無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 甲状腺がん・A2-B-C   いずれ上映することになるだろうー  | トップページ | 図書室「懐かしい未来」  古書店「霧降文庫」、今月にも再開か? »

2014年6月29日 (日)

さらに非経済的も明らかに 「原発コストは火力より割高に」

 歴史的な記事になるだろうー。非倫理的、非社会的、非人間的ー。そのうえ、非経済的も加わった。これで再稼働ー。もう正常な判断ではなく、狂気の沙汰というべきだろうー。

(以下は朝日新聞記事、FACEBOOKから転載します)

原発コストは火力より割高に
 専門家が試算、発表へ
編集委員・小森敦司2014年6月27日
朝日
http://digital.asahi.com/articles/ASG6M4WMJG6MULZU00H.html?iref=comtop_6_01

運転を止めている全国の原子力発電所が2015年に再稼働し、稼働40年で廃炉にする場合、原発の発電コストは11・4円(1キロワット時あたり)となり、10円台の火力発電より割高となることが、専門家の分析でわかった。東京電力福島第一原発の事故対策費が膨らんでいるためだ。政府は原発を再稼働する方針だが、「コストが安い」という理屈は崩れつつある。

 電力会社の経営分析で著名な立命館大学の大島堅一教授と、賠償や除染の調査で知られる大阪市立大学の除本理史(よけもとまさふみ)教授が分析した。近く専門誌に発表する。

 両教授が、政府や東電などの最新資料を分析したところ、福島第一原発の事故対策費は約11兆1千億円に達した。政府が昨年12月に示した「11兆円超」という見積もりを裏付けた。

 発電コストは、発電所の建設費や燃料などの総額を総発電量で割って計算する。民主党政権がつくったコスト等検証委員会は11年12月、原発の発電コストを実態に近づけるため、実際にかかる事故対策費や政策経費も総額に加えることを決め、試算した。

 このときの事故対策費は約5兆8千億円とされ、原発の発電コストは8・9円と試算された。04年の経済産業省の試算は5・9円だった。大島教授が今回、この計算式に約11兆1千億円の対策費を当てはめたところ、9・4円になった。

 原発の再稼働手続きが進む実際の状況に近づけようと、停止中の原発のうち40年の「寿命」を迎える5基を除く43基が15年に再稼働し、40年で廃炉になる条件を加えたところ、11・4円になった。これだと、同委員会が出した石炭火力の10・3円、LNG(液化天然ガス)火力の10・9円と比べて、原発は割高となる。

 政府は4月に決めたエネルギー基本計画で原発を「重要なベースロード電源」として、再稼働の方針を明記。昼夜を問わず発電が安定していることや、コストが安いことなどを理由に挙げていた。

 事故対策費の一部は、電力各社が電気料金の値上げ時に料金の原価に加えており、電気利用者の負担増につながっている。(編集委員・小森敦司

« 甲状腺がん・A2-B-C   いずれ上映することになるだろうー  | トップページ | 図書室「懐かしい未来」  古書店「霧降文庫」、今月にも再開か? »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらに非経済的も明らかに 「原発コストは火力より割高に」:

« 甲状腺がん・A2-B-C   いずれ上映することになるだろうー  | トップページ | 図書室「懐かしい未来」  古書店「霧降文庫」、今月にも再開か? »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30