無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 新入荷古書が、あれこれー 古書店「霧降文庫」5,6日やってます | トップページ | 6日(日)も正午~日没で開店します 懐かしい未来の「霧降文庫」 »

2013年10月 5日 (土)

「ことのは姫」など短編がいいー 近藤ようこ『鬼にもらった女』

1dscn3287
 近藤ようこは私の好きなコミック作家のひとり。なかでも中世ものは、まず外れがない。この「鬼にもらった女」もそうだ。中篇と短編の10の物語で編まれている。表題作は中篇だが、読み終えると、短編のほうが印象深い。

 

 「福の神」や「夜の市」がそうだが、最初に登場する「ことのは姫」は、しっとりと読ませる。何かで読んだ記憶がー、と思っていたら、山本周五郎の時代物で、こんなハッピーエンドの物語があったような思いがー。

 

 わずか8頁だが、中世、SF、時間、姫と少年、転落と成功、どんでん返しなどー。それらが優しい独特な絵柄で描かれている。近藤ようこがこんな魅力的な短編を描いていたとは、ついぞ、知らなかったー~。

 あらすじは、こうだー。

 一生に一度だけ家のためになる「予言」をすることだけが役目の姫、この姫は「よい予言」をするまでは外に出してもらえない。そこへ親を亡くして下男として働くことになった少年が。

 少年はひょんなことで姫に外の様子を話し聞かせる。姫は少年を気に入り、「ずっといっしょにいるのよ、いいわね!」「もちろん、ずっとお仕えします」。そんな会話が。

 

 だが、少年は姫と親しくなったことをとがめられ、追放されてしまう。その10年後、館は没落、姫の行く先は尼寺しかないだろうー。その場面で館を買った陸奥の商人が登場する。その商人は実はあのとき追放された少年だった。

 

 結びの会話はこのように。

「もしや 蛍丸・・・?」

「はい、陸奥に渡って懸命に働き、この館を買うことができました」

「おまえがーーー」

「一生お仕えすると約束しましたから」

 

« 新入荷古書が、あれこれー 古書店「霧降文庫」5,6日やってます | トップページ | 6日(日)も正午~日没で開店します 懐かしい未来の「霧降文庫」 »

考えるヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新入荷古書が、あれこれー 古書店「霧降文庫」5,6日やってます | トップページ | 6日(日)も正午~日没で開店します 懐かしい未来の「霧降文庫」 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30