無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 福島第一は終わっていないー。読み応えがある『東海村・村長の「脱原発」論』 | トップページ | 7日(土)、8日(日)開店・開館しています 古書店・図書館「霧降文庫」- »

2013年9月 4日 (水)

「女ノマド、一人砂漠に生きる」 現代に生きてゆく遊牧民の「素顔」に迫るノンフィクション

 題名に魅かれて書店で手にした新書だ。実際に力作だと思う。前半はとくに面白く、すらすらと。だが、読み進めるうちに、しだいに「遊牧民事情」が明らかになってくると、内容もややトーンダウンしてしまう。

 

 理想的な天国はどこにあるわけでもないー。そんな思いを筆者とともに味わうことに。その面では正直なノンフィクションだ。でも、全体的に、やはり女性、それも「結婚適齢期」プラスαの写真ライターならではの視点や問題意識がそこここに。それがひとつの特色だ。

 

 ただ、もう少し、彼ら遊牧民の歴史や、いわゆる「文化人類学的な」視点が加わってもいいかな?ー。そんな思いもある。いずれにしろ、さまざまな遊牧民が登場し、その関係を追ってゆくと、彼らの息遣いまで聞こえてくるようー。そこはそこまでつきあった筆者の力なのだろう。

 

 社会、文化、男女、生活、宗教など、さまざまに違う価値観に生きる彼らだが、基本的には「地球家族」的な思いを抱かされる。つまり、どんな社会にもそれなりの苦労や喜びや悩みがあるのだとー。さらに続編も期待したい一冊だー。

 

1dscn2961


1dscn2960


1dscn2963


1dscn2966


1dscn2964


ブログランキング
人気ブログランキングへ

« 福島第一は終わっていないー。読み応えがある『東海村・村長の「脱原発」論』 | トップページ | 7日(土)、8日(日)開店・開館しています 古書店・図書館「霧降文庫」- »

考えるヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島第一は終わっていないー。読み応えがある『東海村・村長の「脱原発」論』 | トップページ | 7日(土)、8日(日)開店・開館しています 古書店・図書館「霧降文庫」- »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30