無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 残念ーあと10年は頑張って欲しかった 101歳詩人・柴田トヨさん逝去 | トップページ | 「これ以上モルモットにするのは・・・」 魂に迫る福島県双葉町長の「辞職表明」 »

2013年1月22日 (火)

どどど~んと屋根の積雪がどかんー  「温かさ」で霧降高原の砂時計家

深夜に突然、「どどど~ん」という大音響ー。「これは屋根の積雪がどかっと滑り落ちたなー」。そう思いながら、再び、湯たんぽの布団でZ、Z、Z~と。起きてみたら、ごらんのとおりー。ひと冬に何度かあるのは承知しているので、驚きはしなかったが、それにしても、大変な大音響だーDscn9878

Dscn9881 見上げると、屋根の大半の積雪が姿を消していたー。この面の雪がすべて滑り落ちてウッドデッキへ。中には30センチぐらいに育った氷柱も。その下にいたら、けがは必至ー。スコップで外へ。

Dscn9883 Dscn9893 ウッドデッキには少しの雪が残っていたはずー。でも、この日、よくみていると、水浸しに。雪が溶けて、水滴になり、デッキに。これはホウキではいて外へ。居間から眺めても、デッキにうっすら「水たまり」ができている、それが確認できた。

Dscn9887 Dscn9895 それでは気温は?ー。外の気温計を視てみると、7度~。「これでは雪も溶けて屋根を滑るはずー」。確かに温かな陽気の霧降高原だったー。外の作業が苦にならないはず。

Dscn9889 問題はだんだんと薪ストーブの薪が少なくなってきたことー。農機具の枠材もあと少し。冬の底はこれから。2月、3月、4月とあと3ケ月。このままでは薪不足に。今度は製材所の破片木材の調達へ。そう思い、ともだちに「今冬二度目の製材所の破片木材を」。霧降高原の冬は薪を中心に生活が成り立っている(今冬はベランダをひっぺがしたい気持ー、というようなところまで追い詰められてはいないが~笑い、でも、一昨年の冬はそんな気持にまでー)

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ
  • « 残念ーあと10年は頑張って欲しかった 101歳詩人・柴田トヨさん逝去 | トップページ | 「これ以上モルモットにするのは・・・」 魂に迫る福島県双葉町長の「辞職表明」 »

    霧降高原」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    « 残念ーあと10年は頑張って欲しかった 101歳詩人・柴田トヨさん逝去 | トップページ | 「これ以上モルモットにするのは・・・」 魂に迫る福島県双葉町長の「辞職表明」 »

    2022年4月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30