無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 大盛況でしたー感謝します。映画「フタバから遠く離れて」自主上映会 | トップページ | 福島第一は終わっていないー。読み応えがある『東海村・村長の「脱原発」論』 »

2013年9月 1日 (日)

「他者の他者」たるわたしの喪失 鷲田清一「大事なものは見えにくい」

1dscn2950


 「晴耕雨読」-。霧降高原は「霧降文庫」を開いた直後の午後から大雨続き。常連客とカレーにほっと可否、あいす可否を味わいながら2時間の「寄り合い」を。

 そのあとは読みかけていたこの文庫本「大事なものは見えにくい」(鷲田清一)をじっくり。彼の8冊目のエッセイ集だという。

69頁に90篇ほどのエッセイがたっぷり。BLOGにその引用をしようと思ったのだったー。鷲田本は数多いどの著書を読んでも興味深いー(読み終えたので、この本は古書店「霧降文庫」へ)

 

  <わたし>の存在は、だれかある他者の宛先となることではじめてなりたってきた。<わたし>の存在とは、だれかの思いの宛先であるということ。ヘーゲルやキュルケゴールといった哲学者の言葉を借りれば、「他者の他者」であるということだ。わたし以外のだれかの他者であることによってはじめて、いいかえると、だれかある他者に「あなた」「おまえ」と名指されることによって、わたしたちはひとりの<わたし>になる。だから、死というかたちでの、わたしにとっての二人称の他者の喪失とは、「他者の他者」たるわたしの喪失にほかならない(「大事なものは見えにくい」36頁~37頁)

« 大盛況でしたー感謝します。映画「フタバから遠く離れて」自主上映会 | トップページ | 福島第一は終わっていないー。読み応えがある『東海村・村長の「脱原発」論』 »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/53107708

この記事へのトラックバック一覧です: 「他者の他者」たるわたしの喪失 鷲田清一「大事なものは見えにくい」:

« 大盛況でしたー感謝します。映画「フタバから遠く離れて」自主上映会 | トップページ | 福島第一は終わっていないー。読み応えがある『東海村・村長の「脱原発」論』 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30