無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 楽しいデッキ補修へどうぞ、霧降高原「砂時計邸」で3日もー | トップページ | 他者からの支援なしには生きられない 内田樹「街場の共同体論」 »

2014年6月 5日 (木)

そうかー「異議ナシッ!」だったのか~ 『ふしぎなキリスト教』

 そうかー「異議ナシッ!」だったのか~。

 

大澤 祈りの最後に「アーメン」という言葉をつける場合が多いですね。これはどういう意味ですか? Dscn5003

橋爪 これはもともとユダヤ教のもので、キリスト教、イスラム教にも伝わっているけれど、「その通り、異議なし」という意味です。新左翼が集会で「~するゾー」「異議ナシッ!」ってやっているけれど、あれと同じです。

大澤 「アーメン」というのは、人の言うことを確認し、合意することで、いわば反復するような言葉なんですね。  

 

『ふしぎなキリスト教』(講談社現代新書)。面白いだろうことはわかっていたが、349頁もあるので、積読状態のままだった。このところ関心を寄せているユダヤ問題の流れから、ようやく読了したのですー。  

 

「キリスト教をつくった男パウロ」「利子の解禁」「なぜ偶像を崇拝してはいけないのか」などなど、面白い章がいくつも。 特にようやく納得ーというのが、古典中の古典であるマックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムと資本主義の精神』の、かんどころー。  カルヴァン派のもたらす生活態度が、意図せざる結果として、どうしてそれが資本主義の精神につながっていくのか?ー。

 

かなり以前に読んではいるが、そのときは、「どうし?資本主義の精神に?」、半可通ではあったー。それがこの本の対談から、ようやくうなづけることにー。新書にしては、とても盛り沢山だ。オビの中に「一年間、『宗教学概論』を聴くよりこの一冊だ」というのがあるが、確かにそう思える一冊ではありましたー

« 楽しいデッキ補修へどうぞ、霧降高原「砂時計邸」で3日もー | トップページ | 他者からの支援なしには生きられない 内田樹「街場の共同体論」 »

考えるヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 楽しいデッキ補修へどうぞ、霧降高原「砂時計邸」で3日もー | トップページ | 他者からの支援なしには生きられない 内田樹「街場の共同体論」 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30