無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« ありがたいのだが、もうしわけないとも 三陸の仮設住宅からも「除染署名」 | トップページ | 原発がそれぞれの人生を狂わせた 監視下のゴーストタウン描く映画「プリピャチ」 »

2012年4月12日 (木)

薪を切りにいこうと早起きしたら 相手は午前5時起きで作業終了だった~

Dscn8108  本日は午前中に日光から宇都宮へ向かい、そこで薪を切り出す約束をしていたので、早起き。いつもはお昼ごろまでぐっすり。が、この日は午前6時起き。朝刊を斜め読みしてから、約束の午前8時半に今市の友人宅に着くと、「あれっ?」

 というのは、友人の軽トラックにはすでに薪が積んである?。事情を聴くと、「きょうはなんだか午前5時には起きてしまったので、一人で宇都宮へ。そこでチェーンソーで切り出しを終えてきた」。「ということは?」「そう、きょうの作業は終了ということに」。「えっー」と、のけぞる私。

 友人(わたしが中古レコードを買い求めている中古レコード店「NOW」のあるじ。世界各国旅行家。薪大臣)は先週、「一緒に薪を切り出しにゆくなら、その薪はそっくり、あなたにわたしましょう」と。わたしが薪不足をいつも嘆いているのを聴いていて。それに同情してくれたのだった。いやはや、ありがたい(困ったときは嘆いてみるものです~)。

 ということで、午前9時過ぎには霧降高原の我が家へ。軽トラックに積んだ切り出したばかりの薪がドサッ。わたしのチェーンソーは現在、故障中。なので、比較的細い薪だけ選び出し、電動ノコでばさばさと切断。ともあれ、黄金週間までの薪、つまり今冬のすべての薪を確保したのだった。ありがとうございました(ブログで御礼~)。

 この日の日光は日本晴れ。空気が澄み切っており、まだ雪化粧している日光連山がくっきり。ふだん見慣れている御神体の男体山も見事だ。ということで、今市から日光に向かう途中、思わず光景を写した。その日光連山の風景を紹介することに。日光に春を告げる「弥生祭」(13日~17日)もすぐだ。

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

Dscn8105 Dscn8106 Dscn8112

« ありがたいのだが、もうしわけないとも 三陸の仮設住宅からも「除染署名」 | トップページ | 原発がそれぞれの人生を狂わせた 監視下のゴーストタウン描く映画「プリピャチ」 »

霧降高原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ありがたいのだが、もうしわけないとも 三陸の仮設住宅からも「除染署名」 | トップページ | 原発がそれぞれの人生を狂わせた 監視下のゴーストタウン描く映画「プリピャチ」 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30