無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 石巻は一つの巨大なエネルギーのようだ  M9.0東日本大震災(17) | トップページ | 岩手へー、たくさんの応援物資とその思いを積み M9.0東日本大震災(20) »

2011年3月28日 (月)

「お互いさま」の助け合い 日光で被災者実質無料受け入れ民宿開始 M9・0東日本大震災(18)

 大震災のため、避難生活を送っている被災者に何かできないか、その思いで「日光ホステルの会」を結成した5軒の民宿・ゲストハウスの経営者が28日、被災者は実質的無料宿泊の仕組みをスタートさせた。

 日光市が被災者を宿泊させた場合、大人1000円、子供500円(小学生未満)の助成を決めた。それを受けて、各民宿では、形式的にそれを宿泊者にキャッシュバックさせる仕組み。このため、被災者は実質的に料金ゼロで宿泊できる。

 通常の営業の泊まり客もいるため、各民宿で受け入れられる人数は9人から17人。それでも5つの民宿で最大、計約60人になる。基本的に家族単位で受け入れたい考え。食事はいずれも各民宿での自炊になる。

 できることは自分でやってもらい、共に助け合うといったホームスティのような泊まり方だ。期間は原則一家族、1週間ほど(期間延長は各民宿と被災者の相談で)。

 各施設とも基本的に個室を提供するため、大勢で一緒に避難所生活を送っている被災者にとっては、プライバシー面でも気が休まる空間や時間ができる。「日光ホステルの会」の経営者たちはそんな手助けをしたいと思っている。 

避難所で暮らす被災者の実質無料宿泊を決めた日光の5つの民宿・ゲストハウスは次の通り。各施設の外観などを写真で。

日光の民宿・鳴沢ロッヂ 連絡先080・6636・0288

Dscn1113

Dscn1111 日光ゲストハウス・巣み家 同090・1838・7873

Dscn1065_2  

Dscn1067

日光ゲストハウス・にっこり荘同080・6648・9736

Dscn1098

Dscn1100

日光民宿・りんどうの家 同0288・53・0131

Dscn1102

Dscn1106_3

小さなホテル・森のうた 同0288・53・0465

Dscn1073

Dscn1079

 

 「鳴沢ロッヂ」を経営する「三代目」が本日の28日、「被災者受け入れ」について、自身のブログで語っている。それをそのまま、以下にアップします。

2011-03-28 09:24:23 被災者受け入れ開始。
日光で小さな宿を経営している5施設。

日光ホステルの会 <鳴沢ロッジ、巣み家(スミカ)、にっこり壮、リンドウの家、森のうた>は被災地から避難されている方々を実質的に無料で受け入れます。

 各施設によって受け入れ人数や条件などが違いますが共通するのは「お互い様」の精神で助け合い、ともに今回の震災を協力して乗り切ろうということです。

 鳴沢ロッジの連絡先はすべて携帯電話(080-6636-0288 カトウ)で行います。当館では3家族で10から15人を受け入れる準備をしております。

 5施設の合計受け入れ可能総数は約60名となります。詳しくはこちらのサイト(砂時計主義)をお読みください。ここをクリック。既に昨日数箇所の避難所にそれぞれの施設の部屋割りなどをファイルした冊子を配布いたしました。

 まだ現時点では当館には反応はありませんが時間の経過とともになんらかの反応があると思います。三代目は一人で現在切り盛りしておりまして更新も遅れがちですが状況に変化がありましたらこのサイトでお知らせいたします。  

 それぞれの施設も今回の震災で非常に厳しい環境の中での受け入れとなりますので、是非ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。よろしくお願い申し上げます。

三代目 ※ 宿泊料金 実質的に無料という表現について。
今回 日光市が被災者の方の宿泊に限って一泊一人当たりで1000円の補助金を出します。日光ホステルの会 5施設はこれを被災者の方々にキャッシュバックするという方法で  実際のご負担額をゼロにいたします

 

« 石巻は一つの巨大なエネルギーのようだ  M9.0東日本大震災(17) | トップページ | 岩手へー、たくさんの応援物資とその思いを積み M9.0東日本大震災(20) »

防災」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。

やるべきことはやる、、、

しかし、私たちは本当に被災者の方のニーズをつかんでいるのか?

そんな疑問もあります。

なにかミスマッチがあるような気がしてます。

やるべきことは、用意すべきことはやった。そう思います。
日光ホステルの会の呼びかけが、ミスマッチということなら、
被災者はそれなりの暮らしているということに。いずれに
しろ、「三代目」さんら5軒の取り組みは大いに評価すべき
方針と決断だと思います。まずは待ちましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石巻は一つの巨大なエネルギーのようだ  M9.0東日本大震災(17) | トップページ | 岩手へー、たくさんの応援物資とその思いを積み M9.0東日本大震災(20) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30