無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 核は無用の長物なのだー  ヒロシマ・ナガサキの空に | トップページ | 耳を傾ける(その3) 舩橋淳「フタバから遠く離れて」から »

2013年8月10日 (土)

涼みながら古書など1万点の探索へー日光の森の古書店・図書館「霧降文庫」へ

1dscn2677_2


 

 霧降高原で涼みながら、店内10000点の散策へー。厳選された古書3000冊、原発震災本を中心に図書館1000冊(宣伝はしていないが、実際は店外室内書棚も含め6000冊)、JAZZを中心にしたCD1000枚、計1万点・10000点が楽しめる「霧降文庫」へー。

 ネットを中心に「ご気軽に」と、誘っているのだが、お客さんがこのところさっぱり。珈琲はもちろん、ときにインドチャイも提供し、「霧降文庫」が「カレー」をつくっていることを知っているお客さんには、(そうたくさんはできないので)特製の美味しいカレーを出している。それもいずれも無料、ただ、サービスで。

 高原の40畳のウッドデッキで廉価な文庫本、あるいは貴重な単行本でも読みながら、無料の珈琲、カレーを味わい、図書館機能で本を探し、JAZZなどのCDも借りられる(これも無料)、と、お金はほとんど使わないで、これらのサービスが受けられのだが、お客さんはポツリポツリ(こんなところがあれば、私が行きたい。「ともだち」のだれかが、そんなお店を出したら、すぐに訪ねるのだがー)ー。1dscn2673

 

 世の中、忙しいので、わざわざ、高原の森まで足を運びたくないのか、それぞれのサービスを無料にしているところが、信じられないということなのか、求めていた図書・古書があるかもしれない、そう思うほどの興味が沸かないのかー

 あるいは「原発震災文庫」を常設しているような古書店は怪しからんと思っているのか、脱原発運動の拠点であることはそれなりに知られており、それで敬遠されているのかー。それにしても、どうにも理解ができないー。

 

 もっとも一人10冊無料の本・500冊イベントをやったときは、かなりのお客さんが訪れていた(無料の10冊を選び、珈琲を楽しんで帰っていったつわものが何人も~)。ふ~む、。本は古書でも有料で買って読むから、真剣に。私なぞはそう思っている。だが、世の中はそうでもないのだろうか?ー。首をひねっているこのごろです。

 そうそう、11日(日)は正午~日没でやってます。基本は土日、祝日営業ー(場所は下の地図で。「砂時計邸」が「霧降文庫」です(0288-25-3348 090-5351-3440)。そうか、脱原発活動でけっこう、土日閉店のときがある。開店日が決まっているようで決まっていない。これが敬遠されている理由のひとつかもしれない(これは確かにそのひとつだとは思うが、それにしてもー)ー。ログランキング

人気ブログランキングへブログランキングに「ご協力」を。ただいま栃木19位ー。「ぽちっ」とー「地域情報」のランクがわかりますー。めったに「協力」を呼び掛けないでいるが、かなり低迷しているのでーお願いへ。

1dscn2676


1dscn2667


1dscn2675


Dscn1823


1dscn2636


Dscn4884

« 核は無用の長物なのだー  ヒロシマ・ナガサキの空に | トップページ | 耳を傾ける(その3) 舩橋淳「フタバから遠く離れて」から »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/52827568

この記事へのトラックバック一覧です: 涼みながら古書など1万点の探索へー日光の森の古書店・図書館「霧降文庫」へ:

« 核は無用の長物なのだー  ヒロシマ・ナガサキの空に | トップページ | 耳を傾ける(その3) 舩橋淳「フタバから遠く離れて」から »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31