無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「他者の他者」たるわたしの喪失 鷲田清一「大事なものは見えにくい」 | トップページ | 「女ノマド、一人砂漠に生きる」 現代に生きてゆく遊牧民の「素顔」に迫るノンフィクション »

2013年9月 2日 (月)

福島第一は終わっていないー。読み応えがある『東海村・村長の「脱原発」論』

1dscn2955


 やはり、読み応えがあったこの新書、『東海村・村長の「脱原発」論』ー。原発本にはあたりはずれがあるが、この新書は「当たり」。対談であるのも、読みやすい要因かもしれないー。講演を聴くような感じで、読み進めることができる。お薦めです。

 1日の昨夜から手にしていたが、2日の今夜、一気に。3・11で東海第二原発がいかに危機的敵状況だったか、というよりほとんど福島第一状態に近かったか、「間一髪」で危機を脱していたのだったー。

 その経緯を知り、東海第二の危険さを改めて認識させられた。ともあれ、いくつもの傾聴すべき「警句」があるが、facebookでは、以下のひとつだけを伝えたいー。

「要するに、福島第一の事故というのは、終わっていないんですよ。それは、技術的に見れば、まだ核燃料が取り出せていないということでもあるし、社会的に見れば、日本社会がまったく反省できていない・・・」

ブログランキング
人気ブログランキングへ

« 「他者の他者」たるわたしの喪失 鷲田清一「大事なものは見えにくい」 | トップページ | 「女ノマド、一人砂漠に生きる」 現代に生きてゆく遊牧民の「素顔」に迫るノンフィクション »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「他者の他者」たるわたしの喪失 鷲田清一「大事なものは見えにくい」 | トップページ | 「女ノマド、一人砂漠に生きる」 現代に生きてゆく遊牧民の「素顔」に迫るノンフィクション »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30