無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 石巻の泥退治を続ける「チーム日光」  M9・0東日本大震災(31) | トップページ | 凍土から言葉を掘り出せ   大震災詩(1))・黒川純 »

2011年5月 1日 (日)

「考える前に飛べ」式のツイッター ようやく「指南書」 東日本大震災(32)

Dscn1978 (私が1日に買ったツイッターの「指南書」。ツイッターを始めてからほぼ1カ月後だ~)

 「ツイッターなんてやっているヒマはない~」。そんなふうに敬遠していた私だが、ほぼ1カ月前からそのツイッターを始めた。「つぶやき」を大震災のボランティアででうまく生かしている例を知ったため。

 これまでの「つぶやき」は85、「フォローしている」は470、「フォローされている」は225。フォローはタイムラインでどんどん流れていくので、ほとんど追えない。リストつくりがぜひ必要なのだが、いまのところ、不具合でいまいち活用できていない。

 始めたのが突然でもあり、「考える前に飛べ」式のツイッターだったので、この手の指南書は手元になかった(だから、「関連」を知ったのも最近だ~)。その「指南書」を本日、ようやく買い求めた。

 そこにブログとツイッターとの連携というのがあったので、ふと「そうだ、つぶやきを砂時計主義にのせよう」。というわけで、最初、23日~25日のツィートをアップすることに。ツイッターはうまく使うことができれば(あくまで、うまく使いこなせればだが~)、現代の有効な手段だと思う。

(4月4日) 日光霧降高原の「詩人」黒川純です(ブログは「砂時計主義」)。遅ればせながら、ただいま4月4日夜9時からツイッターを始めました。どうぞ、よろしくお願いいたします。大震災を機にツイッターが生かせればと、思っています。

(4月23日) 今回の津波は、古代の大地震の記憶を呼び覚ますほどの衝撃であって、つまりこれは近現代の地震じゃない。古語で地震のことを「なゐ」といいますが、その言葉のほうがしっくりくるというか、それこそ古代がめくれ上がるほどの出来事だったんじゃないか(週刊「現代」4月23日号 佐野眞一 その1)

(4月23日) それこそ古代がめくれ上がるほどの出来事だったんじゃないかというのが僕の見立てです。これからは、あらゆることが「3・11以前」か「3・11以後」かで論じられるんだと思います(「週刊現代」4月23日号 「見えてきたこの国の本性」 佐野眞一 その2・完)

(4月24日) 「アースディ那須2011」で文化人類学者の辻信一さんが語った言葉で印象的だったのは、大震災に絡め「私たちはさまざまに想定外としてきたが、海と土を想定外にしていたのではなかったか」。私は4月1日に陸前高田市の惨状を確認し、言葉を失った。その理由のひとつがこの「海と土」なのだと。

(4月24日) これも「アースディ那須2011」での辻信一さん(文化人類学者)の「豊かさな」とは何かで、大事なのはGNPではなく、いかに構えとして豊かに生きるられるか。ブータンのGNH(国民総幸福度指数だったかな)が今、大切になると。かの国は新書で数年前にも紹介されているが、 もう一度、脚光が。

(4月24日) 「アースディ那須2011」で、会場の声をというので、私も立ち、辺見庸さんが「岩手日報」で、身体から書いていた「愛」「思いやり」「優しさ」「勇気」といった当たり前の(というか、これまで気恥ずかしく、嘘くさい)言葉に内実を与える、そうした行為が自分を生かすためにも必要になるのではと。

(4月24日) 寝る前に手にしているのが、手塚治虫の「火の鳥」。今は全10巻の4巻目。若いころから親しみ、3回目。手塚さんのライフワークというだけあって、何度読んでもすごい。「命」をめぐる様々な物語に感心しているが、これは大震災で「命」に、向き合わざるを得なくなったことに起因するのだろう。

(4月25日) 文化人類学者の辻信一さんは、那須であったアースディで「私たちは海と土を想定外にしていたのではないか」と問い、その流れで金子みすゞの有名な童謡「大漁」を挙げた。「濱は祭りの/やうだけど/海の中では/何萬の/鰮のとむらひ/するだらう」。つまりは、こういうことなのだと思わされた。

人気ブログランキングへ「砂時計主義」は人気ブログランキングに参加しております。投票にもご協力を。

« 石巻の泥退治を続ける「チーム日光」  M9・0東日本大震災(31) | トップページ | 凍土から言葉を掘り出せ   大震災詩(1))・黒川純 »

考えるヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 石巻の泥退治を続ける「チーム日光」  M9・0東日本大震災(31) | トップページ | 凍土から言葉を掘り出せ   大震災詩(1))・黒川純 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30