無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「考える前に飛べ」式のツイッター ようやく「指南書」 東日本大震災(32) | トップページ | 瞳に映った<同胞よ、 同胞たちよー> 大震災詩(2)・黒川純 »

2011年5月 2日 (月)

凍土から言葉を掘り出せ   大震災詩(1))・黒川純

Dscn1984 (日光霧降高原はこの時期、いつものように緑の季節へ=2日、砂時計のベランダから)

 日光霧降高原はいよいよ、緑の季節の入り口に立った。一日一日と木々の葉が緑色を増し、葉っぱそのものに育っていく。その写真をアップしたくて、きょうはパチリ。

 といっても、本題は別。昨日に続いて、ツイッターとブログの連携で。昨夜はツイッター(140字制限)で大震災に絡む詩を6篇、つぶやいた、とういうか、つぶやいていた。

 題名はとくに付けずにツイートしたのだが、それをブログ「砂時計主義」へ。詩の題名はこのブログで初めてつけた。いずれも書いた詩の言葉から。大震災小詩篇(1)といったところか。

そのけなげな表情を

私は忘れないだろう/哀しみでもない/悲しむでもない/肩を落とすでもない/不満というのでもない/訴ったえるでもない/責任を問うでもない/怒るでもない/頼るわけでもない/でも/私の視点をぐらぐらと揺らし/ざわめきを呼び出し/先が視えない暮らしを/頬を伝わる涙で伝える/そのけなげな表情を

                                                                                        

凍土から言葉を掘り出せ

ほんとうのことを語ると/世界が凍ってしまう/ある詩人が書いたことがある/だが/3・11でほんとうのことが噴出し/世界はそのまま凍ってしまったのだ/いや言葉が凍ってしまったのだ/この世界のほんとうのことを/見せられてしまったわたしやあなたは/言葉を掘り出さねばならない/その凍土から                                                                                                                                          

もともとの根源へ

私は敬遠していた/嘘っぽい、まじかよ/とても身に着くものじゃない/いや、偽善ではないかとも/羞恥心さえ覚えていた/反論できない倫理というものだから/愛や優しさ、勇気、思いやり/つまりは誠実さってやつに/だが/今はそれが否応にも必要とされる/そのもともとの根源へ/次元を超えた大震災で/私自身も救われるために                                                                                            

沈黙だけが許される

舗装が激しくめくられ/意味を失ったプラットホーム/土に埋もれた乾いた鉄路/その先にどこまでも瓦礫、瓦礫、瓦礫/かつてそこにあったのか/傾いたコンクリートが駅舎だという/それでようやく知ることができた/姿を失った市街地はかなり先にある/沈黙だけが許されるだろう/陸前高田竹駒駅

                                         

差し出して寄り添う

カッパ姿の背中をさしだす/風呂から、台所から/庭先から、居間から/泥をかきだす泥バスターズ/それでも大潮で再び水浸しに/そこに住むことが 暮らすことが/再びかなうのか 心配なのだが/私たちはそこに手を差し出し/寄り添うのだ/あなたが再び立ち上がれるよう/わたしも歩んでいけるよう

                                        

海であり土であり空であり

私たちを想い出せ、忘れるてくれるな/いつもあなたのそばに立っていたのに/知らぬふりをされていた/もうわかっただろうか/しかし/これほどの嘆きを/これほどの哀しみを/今は悔いるしかない/百万匹の弔いをした/青空をふいにふさがれた/これまで呼ばれていた/海であり土であり空であり

ブログランキング
人気ブログランキングへ「砂時計主義」は人気ブログランキングに参加しております。投票にもご協力を。

« 「考える前に飛べ」式のツイッター ようやく「指南書」 東日本大震災(32) | トップページ | 瞳に映った<同胞よ、 同胞たちよー> 大震災詩(2)・黒川純 »

大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凍土から言葉を掘り出せ   大震災詩(1))・黒川純:

« 「考える前に飛べ」式のツイッター ようやく「指南書」 東日本大震災(32) | トップページ | 瞳に映った<同胞よ、 同胞たちよー> 大震災詩(2)・黒川純 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30