無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 猛暑の林の中で「地引網」?  「チーム日光」南三陸歌津・写真特集(2)  | トップページ | 「友あり 道あり 明日あり」 災害支援「チーム日光」南三陸歌津・写真特集(4) »

2011年8月19日 (金)

津波の爪跡は今も 災害支援「チーム日光」南三陸歌津・写真特集(3)

Dscn3859  (歌津中に近い住宅街の道路ぎわで大きく咲いていたヒマワリ=10日)

Dscn3837 (高台のJR歌津駅から眺めた南三陸町歌津の「街」=10日)

 あの日からもう5カ月。災害支援「チーム日光」が南三陸町歌津の支援で今回、滞在したのは10~12日。2日目がその日だったが、津波の爪跡は今もそのまま残されている。

 歌津の「街」は残骸はもう片付けられ、遠くが見通せる更地に。電柱の列がここが市街地だったことを思わせるだけだ。あれからかなりの月日が過ぎたが、市街地、それもJR気仙沼線歌津駅の周辺を歩くと、改めて津波の威力を思い知らされる。Dscn3806 (JR歌津駅近くにある千切れて捻じ曲げられているレール=10日)

 とくに歌津駅近くの鉄路に近づくと、その力を思う。5月末にもこの現場は視ているのだが、それから2カ月半も経ってもそのまま。津波で無惨にちぎれたレールがねじまげられながら山側の道路に垂れ下っている。

 レールというのは直線の代名詞と言ってもいいと思うが、奇妙にねじまげられたうえ、ジェットコースターのようなレールになっている。高台にある歌津駅に向かうと、消えた「街」がそのまま。。

Dscn3808 (近寄って視ると、JR気仙沼線のレールはこんな形のまま)

 10日午後の災害支援作業を終え、RQ歌津センターに向かう途中で歌津駅に立ったのだが、たまたま警視庁機動隊の大型バスを遠望できた。数台も入ってきたろうか。

 3月や4月は東北道を走る車は災害支援車両だらけだった。自衛隊、警察、消防車、救急車、ボランティアの災害支援車両、全国各地の自治体の給水車など。それが今ではほとんど見かけない。「珍しかった」?ので、写真を撮ってみた。Dscn3816 (歌津駅でたまたま見かけた警視庁機動隊の大型バス=10日)

 歌津駅構内で視たレールも山側に大きくねじれ、高台から落ちていた。よく視ると、レールに雑草が覆いかぶさるように。「前に来たときに見たレールにこんなに雑草は生えてはいなかったですよ」。そう言いながら、やはりこの構内を撮っていたメンバーのヨモギタさんが写真を見せてくれた。

 海岸沿いのバイパスに架かる歌津大橋は途中から橋脚のまま。海岸近くでは残骸や瓦礫、漂着物などが山と積まれている。市街地近くでは何台もの車が整然と折り重ねられた「車の墓場」を見た。5カ月経っても、津波被害は記憶ではなく、まだ現実のままだった。

Dscn3825 (私と同行したコバヤシさんと眺めた歌津の「街」=10日)

Dscn3839 (真っ直ぐなはずのレールは駅構内で今も山側にねじまげられたまま)

Dscn3836 (3・11まで列車が走っていたJR気仙沼線歌津駅の「発車時刻表」)

Dscn4005 (途中から橋脚だけとなったバイパスに架かる歌津大橋=10日Dscn3702 (「チーム日光」のマイクロバスから撮った歌津の「市街地」=10日)

Dscn4011_2(歌津の海岸近くに積み上げられている瓦礫や残骸の山=11日)

ブログランキング
人気ブログランキングへ「砂時計主義」のブログランキングアップにもご協力を(今、何位?)。

« 猛暑の林の中で「地引網」?  「チーム日光」南三陸歌津・写真特集(2)  | トップページ | 「友あり 道あり 明日あり」 災害支援「チーム日光」南三陸歌津・写真特集(4) »

大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 猛暑の林の中で「地引網」?  「チーム日光」南三陸歌津・写真特集(2)  | トップページ | 「友あり 道あり 明日あり」 災害支援「チーム日光」南三陸歌津・写真特集(4) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30