無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« さぁ、さよなら原発の11・10へ 3000人の集会・でも・ぱれーどへ | トップページ | 秘密保護法は「軍事立法」なのだ 「信濃毎日」社説が鋭く批判 »

2013年11月12日 (火)

2200人が「原発いらない「!」 「さようなら原発!栃木アクション11・10」

Dscn9702


Dscn9691
 原発推進について、細川元首相は「犯罪的な行為だ」とー。さすが、日本新党代表~。私も以前から原発再稼働、というか、原発を動かすことは、未来に対する犯罪、それも重罪と言ってきた(「福島の事故をめぐって」の著者にして、元東大全共闘議長、山本義隆さんの論調に同感してー)。あと50年、100年、1000年、5万年、10万年後(放射能半減期が10万年もある)の「私の私たち」に対する、明確な犯罪だ。
 
 だから、倫理的な観点が必要になってくる(ドイツはその点から脱原発に踏み切っている)。自動車や飛行機、汽船や新幹線など列車の事故とは、まるで次元が異なる大きな事故となる(実際に起きてしまい、まだその可能性が、第二の福島事故の)ー。最も経済的と言っておきながら、最も高くついてしまった。コスト自体も引き合わない、安全でもない、クリーンでもない。もう「原発神話」は破綻、崩壊、崩れ去ってしまったのだ
 
 なのに、まだ、それ...にしがみつくのは、狂気の沙汰(も金次第」ーという筒井作品があったか?)。あとは原発でプルトニュウムを「生産」し、核がいつでもつくれる体制に。つまり、核の潜在的保持力という、「戦争屋」の理由が残る。実際、そうした考えの友人もいるので、その確信犯もいるのが、よくわかる。だが、その「火遊び」の危険なことー。あるいは、その非人道的なこと、それに思いをいたせば、とうてい核などに手をつけられないのだがー。
  


 その危うさについて、「さようなら原発!11・10栃木アクション」の壇上から、「1000万人署名呼びかけ人」であるルポライター、鎌田慧さんが強調していた、それが印象的だった(たまたま、その11・10の夜、その鎌田さと杯を酌み交わすことできた。私としては影響を受けた労働本「自動車絶望工場」の著者、鎌田さんなのだがー)

« さぁ、さよなら原発の11・10へ 3000人の集会・でも・ぱれーどへ | トップページ | 秘密保護法は「軍事立法」なのだ 「信濃毎日」社説が鋭く批判 »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« さぁ、さよなら原発の11・10へ 3000人の集会・でも・ぱれーどへ | トップページ | 秘密保護法は「軍事立法」なのだ 「信濃毎日」社説が鋭く批判 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30