無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 春の嵐は小枝の「備蓄日」 散乱するそれは薪ストーブにうってつけ | トップページ | 共感、次々とスーパー店頭で署名 「国の除染費用負担を求める要望署名」 »

2012年4月 5日 (木)

創刊から38年目の全共闘世代誌 初夏に『序説』第19号発刊へ

 きょう5日午後はわたしたち全共闘世代などの仲間でつくる同人誌『序説』の原稿締め切りなどの「連絡」作業に追われた。わたしが同人誌の事務局をつとめているため。

 創刊は1974年。12号まで発刊し、そのまま25年間、休刊していた。それが仲間の病死をきっかけに7年前から再刊。13、14.15、16、17、18号ときて、今回は19号。

 創刊当時、20代だった同人も還暦に。昨年から恩師2人も加わるようになり、現在12人。当時の仲間は30人近くもいるが、音信不通のため、連絡がとれない。このブログを知って、連絡が入ってくれば、うれしいのだがー。

(以下は、本日、同人仲間に郵送した手紙だ)

Dscn3323 (昨夏に発刊した『序説』第18号は「東日本大震災・フクシマ原発特集」だった)

2012年「序説第19号」連絡
締め切りは5月1日です~-。

                  (事務局・日光霧降高原 黒川純)
                   2012年4月5日(木)

▽今年も「序説」の季節です
「3・11」から1年、みなさんはどうお過ごしでしょうか。とりわけ、福島・本宮の安齋君はどうしているだろうか。私は昨秋から今春にかけて、「さようなら原発!日光の会」や「原発いらない栃木の会」に加入。「ミツバチの羽音と地球の回転」の自主上映会や脱原発講演会、「1000万人アクション」の署名集め(署名用紙添付)などをやる一方、「さようなら原発!3・11福島県民大集会」(1万6000人参加)「さようなら原発・3・24日比谷野音集会」(6000人参加)に出掛け、久しぶりに「デモって」きました。「原発はいらない」とか「東電は恥を知れ~」とか叫びながら郡山や東京・銀座を。会員の福沢先生はこの間、一時、体調を崩し、入院もしましたが、回復。4月13日に「両毛・足利まちづくり建築文庫」を開館させます。共に祝いたいと思います(4月4日付・地元紙・下野新聞の各地版トップ記事を添付します)

▽「序説19号」の締め切りは5月1日(火)、ギリギリ最終は5月7日(月)。
今年の懇親会は6月30日(土)です。「序説19号」の締め切りも、それに合わせて、2カ月前の5月1日(火)にします。あと3週間強です。よろしくお願いいたします(出版社の「随想舎」にはこの日程で連絡済み)。なかには黄金週間の休みを執筆に使いたいという会員もいるでしょうから、5月1日に間に合わない場合、黄金週間明けの5月7日(月)まで締め切りを延ばすことも可能です。ですが、制作工程上、なるべく締め切りまでに、黒川にメール添付などで送っていただければと、思います。

▽一人原稿用紙400字詰めで20枚程度、それに原稿1、2枚の「あとがき」もぜひ。メール添付などで
原稿は基本的にメール添付などで。なかにはFD、CDという会員も、それはそのように。事務局・黒川へ(この連絡、及び名刺を添付します)。初校は出版社「随想舎」(会社案内を添付します)から執筆会員へ。各人が確認のうえ、校了へ。一人400字詰め原稿用紙1、2枚分の「あとがき」もおねがいいたします。20枚では足らない、もっと書きたいという会員はコスト面から会費をプラスしてもらうこともあります(昨年度は黒川と安齋がそれに該当)

▽会費は例年と同じく1人2万5000円。発行は総収入の範囲内で。
会員は10人から12人に増えましたが、会費は例年と同額の2万5千円を予定しています。前回はページ数や発行部数を増やした関係で、36万7500円かかりましたが、会費収入32万円に定価実売をプラス、収支は、ほぼトントン。「19号」は会費の範囲内で発行しようと思っています。今回は再び基本的に非売品で。

▽2012年の「序説19号」懇親会は6月30日(土) 日光で
序説懇親会は6月30日(土)=土曜日が5回ある月の最終週=、日光霧降高原の黒川純宅。懇親会は30畳のベランダで(ベランダの3分の1に透明屋根をかけ、全天候型になりました)、懇親会費用一人2千円(美味しい黒毛和牛や料理、お酒代込み)。泊りは隣近所(歩いて1分)のペンション「ポコ・ア・ポコ」か、車で5分ほどのホステル「鳴沢ロッジ」を。経営者はいずれも私の友人なので、格安な「序説値段」です。案内状は6月上旬に出し、どちらの宿にするか、選んでもらおうと思います。

▽黒川はBlog「砂時計主義」とTWITTER「sunadokeiha」も
黒川は週に数回、更新しているブログ「砂時計主義」を継続中です。詩や詩論エッセーなどを中心にと思っていましたが、最近は多くが脱原発関連です。フェイスブックも始めようとしているところです。
「砂時計主義」

http://nikkosunadokei.cocolog-nifty.com/blog/
ツイッター「sunadokeiha」。ブログは「砂時計主義」でも呼べます

ブログランキング
人気ブログランキングへ

« 春の嵐は小枝の「備蓄日」 散乱するそれは薪ストーブにうってつけ | トップページ | 共感、次々とスーパー店頭で署名 「国の除染費用負担を求める要望署名」 »

『序説』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/44767124

この記事へのトラックバック一覧です: 創刊から38年目の全共闘世代誌 初夏に『序説』第19号発刊へ:

« 春の嵐は小枝の「備蓄日」 散乱するそれは薪ストーブにうってつけ | トップページ | 共感、次々とスーパー店頭で署名 「国の除染費用負担を求める要望署名」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30