無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 下血、目、鼻、口からも血が吹き出す 凄惨な「内部被曝死」-  肥田舜太郎『広島の消えた日』 | トップページ | 我が家の生命線が「SOS」  薪ストーブ生活がついに危機状態~ »

2012年2月19日 (日)

異次元の世界がわたしたちのすぐ隣に ドキュメンタリー映画「100、000年後の安全」

Dscn7276  矢板市の文化会館小ホールで「10万年後の安全」(制作2009年、上映時間79分、マイケル・マドセン監督、「矢板市民映画会」主催)を観た。というか、ようやく観ることができた。ほぼ期待どおり、すごいドキュメンタリーだ。2011年4月に緊急公開されただけのことはある。現場とインタビューをうまくかみあわせており、心の奥に迫るものがある。

「10万年後の安全」で、やはりと思ったのは3000世代先の人間にこの現場が「高レベル放射性廃棄物」を密封した場所であり、いかに危険かを知らせようとする「知恵?」。そこであのムンクの「叫び」が訴える方法として登場する場面だ。

Dscn7278 高レベル放射性廃棄物は「人間の好奇心」から逃れられるか。『10万年後の安全』でマイケル・マドセン監督がパンフでこう伝えている。「調べていく中で最も驚いたのは、この施設ごと隠してしまって、どうにかして忘却のふちに沈めてしまうのが最善策だと、フィンランドで検討されていたことです」

 映画を観ながら思ったのはジル・ドウルーズがなぜ毎週末、映画館や美術館に行くのか、その問いに「私は待ち構えているのだ」の返答。『暇と退屈の倫理学』からの〈人間〉〈動物〉だけではない、なにかのひらめきがそこに~。この映画はお薦めです。Dscn7280

« 下血、目、鼻、口からも血が吹き出す 凄惨な「内部被曝死」-  肥田舜太郎『広島の消えた日』 | トップページ | 我が家の生命線が「SOS」  薪ストーブ生活がついに危機状態~ »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下血、目、鼻、口からも血が吹き出す 凄惨な「内部被曝死」-  肥田舜太郎『広島の消えた日』 | トップページ | 我が家の生命線が「SOS」  薪ストーブ生活がついに危機状態~ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30