無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« さまざまな強権にもかかわらず、『ドイツ帝国の興亡』に学ぶ | トップページ | 「未来に向かってゆく運動です」 鎌田慧さん挨拶(「栃木アクション11・10」) »

2013年12月14日 (土)

大いに刺激を受けました 佐藤・鎌倉対談集『はじめてのマルクス』

Dscn3713


対談集なら、軽く読めるーと、思ったら、大間違い~。マルクスの「資本論」「経済学批判」「経済学批判要綱」、労働力の商品化・・・(これらは若いうちから親しんでいるが)・・・・

 ところが、株式イデオロギー、宇野弘蔵経済学、滝沢克巳と黒田寛一、宇沢弘文と姫岡玲治、中原一と滝口弘人、大内力と降旗節雄、不破哲三と金日成・・・・・昔かじってはいるが、それから離れて何年も~。なので、ほとんど、「知恵熱」がー。

 いずれにしろ、「熱さまし」のために、本で取り上げられていた何冊かをさっそく注文したのだった。(「資本論研究」全5巻・筑摩書房が、古本市に出ていればいいのだがー)

【注文明細】
 1.経済原論/宇野弘蔵/岩波書店

 2.『資本論』と社会主義/宇野弘蔵/こぶし書房

 3.国家論の科学/鎌倉孝夫/時潮社

« さまざまな強権にもかかわらず、『ドイツ帝国の興亡』に学ぶ | トップページ | 「未来に向かってゆく運動です」 鎌田慧さん挨拶(「栃木アクション11・10」) »

考えるヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« さまざまな強権にもかかわらず、『ドイツ帝国の興亡』に学ぶ | トップページ | 「未来に向かってゆく運動です」 鎌田慧さん挨拶(「栃木アクション11・10」) »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30