無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« そうかー「異議ナシッ!」だったのか~ 『ふしぎなキリスト教』 | トップページ | 悪戦苦闘「1500通」の3日間~ メール送受信凍結であれこれ »

2014年6月 6日 (金)

他者からの支援なしには生きられない 内田樹「街場の共同体論」

 

 Dscn5014


ひょぃと寄った書店の正面棚にあったので、つい手に(店長さんたちの「店長」によると、今市店になかったのがわかり、きょう他店から移してきたのだという。斎藤健一郎記者の「5㌂生活」はなかった~)。そのまま近くの可否店で読み始めたのです。

 

 内田樹の「街場本」シリーズ?というのか、新聞の広告論で知っていたので、中身以前に「買い物籠」へ。(内田の「街場論」には、「文体論」とか「中国論」とか、さまざまに・・・)。今回はなんと、「共同体論」~。はて・・・、第一講が「父親の没落と母親の呪縛」。「?」だったのだが、どうしてどうしてー。

 

 やはり、そこは内田樹。第三講「消費社会と家族の解体」でも、以下のように。私たちが唱える「懐かしい未来」の背景となるある種の時代の情況を「分析」?した見方だ。「生き延びる可能性」を支える相互支援のネットワークの大事さなどに言及しつつだがー(第六講「コミュニケーション能力とは何か」も、知恵に)

 

(以下は第三講から)

「現代人はつい忘れがちですけれど、『他者からの支援なしには生きられない』ということは、人類史の90%においては『それが常態』だったのです。『ひとりでも生きられる』ということが言えるような社会は、近代以前には存在しなかったし、今もこれからも地上のごく例外的なエリアにしか存在しない

« そうかー「異議ナシッ!」だったのか~ 『ふしぎなキリスト教』 | トップページ | 悪戦苦闘「1500通」の3日間~ メール送受信凍結であれこれ »

考えるヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« そうかー「異議ナシッ!」だったのか~ 『ふしぎなキリスト教』 | トップページ | 悪戦苦闘「1500通」の3日間~ メール送受信凍結であれこれ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30