無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« その人に乾杯しよう! 解放されたアウン・サン・スーチー | トップページ | 街中に展開する市場 一日限りの「日光マルシェ」を楽しむ »

2010年11月20日 (土)

才能は手が知っている 吉本隆明・寺子屋授業実録『ひとり』

Dscf5001 (発売されたばかりの吉本隆明本 15歳の寺子屋『ひとり』講談社・初版2010年10月)

 手を動かしてみな。手があなたのダメなところも値打ちも全部知ってるよ。才能があるかどうかなんてわからなくったっていい。ただ、ひたすらに手を動かしてさえいれば、自分のなんともいえない性格とか、なんともいえない主義とか、なんともいえない自分なりの失敗とかがんばり方とか、そういうものがひとりでに決めていくものがある。そうして決めていった挙げ句のものが、<才能>であり<宿命>なんだと僕は思います(吉本隆明 二時間目 「才能」って何だろうね)

 吉本隆明が寺子屋形式の授業を本にしていた。オンライン書店「本やタウン」(「砂時計」は会員)で久しぶりに「吉本隆明」を検索していたら、その新刊がアップされていた。

すぐに申し込み(「山之口貘詩文集」「丈人ノススメ 日本型高齢社会」「木枯らし紋次郎」や近藤ようこの「逢魔が橋」なども)、今市の書店経由で本日、手にして読むことができた。

 「ひとりっていうのは悪いもんじゃないぜ」「才能って何だろうね」「人生にどっちが正解ってことはないんだぜ」「特別授業」「恋愛って難しい」「大人になるってどういうこと?」。

この項目順に吉本が答えていく授業だ。「共同幻想論」など、難解で知られる吉本隆明だが、15歳が相手の授業とあって、わかりやすく?書かれている。

 わかりやすいと言ったが、そこは「戦後思想界の巨人」、吉本隆明のこと。べらんめぇ調での語りに、乗せられてしまうが、そこには、これまでの思想がちりばめられている。

ひとつの寓意でも、戦後65年の思想の営みが詰め込まれているのは、いうまでもない(吉本は繰り返し謙遜しているが)。

 本自体は1時間強もあれば、読めることは読めてしまうが、たくさんの大きな意味が盛り込まれている。中学3年生でこれがつかめれば、これからの人生は楽しみだ。というか、生きやすくなるだろう(若い人たちはぜひ読んで欲しい。私でさえ、面白さを感じるのだから)。

なかでも「才能って何だろうね」は大いに刺激になった(日頃、才能のなさを嘆いているだけに)。

 「才能は手が知っている」などはその典型。冒頭に挙げたのは、その授業から。同じような言い方でこうも言っている。

誰に才能があって、誰に才能がないとか、そんなことはない。ないと同じなんだよ。ただ、やってなきゃ誰でもダメだよ。やったら誰でもやれます。たくさん手を動かしてると、何かやる時にひとりでに手が動いてくるということがあります。自分の手が覚えてることを、自分でもって納得できるように手を動かすことができたら、いいものができる。だから<量より質>の反対。<質より量>ってことだと僕は思います。僕はいつでもそういう考えですね。それ以外は認めないっていうか、自分に対しても認めないできました(同)。

 読めば「な~んだ」と、なるかもしれない。「それは常識的なことではないか」と。年齢を重ねれば、ひとつのことに打ち込むことで、それなりになる、ということはだれでも経験していよう。

だが、若いうちはそれがわからない(だから青春は大変なのだが~)。いや、大人になってわかったと思っても、思っただけで、そのままにしてしまうことも。

 その面ではこの吉本の授業で改めて、「たくさん手を動かす」ことの大事さを感じたことだった。<そうなんだよね>と。スポーツはもちろん、仕事、生活、学芸などあらゆることは、つまりは、これに尽きる。「たくさんの手を」。

この授業では「才能」だが、それは「ホンモノ」でも「できる」でも「わかる」、あるいは「真・善・美」でも同じことなのだ(それにしても、1924年生まれのお年寄りだが、吉本は相変わらず元気だな、と思ったことでした)。

« その人に乾杯しよう! 解放されたアウン・サン・スーチー | トップページ | 街中に展開する市場 一日限りの「日光マルシェ」を楽しむ »

考えるヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 才能は手が知っている 吉本隆明・寺子屋授業実録『ひとり』:

« その人に乾杯しよう! 解放されたアウン・サン・スーチー | トップページ | 街中に展開する市場 一日限りの「日光マルシェ」を楽しむ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30