無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 地域通貨コウチャン? 卵=りんご=天然氷=卵=りんご=キャベツ=牛乳パック・・・ | トップページ | 過去の方向に抗うことが  黒川純・詩「ギンヤンマ」 »

2010年12月19日 (日)

「詩的生活」は腕と腰が痛い  冬本番の薪の貯蔵ようやく万全に

Dscf5348 (砂時計が庭からベランダに運び入れた薪ストーブ用の薪の一部=19日夕 霧降高原)

 「詩的生活」って腕と腰が痛くなるものなんですね~。これが今日の開口一番。19日の本日の午後は庭に放り投げてあった薪ストーブ用の薪をベランダに積む作業に追われたからだ。

 道路沿いの庭からゆるい階段の先にあるベランダまで、たかだか10数m。でも、これがなかなか。薪はメラメラ燃えてしまうスギなどではなく、ナラやカシ、一部はサクラだったか。その1本一本が,ずしりと重い(「頼もしい~」と思いつつ、「重い~」とつぶやいて運ぶ~笑い) 

Dscf5350_2 (薪ストーブの薪は砂時計宅サイドに備え付けた空になった物置にも運び入れた)

 冬本番の薪不足を心配していたところ、友人でもある「日光の薪ストーブ屋」が、軽トラック2台分の薪を配達してくれたのが3日ほど前。初夏にも軽トラックで運んでもらったが、すでに半分は炎になった。<これでは真冬まで持たないのは必至だ>。

 昨冬の経験から、そう予想できた。そのため、初夏にベランダをつくったときに出た廃材を薪に転用。電動丸ノコで切断、それを大斧や小斧で割り、薪材づくりへ。もう1週間はそんなことを繰り返していた。だが、その廃材も残りはあと少しになっていた。

Dscf5351 (砂時計宅の右左に広がるベランダは薪ストーブの薪が占める割合が高くなった)

 新しい薪の配達があったのは、そんな「ピンチ」のとき。1回に運べるのは7本から9本。繰り返し繰り返し、庭とベランダを往復する。30分ほどで休憩し、一服(元旦から禁煙しようと思っているので、「師走まで一服」と、うそぶく日々~笑い)。

 ベランダへの小道で遊ぶ名古屋のコーチャンに「じゃまだよ!」と、声をかけながら、ひたすら運ぶ。もう何十回、運んだか。終わったときはもう夕方(あ~、しんどかった)。ということで、このブログにアップする写真も暗くなってからに。

 再び。「詩的生活」って、ほんとに腕と腰が痛くなるのですね~(ほんとに左腕はヒリヒリ~、腰をトントン。早く風呂に入ること。たまたま、この方が薪運びを終えた夕方、北海道釧路のシャケとカマボコを差し入れてくれた。きょうの「労働」の報酬として、今夜はこれで一杯、やらないといけない~うん!)。

« 地域通貨コウチャン? 卵=りんご=天然氷=卵=りんご=キャベツ=牛乳パック・・・ | トップページ | 過去の方向に抗うことが  黒川純・詩「ギンヤンマ」 »

田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 地域通貨コウチャン? 卵=りんご=天然氷=卵=りんご=キャベツ=牛乳パック・・・ | トップページ | 過去の方向に抗うことが  黒川純・詩「ギンヤンマ」 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30