無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「一人一人が思いを深めて自分の言葉を持とう」 野坂昭如の週刊誌寄稿から | トップページ | そうは問屋が卸さない  大震災詩(9)・黒川純 »

2011年5月21日 (土)

和室から眺める自然の「名画」 霧降高原・砂時計宅もツツジ満開

Dscn2181 (和室から眺める自然の「名画」=21日、日光霧降高原の砂時計邸)

 「トンネルを抜けると、雪国だった」とかの小説があるが、日光霧降高原の砂時計宅では、「朝起きると、自然の名画だった」。そんな感じだ。霧降高原一帯のツツジは見頃に入った。

 砂時計宅のツツジの満開は、いつもやや遅いが、本日から見頃に。和室のそばの雑木林には見事なツツジが。窓枠がそのまま額縁となり、咲き誇るツツジの絵画を鑑賞しているようだ。、

Dscn2183 (このツツジを近くから撮ると、見事な赤桃色=21日、砂時計邸)

 我が家では現在、ウッドデッキの拡張工事中。これまで27畳だったが、半月前に3畳増やし、30畳へ。もっとゆったりしてもいい。そう思い、さらに6畳を足すことに。今度はツツジをデッキにとりこむことにした。

 ウッドデッキ工事は、今回で4期目。ようやく最後になると思う。完成したら、「完成式」(?)とツツジ花見会と「チーム日光」の懇親など、いつくかの(呑むための~)理由で、呑み会を呼びかけたいと思う。

Dscn2197 (砂時計邸では現在、ウッドデッキ拡張工事中、計36畳になる=日光霧降高原)

« 「一人一人が思いを深めて自分の言葉を持とう」 野坂昭如の週刊誌寄稿から | トップページ | そうは問屋が卸さない  大震災詩(9)・黒川純 »

霧降高原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「一人一人が思いを深めて自分の言葉を持とう」 野坂昭如の週刊誌寄稿から | トップページ | そうは問屋が卸さない  大震災詩(9)・黒川純 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30