無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« みんなで大いに語った「脱原発」 「『脱原発』を語り合うカレーの夕べIn霧降高原」 | トップページ | ・・100円の帽子被って参加した・・・ 「朝日歌壇」(20日付)脱原発歌三つ »

2012年8月17日 (金)

群馬県でも恒例の「ねぷたまつり」が 34回を数えた「尾島ねぷたまつり」

 私の実家がある太田市の「尾島ねぷたまつり」。毎年8月14日と15日の二日間。夜になると、町の人口の数倍の人出でごったがえす。どう歩いても人にぶつかってしまう。ものすごい混雑ぶりだ。めあてのねぷたのその掛け声は「ヤーヤドー」。
 たまたま表通りに出店していた弘前市の人に聞くと、「威勢と威嚇の掛け声。弘前でも基本は同じ」とのこと。江戸時代初期の青森は津軽藩と群馬の尾島との関係が掘り起こされて、まつりに、34回目だという。
 
 ブログをふり かえってみたら、記事は最近、脱原発一色ー。もちろん脱原発は大事だが、それだけで生活を送っているわけではない。ということで、大急ぎで、帰省した14日夜、実家の尾島町で続いている「尾島ねぷたまつり」の勇壮で華やか、そして幻想的な夜を味わってもらうことに。
(このブログの最後にウィキペディアの「尾島ねぷた」の解説を載せました)

Dscn8999

Dscn8995 Dscn9006 Dscn8992 Dscn8989 Dscn8975

Dscn9027 Dscn9012

(結局、最後は日本酒へ。真ん中の青森は弘前の地酒、吟醸酒「白神」を買い求めて、日光霧降高原で呑んでみたが、これが美味いこと、美味いことーほんとうに)

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ
  • (ウィキペディアから)

    尾島ねぷた

    尾島ねぷた(おじまねぷた)は、毎年8月14日と8月15日に群馬県太田市尾島地区(旧新田郡尾島町)で行われる祭りである。正式名称は「太田市尾島ねぷたまつり」。
    目次  [非表示]
    1 概要
    2 歴史
    3 備考
    4 関連項目
    概要 [編集]

    尾島地区の商店街で行われ、近隣の都道府県からも訪れる客も多いため、東武鉄道も提携しており、会場の最寄り駅である木崎駅や太田市尾島総合支所(旧尾島町役場)とシャトルバスを運行している。
    交通規制は国道354号の尾島交差点の約700m西側にある亀岡町地内の交差点から尾島一丁目交差点の区間となっており、西から東に移動する場合、安養寺交差点を上武道路方面に向かい、阿久津交差点を左折、尾島中学校西側の交差点を右折し、すずかけ団地東側(堀口町地内)の交差点を左折し、尾島一丁目交差点で国道354号に合流するようになっている。
    歴史 [編集]

    かつてこの地が、弘前藩初代藩主津軽為信が関ヶ原の戦いの功績によって加増を受けた飛び地であったことから、旧尾島町は青森県弘前市と友好都市提携を締結した。1986年(昭和61年)より開始し、尾島庁舎、地元の商工会、保育園、サッカークラブなども参加している。掛け声は弘前ねぷたと同様で「ヤーヤドー」である。
    備考 [編集]

    1986年から2004年までは尾島町長が挨拶をしていたが、2005年の市町村合併で太田市になったことにより太田市長の清水聖義が挨拶を行う。
    2006年度は、弘前市の市長が参加した。

    « みんなで大いに語った「脱原発」 「『脱原発』を語り合うカレーの夕べIn霧降高原」 | トップページ | ・・100円の帽子被って参加した・・・ 「朝日歌壇」(20日付)脱原発歌三つ »

    町づくり村づくり」カテゴリの記事

    コメント

    お久しぶりです。キャプテンさんの久々に「原発」から解き放されたブログを拝見し、ニンマリです。私のブログも、どうしても固くなりがち。気をつけなくては・・・・。
     私の大好きな「お盆」も終わり、みーんなあちらの世界に帰ってしまいました。年々、お盆で帰省してくるみなさんの顔を思い浮かべる数が増えています。あっちとこっちが、近くなっているのかなー?

    くじらのおばさん

    そう、大事なことをアップへ。と思っていたら、いつのまにか、「原発」ブログになっていました。もちろん、今のキイワードではあるのですが、それだけだと、ひいてしまう人も多いだろうと。私の場合はお盆はまだまだ「8・15」のその日に。「昭和史 上、下」(中村薩英、大仏次郎賞本)を興味深く読んでいますー。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/46717079

    この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県でも恒例の「ねぷたまつり」が 34回を数えた「尾島ねぷたまつり」:

    « みんなで大いに語った「脱原発」 「『脱原発』を語り合うカレーの夕べIn霧降高原」 | トップページ | ・・100円の帽子被って参加した・・・ 「朝日歌壇」(20日付)脱原発歌三つ »

    2018年11月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30