無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 詩 悪魔の申し子に  原発詩(4)黒川純 | トップページ | 詩は苦悩する他者に同苦し、他者と歓びを分かつために 詩人・河津聖恵の世界(4) »

2011年9月 1日 (木)

「震災と原発」詩のイベント実行委が始動 詩人・河津聖恵の世界(3)

Dscn4245 (河津聖恵さんの詩のイベントに向けた第1回実行委=30日夜、霧降高原・砂時計家

 「震災と原発」をテーマにした京都の詩人、河津聖恵(かわづきよえ)さんの詩の講演会・朗読会は10月1日(JR日光駅2階ホワイトルーム)。それに向けて、準備会を開いているが、30日はその第1回実行委員会を霧降高原の砂時計家で開いた。

 第1回実行委員会といっても、懇親も兼ねてのもの。最初はかなりまじめに日程などを論じていたが、そのうち懇親が主人公に。初めて砂時計家を訪れる人やゲストハウスに泊まりにきた旅人も加わる交流会となっていった。

 それでも決めることは決めないといけないので、当夜、さらに1日までに、それなりにの確認も次々と。当夜は、まさちゃん(元放送部)が、河津さんの最新詩「メドゥサ」を高らかに?朗読した。

 ついでに黒川純の最新詩「悪魔の申し子に」も朗読してもらった。「えっ、砂時計の詩の朗読もやるの?」。というような、ややいぶかる声も(まァ困惑といってもいいが~)あったが~あえて強行させていただいた(笑い)。

★日程 10月1日(土)午後5時~7時

★講師 河津聖恵さん(現代詩手帖賞歴程新鋭賞H氏賞。現在、自身のブログ「詩空間」やツイッターで震災や原発、さらに政治・社会・教育問題などについて、次々と鋭く発言中.だ)

★テーマ 「震災と原発」

★内容 テーマをめぐる河津さんの詩論と詩の朗読(途中コーヒータイム)

★場所 JR日光駅二階ホワイトルーム

★ 主催・「詩の講演会・朗読会」実行委員会 

★ 後援・霧降高原「森の図書館」

★コーヒータイム 50杯ぐらいなら、実行委員が無料提供用意あり(提供が可能かどうか、JR日光駅長と話し合いが必要)

★料金 前売り券1200円(ネット予約を含む) 当日券1500円

★定員 当面50人(最大でも60人ほど、先着順にする?)

★予約 ネット予約ができるようにする・フォーマット作成協力者あり

★懇親会 講演終了後、霧降高原の砂時計家(黒川純宅)で。いわばサイン会を兼ねる。懇親会は料金制に。どのくらいの金額かは検討へ。

★書籍販売 河津さんの詩集、詩論集などを懇親会なとで販売する(講演会場では「希望」があった場合のみ)

★チラシ・入場券類 大小2種類のチラシと入場券を制作へ

★事務局  富岡洋一郎(ペンネーム・黒川純)

〒321・1421 日光市所野1541の2546

電話 0288・25・3348

携帯 090・5351・3440

事務局メール(予約受付) qk3y-tmok@asahi-net.or.jp

★駐車場・懇親会 会場周辺の駐車場や砂時計家の地図を作成へ

★広報 図書館や書店、こじゃれたお店?、有名ブログでの紹介や新聞短信など。河津さんのブログでも紹介をお願いしてゆくことに。

★当日の作業 看板・案内類、椅子確保や配置など会場設営や受付、会計、資料、案内、コーヒータイムなどタイムテーブル、片付け、清掃、懇親会案内、車両手配、懇親会の準備・実行や・企画・運営、駐車場、書籍販売などの対応や担当は次回の実行委員会で。河津さんの宿泊先予約は早急に。

★実行委員会の次なる展開 今後の課題に(事務局の砂時計としては、いずれ「日光詩人クラブ」結成や自主上映サークル、脱原発グループの母体になることを望んではいるのだが~)

ブログランキング
人気ブログランキングへ

ブログ「砂時計主義」のランキングアップにもご協力を(今、何位?)

« 詩 悪魔の申し子に  原発詩(4)黒川純 | トップページ | 詩は苦悩する他者に同苦し、他者と歓びを分かつために 詩人・河津聖恵の世界(4) »

大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 詩 悪魔の申し子に  原発詩(4)黒川純 | トップページ | 詩は苦悩する他者に同苦し、他者と歓びを分かつために 詩人・河津聖恵の世界(4) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30