無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« GW後半の3、4、5、6日ともオープンしています 霧降高原の古書店「霧降文庫」 | トップページ | いちご、せんべい、チャイ、珈琲・・・先着順で 古書店「霧降文庫」が大判振る舞い~ »

2013年5月 3日 (金)

古書店「霧降文庫」が支店?第一号 小さなホテル「森のうた」に一箱50冊  

1dscn0293 1dscn0294  古書店「霧降文庫」は5月1日から小さなホテル「森のうた」(日光市久次良町100番地、0288・53・0465)に「支店」?を出した。いわゆる古書の委託販売ですー。

 当面、一箱古本市ではないが、一箱分に厳選50冊を出すことにした。旅で心身を癒そうとする観光客のみなさんが手にとってもいいな、と思えるような本を中心に-.

1dscn0296

1dscn0297 「霧降文庫」は絵本作家・スギナカモモコさん(東京在住)の絵本を委託販売で新春から扱っている。今度はそれとは逆で、「霧降文庫」の本を「森のうた」で扱ってもらう。こうした方式は今回が初めてー。

 

 ペンションに訪れる旅人が古本を求めるのかどうかは未知数。いわば、実験的な試み。その結果がどういうことになるのかー。惨敗の可能性も、手ごたえの可能性も。いずれにしろ、1カ月後をみたいと思っている。

                             

「森のうた」・販売古書一覧

1「美貌と処世」(林真理子・600円)

2「からだのひみつ」(田口ランディほか・550円)

3「シンプルに生きる」(ドミニック・ローホー・500円)

4「スロー快楽主義宣言!」(辻信一・800円)

5「だきしめてスローライフ」(辻信一ほか・700円)

6「退歩的文化人のススメ」(嵐山光三郎・700円)

7「根をもつこと、翼をもつこと」(田口ランディ・500円)

8「恋をする人 しない人」(柴門ふみほか・500円)

9「おいしい人間」(高峰秀子・900円)

10「恋する伊勢物語」(俵万智・700円)

11「江戸の二十四時間」(林美一・900円)

12「眼・美しく怒れ」(岡本太郎・1300円)

13「苦しまない練習」(小池龍之介・1050円)

14「対話のレッスン」(平田オリザ・1000円)

15「芭蕉の晩年力」(石寒太・700円)

16「ハチドリのひとしずく」(辻信一・監修・400円)

17「魂の民主主義」(星川淳・900円)

18「工夫生活のススメ」(山崎エリ子・700円)

19「快楽上等!」(上野千鶴子ほか・700円)

20「新・考えるヒント」(池田晶子・900円)

21「ある華族の昭和史」(酒井美意子・600円)

22「まわりみち極楽論」(玄有宗久・1050円)

23「よつ葉のエッセイ」(俵万智・500円)

24「毎日が旅じたく」(津田晴美・700円)

25「きっとあなたにできること」(唯川恵・500円)

26「生活リストラ術」(魚柄仁之助・700円)

27「今日もていねいに」(松浦弥太郎・500円)

28「いつもの毎日」(松浦弥太郎・700円)

29「『哲学』と『てつがく』のあいだ」(鷲田清一・1700円)

30「プラトン的恋愛」(金井美恵子・650円)

31「ヘタな人生論より徒然草」(荻野文子・800円)

32「考えない練習」(小池龍之介・500円)

33「超恋愛」(吉本隆明・700円)

34「街場の読書論」(内田樹・1150円)

35「駆け込み、セーフ?」(酒井順子・500円)

36「ああ言えばこう食う」(壇ふみ・阿川佐和子・500円)

37「少ないモノでゆたかに暮らす」(大原照子・700円)

38「14歳からの哲学」(池田晶子・900円)

39「終わりの美学」(森瑤子・500円)

40「徳川慶喜家の子ども部屋」(榊原喜佐子・800円)

41「幸福の距離」(落合恵子・500円)

42「無印良女」(群ようこ・600円)

43「ソクラテスの口説き方」(土屋賢二・500円)

44「私の惚れた『江戸』」(杉浦日向子・900円)

45「オーラの条件」(林真理子・500円)

46「おしゃれ生活」(大橋歩・600円)

47「その後の慶喜」(家近良樹・900円)

48「短歌があるじゃないか。」(種村弘ほか・700円)

49「自分を救うことば」(林望ほか・500円)

50「大人のいない国」(鷲田清一・内田樹・600円)

« GW後半の3、4、5、6日ともオープンしています 霧降高原の古書店「霧降文庫」 | トップページ | いちご、せんべい、チャイ、珈琲・・・先着順で 古書店「霧降文庫」が大判振る舞い~ »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/51479106

この記事へのトラックバック一覧です: 古書店「霧降文庫」が支店?第一号 小さなホテル「森のうた」に一箱50冊  :

« GW後半の3、4、5、6日ともオープンしています 霧降高原の古書店「霧降文庫」 | トップページ | いちご、せんべい、チャイ、珈琲・・・先着順で 古書店「霧降文庫」が大判振る舞い~ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30