無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 福島・相馬市の農家の納屋に「海の幸」という超現実  M9・0東日本大震災(27) | トップページ | 愛や誠実、やさしさ、勇気の「チーム日光」  M9・0東日本大震災(29) »

2011年4月23日 (土)

日光市被災者支援ボランティアが視た福島・相馬  M9.0東日本大震災(28)

Dscn1570 (ボランティア先の相馬市新田に入り、最初に飛びこんできた水田の光景=13日)Dscn1589 Dscn1639 (ボランティアに入った相馬市新田の小島さん宅周辺・上・とそこから海よりの道路の様子・下)

 日光市災害ボランティアセンターによる13日の相馬市の支援について、22日にアップしたが、まだ伝えたい写真があることに気づいたので、再び相馬市から。とにかく遠くの防潮林がなぎ倒され、水田はそのマツの倒木がごろごろ。とにかく木材があちこちに転がっているのが目に焼き付いた。

 この新田の農家によると、津波は「もっこりもっこり」と襲ってきた。高さは20mにも感じられたという。実際は水が引いた家屋を見ると、ヒトの胸の高さあたりまで。ところが、海岸に近い名勝地、松川浦周辺では、襲ってきた津波で建物がローラーに引かれたようになっていた。

 大震災を記録していくということも意識し、これらの写真をアップするが、気になったのは相馬市災害ボランティアセンターにあった泥バスターズの注意事項。実際の現場では、帽子も手袋もあると良いではなく、それらとメガネやゴーグルは必ず身に付けることが必要だ。それらをしっかり身につけて作業を行うよう、さらに呼びかけてほしいなと思ったことだった。

Dscn1648 (福島県相馬市の松川浦周辺の様子=13日)

Dscn1655

Dscn1663

Dscn1657 (陸に乗り上げた船など上から4枚の写真はいずれも相馬市松川浦周辺の被害の様子=13日)

Dscn1626 (ボランティア作業を終え、お互いに長靴を洗い合う仲間=13日)

Dscn1666

Dscn1668

Dscn1672(相馬市ボランティアセンター内に張ってあった泥バスターズの注意事項=13日)。

 石巻や相馬の泥バスターズの体験者としていえば、防塵マスクはもちろん、手袋や帽子は必携。それにメガネ、ゴーグルも。さらに首にタオル、腰にポーチ、上下の雨合羽。胸章や腕章など所属がわかるものを。

 さらに支援に入る現場にもよるが、ホウキの大小、チリトリ、タワシやミニブラシ、デッキブラシ、バケツと大量のタオルと土納袋、床をはがすバールやノコギリなどの道具類も。場所によってヘルメットも必要になる。もちろん、大量の水も(水道が出るところは大丈夫だが)

「砂時計主義」は人気ブログランキングに登録しております。投票にもご協力を。人気ブログランキングへ

« 福島・相馬市の農家の納屋に「海の幸」という超現実  M9・0東日本大震災(27) | トップページ | 愛や誠実、やさしさ、勇気の「チーム日光」  M9・0東日本大震災(29) »

防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 福島・相馬市の農家の納屋に「海の幸」という超現実  M9・0東日本大震災(27) | トップページ | 愛や誠実、やさしさ、勇気の「チーム日光」  M9・0東日本大震災(29) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30