無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 山本周五郎の世界は深いねー 「人情武士道」「人情裏長屋」に魅せられた | トップページ | いやはやめめぐるしい一日 脱原発会議からチェーンソー購入、さらに本屋のはしご »

2013年2月28日 (木)

まさか、そんなことの当事者に~ 東北自動車道でマイカーダウン~

 まさか、そんなことがー「泣いてもいいですか~」というフレーズが頭をよぎった。岩手県北上・花巻からの帰り道の東北自動車道上り。27日(水)17時過ぎ、福島トンネル手前の上り坂、「20万㌔」を越えたばかりの愛車・インテグラがあえいで坂道をゆく。時速は40㌔、50㌔がやっとー。「これはやばい~」。登坂車線のさらに左側に「緊急路側帯」(3㍍×30㍍ぐらい)に停車。ハザードランプをつけて、エンジンを切ったり、ふかしたりしても、車はうんともすんとも。まったく動かない。
                                              
 10分ほどであきらめ、17時17分に110番通報。福島県警が「事故ですか、それとも?」と。状況を伝え、JAFの番号を教えてもらう。「突っ込まれることがあるので、車外に」。それを聴きながら、JAFへ(ほんとうは加入している全労災へ連絡すべきだったが、故障だったこともあり、直接JAFへ)。「現在地は?」「福島トンネルまであと1㌔、288・なん...とか地点」「40分ぐらいで行きますよ」「お願いします」-。トランクから三角表示板を出して、車の20mほど後方に(更新時講習でそのビデオを観たばかり。それをすぐに私がやるとはー。
                                             
 夕闇が広がり、車外はかなりの寒さ。「ともかく待ってみるさ~」-。すると、パトカーが。「早いな」と思っていたら、高速道を巡回中という。「故障車」の大きな表示を出していたが、JAFを待っているのを知ると、「気をつけて」。そう言い残し、すぐに去っていったー。「あれれ~」と思っていたら、レッカー車が予定より早くやってきた。担当者は2人。「これはミッション系の故障だろうね」-。一番近い二本松インターへ。途中のパーキングで車の受け入れ先について、修理工場などとやりとり。2軒目が「受け入れる」となり、二本松市内のそこへ。レッカー手配のJAF料金は3万2500円を支払う。
                                             
 「エフワンオートサービス」で故障の模様を語りながら、結局、そこに車を置いて、日光に戻ることに。従業員の方に二本松駅まで送ってもらえた。5分ほどで駅へ。「お茶菓子代に」と1000円を手渡し、20時8分発の黒磯行き上り普通列車で郡山へ。そこから新幹線で宇都宮へ。さらに21時58分の宇都宮発日光行きのJR日光線に。帰宅は23時前。場合によっては二本松か福島泊まり、あるいは近くの本宮に友人がいるので、そこで泊まりー。そんなことを覚悟していただけに、ほっと。
                                             
 JAF直接だったが、全労災に連絡しておいたので、きょう28日に全労災から連絡があった。九州・福岡のコールセンターからだという。「領収書があれば、3万2500円を上限に支払いますので、その書類をお送りします。帰宅費は対象外の保険です」。東北線、新幹線、日光線、自宅までのタクシーの領収書をとっておいたが、これは残念~。でも、レッカー代は返ってきそうだ。物損事故で全労災は使っているが、この手の故障は初めて。レッカーを依頼するのも初めてー。
                                              
 高速道などでほかの人の故障の模様を観ていて、「大変だね~」と思っていたが、まさか、その当事者になるとは~。それにしても「こんなこともあるものさ」、そんな気分でいたので、驚きはしたが、これもありーといった感覚ではあったー。「一寸先は闇」ではないが、人生は予定通りにはいかない。そうも思ってきたので
                                             
 それにしても、車の点検はしっかりと。しかし、ミッション系のチェックは難しいだろうな~。車検を終えたのが10日ほど前。エンジンの調子も向上し、「これなら大丈夫」と、出掛けたのだが~。という、みなさんへのメモ的な報告ですー。
                                              
追記 結局、愛着があるインテグラだが、これはもう「廃車」へ。使いやすい中古車を。友人を通じて、きょう28日から探し始めたところだー。
その結果もいずれー。
  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ
  • « 山本周五郎の世界は深いねー 「人情武士道」「人情裏長屋」に魅せられた | トップページ | いやはやめめぐるしい一日 脱原発会議からチェーンソー購入、さらに本屋のはしご »

    考えるヒント」カテゴリの記事

    コメント

    突然、お邪魔をいたします。彰吾さんの会でお目にかかったbarbaroiです。ブログを発見いたしました。とんだ災難でしたね。お察し申しあげます。

    あの晩は、小生、羽目をはずし二次会になだれこみ、気がついたら在来線なし、11時の最終新幹線で盛岡まで帰りました。
    旧知の方々と、何年ぶりでしょうね、懐かしく楽しく、酔っぱらってしまいました。
    あ、そうか、黒川さんもおでぁってたんですよね。でも、途中からみえなかったような・・・・・・。吉見さんといっしょだったのかもしれませんね。

    小生、退職して3年目に入るところです。ほとんど引きこもりの生活、むかしの教え子たちとフェイスブックで軽口を叩きあっております。詩を書く仲間は、FBにはおりません。

    「火山弾」が廃刊となり、現在は岐阜からでている「撃竹」(創刊来30年、最近80号を刊行)だけとなりました。ながくクラブの事務局をさせていただきましたが、退会しております。退職後3年目に突入します。体勢を立てなおしたいと存じております。ご指導ください。

    新しい車は、どんな車になるのでしょうか。日光からはるばるおいでになられたのに・・・・・・。事故でなくてよかったと考えましょう!

    barbaroi さま
    コメント、ありがとうございます。確かに災難でしたが、事故ではなく、故障なので。それでよかったということに。車との縁切れというところでしょうか。岩手県詩人クラブ事務局長をやっていた方が、どうして今は未加盟に?。そんなことをお聞きしましたね。「体勢の立て直し」という姿勢にある種の構えがみてとれます。私の方は「火の粉」を払ううちに、さまざまに。この路線で(いつも流れでー笑いー)行こうと思ってます。またお会いしましょうー。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    « 山本周五郎の世界は深いねー 「人情武士道」「人情裏長屋」に魅せられた | トップページ | いやはやめめぐるしい一日 脱原発会議からチェーンソー購入、さらに本屋のはしご »

    2022年4月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30