一気に下る。今秋はゆっくり下りてきたのか、2社1寺など日光の街は今が秋本番だ。

Dscf4925_2  (興雲律院の紅葉=8日現在)

 自宅周辺で秋本番を迎えたのなら、霧降高原周辺の紅葉を撮ろう。ということで、霧降高原を下りてすぐの「日光山興雲律院」へ。日光の紅葉名所で知られている通り、やはり見事だ。し~んとした境内の木立から見る紅葉もまた趣きがあっていい。 Dscf4940興雲律院の境内の紅葉=8日現在)

 おっと。興雲律院に向かう途中の霧降高原でも雰囲気のある場所が。会席料理「れんこん」の紅葉がそれ。その向かいにあるステーキ専門店「日光グルマンズ和牛」周辺の紅葉も美しい。ふだん通っている街路に、なにげなく鮮やかな秋が広がっているのを見るのは楽しい。

Dscf4900(会席料理「れんこん」の紅葉=8日現在 霧降高原  写真に少しもやがかかってしまいました)

 紅葉本番が街に、つまり下界にやってくると、いつも、観光施設・霧降高原チロリン村は休村に。今季も8日から冬季休業に入った。チロリン村が休業に入ると、「もう冬に入るよ~」というシグナル。同時にこの村の森林内にある霧降高原「森の図書館」も閉館、というか、冬季休館に入る。

Dscf95491_2来春まで閉館した霧降高原「森の図書館」=写真は6月 本日は撮り忘れ~)

 今季の開館は春から秋まで半年強。「大切なあなたの一冊を」。その呼びかけに、霧降高原に暮らす人たちや県内外の人たちから手渡してもらったり、あるいは郵送で送ってもらったり。貴重な書籍の寄贈していただいた。感謝いたします。再び開館するのは来年4月下旬になりそうです。Dscf4898 (再び「砂時計」のご近所の見事な紅葉をアップで=8日現在 霧降高原)

« 詩 ギリギリッス  現代版?イソップ物語 | トップページ | 草に埋もれて寝たのです 詩「生活の柄」・山之口貘・高田渡 »

霧降高原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鮮やかな紅葉が街に下りる 霧降高原「森の図書館」も今季閉館:

« 詩 ギリギリッス  現代版?イソップ物語 | トップページ | 草に埋もれて寝たのです 詩「生活の柄」・山之口貘・高田渡 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30