無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 99歳のシンデレラ 詩人・柴田トヨさん、朝日新聞が「回顧」 | トップページ | 大冊詩誌「コールサック」68号発刊 「砂時計」の詩「火の鳥」も参加 »

2011年1月 2日 (日)

お正月は「霧降高原セット」 コウチャン卵中心に故郷の母に

Dscf5478 (砂時計が「砂時計主義セット」をヒントに故郷の母に手渡した「霧降高原セット」です~)

 新年あけまして おめでとうございます。 

 今年もどうぞ、よろしくお願いいたします

 このブログで紹介したことがある「砂時計主義セット」をなんとか生かせないか?。そう思ってきた。<そうだ!正月で上州に帰省する際に母に贈ってやろうか?>。そう思い立ち、12月31日、すぐに「霧降高原セット」づくりへ。

 メインは、もちろんうちの名古屋のコウチャンのタマゴ。だが、保存してあるのは四つ。もうひとつ欲しいと思っていたところ、31日昼過ぎにコウチャンがもうひとつ、生んでくれた。

 それで①コウチャンタマゴ五つ②岩手りんご九つ(母親が91歳なので)③99歳の詩人・柴田トヨさんの詩集「くじけないで」④年賀(タオル一枚)⑤お年玉⑥砂時計の詩「灯の鳥」も掲載されている全国詩誌「コールサック68号」

 さらに⑦砂時計が事務局を務めている同人誌「序説 第17号」⑧砂時計も会員になっている岩手の詩人を中心にした詩誌「堅香子 第7号」⑨日光のゆば刺し(写真には写っていない)の9点セットを。

 品々を収めるのにちょうどよいリンゴ箱があったので、そこへ。すると、ぴったり。それっ~と、霧降高原から足尾経由で約2時間の上州の実家へ。「霧降高原セットをつくってみましたが~」。が?、何のこと?。反応はいまいち。「今晩のすき焼きにコウチャンタマゴを使おうか」ときたもんだ。

 このセットはコウチャンタマゴがあって、美しい?ので、「タマゴを使うのは、私が帰ってからにして~」と言うのが、せいいっぱい。どうも、私が「砂時計主義セット」に感激したような反応はなし。そんなものなんでしょうかね

 まぁ、こういうことに、あまり期待してはいけないのですね~。でも、「砂時計主義セット」をヒントに、今回のような「霧降高原セット」をつくることができたのは、いい経験でした~(ということで? 砂時計は2日夕に霧降高原に戻りました)

« 99歳のシンデレラ 詩人・柴田トヨさん、朝日新聞が「回顧」 | トップページ | 大冊詩誌「コールサック」68号発刊 「砂時計」の詩「火の鳥」も参加 »

考えるヒント」カテゴリの記事

コメント

日光の正月は水羊羹ではじまります。次回のセットには是非まぜて下さい!
今、お隣とお開きとなりました!
暖かくなったら日光ツアーする予定ですので宜しくです。ww

ふぃふぁさま
あけましておめでとうございます。
「お隣」と新年会ですか~~~。
もう、なんともはや~なんというのか~。
(次回は水羊羹もまぜましょう)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくです。

漂ふさま
謹賀新年。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
お正月だけは 「ただ酔う」なのでしょうね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お正月は「霧降高原セット」 コウチャン卵中心に故郷の母に:

« 99歳のシンデレラ 詩人・柴田トヨさん、朝日新聞が「回顧」 | トップページ | 大冊詩誌「コールサック」68号発刊 「砂時計」の詩「火の鳥」も参加 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30