無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 貸し出しに「詩、歌、唄」コレクションもー 「霧降文庫」で2月スタート | トップページ | (お知らせ)1日(金)、2日(土)臨時休業します 森の中の古書店「霧降文庫」 »

2013年1月30日 (水)

原発は経済性でも劣る電源ー 大仏次郎論壇賞「原発のコスト」が明かす

「脱原発に要する費用は、今後15年間でさしあたって年平均約2兆円程度と考えることができる」「事故コストを含まない場合でも、脱原発による便益は年平均約2兆6400億円となる。したがって、脱原発の便益はコストを上回る」。Dscn9782 今年度の大仏次郎論壇賞を受賞した大島堅一の「原発のコストーエネルギー転換への視点ー」(岩波新書)-。3日かけて読み終えたが、頭の中が整理できる名著だー。お薦めします(「霧降文庫」の貸し出し「原発震災」コレクションに3冊あります~笑い~)

「電事連によるモデル計算とは異なり、実績値では原子力が最も高い。国民的負担という点でみれば、経済性に劣る電源であったと言える」

「原子力発電は事故コストを含まなくとも、他電源に比べて高いのであるから、事故のことを考慮すれば、経済性がないことは明白である」。

 私の脱原発は経済性というより、なにより現在と未来に対する根本的な倫理感から。原発を維持させることは「未来に対する犯罪」だ。そう断言できる。それもいったん事故が起きた場合の被害の甚大さは想像以上だ。それが今も進行しているのだ。

 さらに政治性、社会性、歴史性、といった観点からも、そう言える。空間や時間を決定的に汚染してしまうその力、それに人類が触れてはならぬ「火」だと思っている。そう明言する。

 しかし、一方で「ともあれ経済が大事だ」「企業の電力が足らなくなる」「産業が空洞化してしまう」との論を立てる人が市民にも行政にもそれなりにある。なので、あえて、コスト論にも踏み込むことに。というか、経済性についても確認するためにー。

 今も16万人が避難を余儀なくされている福島の大事故がなくとも、原発は経済性においても劣る、そのことを実証した本だ。さらに今回の事故ー。もうなにおかいわんやー。ということでー。このブログを訪れている方に一読をお薦めしたい。

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ
  • « 貸し出しに「詩、歌、唄」コレクションもー 「霧降文庫」で2月スタート | トップページ | (お知らせ)1日(金)、2日(土)臨時休業します 森の中の古書店「霧降文庫」 »

    脱原発」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    « 貸し出しに「詩、歌、唄」コレクションもー 「霧降文庫」で2月スタート | トップページ | (お知らせ)1日(金)、2日(土)臨時休業します 森の中の古書店「霧降文庫」 »

    2022年4月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30