無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「市民農園」2区画借りました~ 「重農主義時代」の野菜づくりへ | トップページ | 創刊から38年目の全共闘世代誌 初夏に『序説』第19号発刊へ »

2012年4月 4日 (水)

春の嵐は小枝の「備蓄日」 散乱するそれは薪ストーブにうってつけ

Dscn7941 (砂時計家のベランダは吹き飛んできた大小の小枝たちが散乱)

 台風のような春の嵐が全国に吹き荒れたが、一夜明けると、霧降高原に暮らすわたしには「小枝の恵み」になる。風で揺れに揺れると、周辺の木々の小枝は吹き飛び、道路に散乱。それを拾い集めて、薪ストーブの種火用にするためだ。

 それにしても、今回の春の嵐の力は格段だ。我が家のすぐ周りだけでも、段ボール箱4箱分。一箱で2日分相当だから、これだけで1週間以上も。数十メートル離れた道路にも散乱していたので、初めてマイカーで「収集」?。トランク2杯分はあっという間に。すぐに庭先に投げておいたが、この試みも初めてのことだ。

 道路から交通のさまたげにもなる枝を払い、路面をきれいにすっきりさせる一方、我が家の薪ストーブの種火用にも。一石何鳥といった春の小枝拾い。わずか1時間弱の作業?だが、これだけで薪ストーブ用の小枝は今月末まで(つまり今冬終了まで)心配しないですむかもしれない。

ブログランキング
人気ブログランキングへ

Dscn7947

(霧降高原の自宅の回りでとれた?春の嵐が生んだ小枝。せっせと段ボールに)

Dscn7957 (この日の小枝4箱分を加え、小枝箱だけで薪ストーブ半月分の7箱になった~)

Dscn7962 (周辺に散乱していた小枝をマイカーのトランクに投げ入れ、庭先に積み上げた)

Dscn7961 (マウントストーブ日光の追加薪。今冬はもうすぐ終わるが、薪ストーブはOKに)

« 「市民農園」2区画借りました~ 「重農主義時代」の野菜づくりへ | トップページ | 創刊から38年目の全共闘世代誌 初夏に『序説』第19号発刊へ »

霧降高原」カテゴリの記事

コメント

春の嵐の落し物、今のうちにたくさん拾っておくといいです。

ハルさま
連続コメント、ありがとうございます。市民農園は昨年からの
課題。「3・11」以後はとくにそう。重農主義へ。薪は毎年の課題。今年は薪小屋増築へ(ベランダもか?)。さらに古本屋を充実。できればJAZZ喫茶開業を夢に。その前に水泳、太極拳、カナディアンカヌー、それにチェロとフォークギター、英会話もいいかげんに勉強しないといけない。名古屋コーチャンと脱原発と災害支援も。さらにというか、とにかく詩そのものへ。旅もしたい。本も読みたい、映画も観たい。おっと、居酒屋へも。ということで、「定年」こそ、忙しい?~。

ハルさま
連続コメント、ありがとうございます。市民農園は昨年からの
課題。「3・11」以後はとくにそう。重農主義へ。薪は毎年の課題。今年は薪小屋増築へ(ベランダもか?)。さらに古本屋を充実。できればJAZZ喫茶開業を夢に。その前に水泳、太極拳、カナディアンカヌー、それにチェロとフォークギター、英会話もいいかげんに勉強しないといけない。名古屋コーチャンと脱原発と災害支援も。さらにというか、とにかく詩そのものへ。旅もしたい。本も読みたい、映画も観たい。おっと、居酒屋へも。ということで、「定年」こそ、忙しい?~。

やりたい事リストの多さにびっくり。
その中でも太極拳ならばクラシック音楽をかけながら、
ベランダでやるにはぴったりかもしれません。
私もこちらで太極拳習いに行ってました。
太腿の筋肉痛がハンパないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「市民農園」2区画借りました~ 「重農主義時代」の野菜づくりへ | トップページ | 創刊から38年目の全共闘世代誌 初夏に『序説』第19号発刊へ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30