無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 6日(日)も正午~日没で開店します 懐かしい未来の「霧降文庫」 | トップページ | 初めての肉ジャガ料理 ついでににチャーハンも初めて  »

2013年10月 8日 (火)

もっと見晴らしのよい場所に出る 鷲田清一『おとなの背中』

 1dscn3308


 <思考の肺活量>を高める、鷲田清一の哲学エッセイ
というのが、オビの文句だが、実際にそうだろうー。
たまたま、書店の書架でばったりー。突然、獲物にあった
狩人のように手が自然に。題名もなかなかー「おとなの背中」。

 最初の「伝えること/応えること」は「まなび」をめぐる、いかにも鷲田清一らしい指摘がそこかしこに。その通りー。というところが、あの内田樹の引用というのも、面白い。2人は対談集も出しており、共鳴しあう思想の立場だ。

 例えば、以下の短いフレーズに全体の「雰囲気」が、うかがいしれるだろう。

 「内田樹さんがどこかで書いておられたと記憶するが、実在の、あるいは書物のなかの人との出会いをきっかけに、それまでより『もっと見晴らしのよい場所に出る』ということが、『まなび』の意味だと、わたしも思う」。

 ということで、「霧降文庫」も、「もっと見晴らしのよい場所に出る」、そのための場所なのだ。・・・で、あるのだがー・・・、なかなか出会いに訪れる人が多いとはいえない(笑い)。

« 6日(日)も正午~日没で開店します 懐かしい未来の「霧降文庫」 | トップページ | 初めての肉ジャガ料理 ついでににチャーハンも初めて  »

考えるヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと見晴らしのよい場所に出る 鷲田清一『おとなの背中』:

« 6日(日)も正午~日没で開店します 懐かしい未来の「霧降文庫」 | トップページ | 初めての肉ジャガ料理 ついでににチャーハンも初めて  »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30