無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 全国民に向け、高らかに宣言します 「原発いらない!3・11福島県民大集会」その(3) | トップページ | ときに一つの共同体、一つの国を危険に 「夢よりも深い覚醒ー3・11後の哲学ー」 »

2012年3月17日 (土)

「脱原発の陳情 採択が相次ぐ 日光など5市町」 朝日新聞が栃木版で大きく報道

 朝日新聞が栃木版だが、17日付朝刊でわたしたちの市民団体「原発いらない栃木の会」が県内各議会に働きかけている脱原発の陳情の採択状況について、全体像を報道した。

 16日は日光市のほか、小山市、佐野市、壬生町の各市町議会の本会議があった。いずれもこれまでの常任委員会で採択されているため、本会議でも採択は確実だった。それでも、委員会ではなく、議会の意志を示すこの日の本会議での採択は大事だ。

 すでに塩谷町議会は12日に採択しており、同町議会が一番乗り?。日光など4市町議会がそれに続いた。日光市は賛成多数だったが、小山市、佐野市、壬生町は全員賛成での採択。この判断は特筆されよう。

 以下の朝日新聞・服部記者の記事にあるが、宇都宮市、大田原市、栃木市、下野市、那須烏山市、那須塩原市、那須町の7議会でも常任委員会で採択済み。これから、これら市町議会の本会議でも採択は確実だ。

 その一方、県議会の常任委員会は14日に継続審議の判断をしたという。それも全会一致。世論調査でも脱原発は7割を超えているのに、県議会の常任委員会ははこの判断だ。世の中の「常識」といかにかけはなれているか。これまで、そしてこれからの各市町議会の採択がそのことを県議たちに教えることだろう。

Dscn7615

(写真は17日朝日新聞栃木版。以下の記事は朝日新聞アサヒコムからの転載)

脱原発の陳情 採択相次ぐ 日光など5市町
2012年03月17日

 県内の市民団体「原発いらない栃木の会」(米田軍平、島田晴夫両代表)による脱原発の陳情を採択する市町議会が相次いでいる。16日には小山市と佐野市、壬生町議会が全員賛成で、日光市は賛成多数で採択した。12日には塩谷町議会でも全員賛成で採択されている。同会は「原発事故を機に、エネルギー問題を身近なものとして考え始めたことが大きい」と話している。

 このほか宇都宮市、大田原市、栃木市、下野市、那須烏山市、那須塩原市、那須町の7議会でも常任委員会で採択済みで、本会議での採決を控えている。

 原発いらない栃木の会は、廃棄物処分場などの問題で活動してきた島田さん(59)らが原発事故後に開いた講演会を機に昨年7月に結成された。弁護士や学者、会社員、陶芸家ら約140人が会員になっている。

 今回提出したのは「原発から再生可能エネルギーの推進へエネルギー政策の転換を求める陳情」。(1)再生可能エネルギー及び節電その他の省エネルギーの推進をエネルギー政策の中核に据える(2)原発の比率を縮小し、完全廃止を最終目標とする(3)エネルギー政策については国民の積極的な参画を求める――の3点について、各議会が国に要望書を提出することを求めた。

 県内26市町のうち21議会に提出。県議会にも出しているが農林環境委員会では継続審議となった。

 同会事務局長で弁護士の大木一俊さん(57)は「原発の経費が、放射性廃棄物処理も含めると莫大(ばく・だい)になることを数字を上げて説明してきた。より多くの市町の賛同を得て、運動を確かなものにする」と語る。また、塩谷町議会への提出に際し、議員に趣旨を説いて回った主婦江連照江さん(70)は「この問題にイデオロギーは関係ないと実感した。原発即廃止となっていない点も幅広い支持のきっかけとなった」と話す。

 核燃料サイクル施設のある青森県で酪農も経験し、放射性廃棄物問題にも携わった島田さんは「原発と人間は共生できないことがわかってきた。一時の繁栄のために将来を失ってはならない」と訴えている。同会は作家の大江健三郎さんらが呼びかけ人となった署名運動とも連動している。(服部肇)

ブログランキング
人気ブログランキングへ「清き一票」?をー。

« 全国民に向け、高らかに宣言します 「原発いらない!3・11福島県民大集会」その(3) | トップページ | ときに一つの共同体、一つの国を危険に 「夢よりも深い覚醒ー3・11後の哲学ー」 »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 日本や世界で「脱原発」を訴えるデモや集会が歴史的な動員数に、なぜ既存メディアは大きく報じないのか [shimarnyのブログ]
東日本大震災から1年となる3月11日に全国各地でこれほど「脱原発」の集会やデモが行われているとは思いもよらなかった。 [11日 毎日]東日本大震災:反・脱原発集会 国内外で数万人参加 東日本大震災から1年の11日、東京電力福島第1原発事故を教訓に、反原発... [続きを読む]

« 全国民に向け、高らかに宣言します 「原発いらない!3・11福島県民大集会」その(3) | トップページ | ときに一つの共同体、一つの国を危険に 「夢よりも深い覚醒ー3・11後の哲学ー」 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30