無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「老人は荒野をめざす時代・・・・。「新老人の思想」(五木寛之) | トップページ | 今年最後のオープンは28,29両日 古書店「霧降文庫」、開店1周年ー。 »

2013年12月26日 (木)

どの人生も自分のものであってもおかしくない 小説『冬の旅』

41uaxwfrjul_ss400_


3日かけて読み終えたが、この脱力感は、はんぱではないー。

小野さんの長い「書評」のなかで、確かにそういう感覚がー。というのが、以下の2行だー。


「あり得ないと思えるほどの人生の転変、転落。なのに緒方やゆかり、そして周囲の人物たちの人生のどれかが自分のものであっても全然おかしくないと思えてくる。」
...
朝日新聞書評
[評者] 小野正嗣(作家・明治学院大学准教授) [掲載]2013年03月24日 
■転落する人生辿り問いかける 小説なんて所詮(しょせん)作り話の他人事(ひとごと)である。なのにそれが、漠然と誰もが感じている時代の空気を、どんな言葉よりリアルに感じさせる。だからいま我々は
もっと見る

« 「老人は荒野をめざす時代・・・・。「新老人の思想」(五木寛之) | トップページ | 今年最後のオープンは28,29両日 古書店「霧降文庫」、開店1周年ー。 »

考えるヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どの人生も自分のものであってもおかしくない 小説『冬の旅』:

« 「老人は荒野をめざす時代・・・・。「新老人の思想」(五木寛之) | トップページ | 今年最後のオープンは28,29両日 古書店「霧降文庫」、開店1周年ー。 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30