無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 異次元の世界がわたしたちのすぐ隣に ドキュメンタリー映画「100、000年後の安全」 | トップページ | 「3・11」は福島・フクシマで声を大にー 「原発いらない!福島県民大集会(郡山)へ »

2012年2月20日 (月)

我が家の生命線が「SOS」  薪ストーブ生活がついに危機状態~

Dscn7284  霧降高原の冬本番は薪ストーブが主役。というか、生活の生命線。それがついにここにきて危うくなってきた。それどころではない。あと1日でもう薪は底をつく。この1週間ほどは宇都宮の薪ストーブ専門店から一束(367円)を14束買ってしのいでいた。それも万事休す。ベランダの板材を燃やしてしまおう、そんな妄想も抱きかねない状況だ。

Dscn7282 ということで、その薪を補完する、というか、太い薪を焚く際に火勢を強める薄い板材を大量に投入へ。きょうはその作業に熱中した。といってもほんの小一時間だけ。ナタを使って次々と「エィ!」と折る作業。次々と作業を進めると、わずかの時間に木片の段ボール箱が四つ、できあがった。

Dscn7287

Dscn7286

「薪がない~」。と叫んで嘆いても仕方がない。昨春に今冬の需要見込みを誤っただけ。今年度は薪小屋を新たにつくり、それを一杯にしたので、「もう大丈夫」と思った。それが浅はかだった。今年は薪小屋をさらに増築し、それが一杯にすることに。

Dscn7293 ということで、本日はついに「追加薪」を友人の薪ストーブ専門屋さんに緊急連絡してしまったのだった。今冬は灯油を使わず、ずべて薪だけ。「石油」は使わずに済んだが、その暮らしもかんじんの薪が終われば、根底から冬の生活が崩れてしまう。あたりまえのことだが、それがわが身に。霧降高原生活の冬は「王様は薪」(地域通貨になるかも?)、そんな思いを改めてー。

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ あなたの一票が「励み」になります~。
  • « 異次元の世界がわたしたちのすぐ隣に ドキュメンタリー映画「100、000年後の安全」 | トップページ | 「3・11」は福島・フクシマで声を大にー 「原発いらない!福島県民大集会(郡山)へ »

    霧降高原」カテゴリの記事

    コメント

    トミーさん!
    次はデッキを
    燃やしてしまうんじゃないかと
    心配デス

    かん子さま
    デッキを燃やしてしまう、
    その可能性というか、
    その妄想、大。
    それくらい深刻な問題。
    「世界」が崩壊してしまうような~。

     市の除染計画案が総務分科会で公表に。第1期として、2013年3月までに、《子供関連施設や公共施設》を中心に除染が行われます。 これでは、家や通学路などは置き去りになってしまいます。
      被曝から1年。なんと対応が遅れていることか。 あの頃に生まれた赤ちゃんたちは、靴を履いて外を歩けるようになっています。
     講演会での「大人の責任」を痛感しています。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の生命線が「SOS」  薪ストーブ生活がついに危機状態~:

    « 異次元の世界がわたしたちのすぐ隣に ドキュメンタリー映画「100、000年後の安全」 | トップページ | 「3・11」は福島・フクシマで声を大にー 「原発いらない!福島県民大集会(郡山)へ »

    2022年4月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30