無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 恐る恐るの野菜天ぷらだったが  意外と簡単にできました~・ | トップページ | 創刊40周年記念号、さぁ、制作へ 社会派同人誌『序説』ー »

2014年7月24日 (木)

必見ー幻の映画「鉱毒悲歌」  26日宇都宮「ララカフェ」で

これだけはどうしても観たいのでー。ひにちがあと、2日と迫ってきたので、緊急にBLOGにあげることにしましたー。上映会場で会いましょう~。

ドキュメンタリー映画「鉱毒悲歌」の上映会は、7月26日(土)、午後3時半と6時半の2回、宇都宮市下荒針町のララカフェで(クリックで、「ララカフェ」の地図が示されます)

http://www.tochinavi.net/spot/map/index_print.shtml?id=11017&latitude=36.5643131&longitude=139.8384208&scale=15

P

東京新聞記事 7月22日、全国版社会面トップ記事)

 

約四十年前に若者有志が足尾鉱毒事件をテーマに製作を始め、資金難から編集段階でお蔵入りとなった映画が先月に完成した。事件で廃村に追い込まれた谷中(やなか)村(現栃木県栃木市)に焦点を当てた「鉱毒悲歌(こうどくひか)」。当時の惨状を語る肉声など貴重な映像を多く収めた上、原発にも「最大の公害」と警鐘を鳴らす。 (神田要一)  

 

一九七〇年代半ば、事件に関心を持った栃木県の公務員や宇都宮大生ら若者約三十人が「谷中村強制破壊を考える会」を結成した。同県出身の作家、故立松和平さんもメンバーだった。その後、村民が健在なうちに証言を後世に伝えようと、費用を自力で賄いながら映画会社スタッフの協力も得て映画づくりを始めた。

 

 当時まだ稼働していた足尾銅山の精錬所から黒煙が上がる光景や、煙害で壊滅した地域を丁寧に撮影した。廃村後に村民の一部が移り住んだ北海道にも二度足を運び、移住者の複雑な胸の内を聴き取った。

 

事件告発に半生をささげた田中正造に常に寄り添った男性にもインタビューした。  16ミリフィルムで五年間で約十二時間の映像を撮りためた。八三年には約二時間四十分に編集した。しかし費用が続かず、未完のまま製作断念に追い込まれた。

 

  正造の没後百年で事件に注目が集まった昨年、メンバーの一人だった前民主党参院議員の谷博之さん(71)=宇都宮市=が「この映画をもう一度、世に問いたい」と一念発起した。  当時の仲間の多くは死去するなど連絡が取れないため、知人の協力を得て新たに映画製作委員会を立ち上げ、作業を再開した。

 

製作中止から三十年余りが経過した今年六月、一時間四十三分のモノクロ作品としてまとめた。  映画の締めくくりでは、こんなナレーションが流れる。「人間に対する最大の公害は、核分裂による被害」「国家の安全保障といい、国益のためとして、原子力開発は国家の名の下に行われているのである」 

 

 八三年の編集段階で吹き込まれていた。経緯は不明だが、当時、各地で原発の建設が進んでおり、製作当時の懸念がうかがえる。

 

ブログランキング

人気ブログランキングへ
いいね!ーと、思ったら 

« 恐る恐るの野菜天ぷらだったが  意外と簡単にできました~・ | トップページ | 創刊40周年記念号、さぁ、制作へ 社会派同人誌『序説』ー »

懐かしい未来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 必見ー幻の映画「鉱毒悲歌」  26日宇都宮「ララカフェ」で:

« 恐る恐るの野菜天ぷらだったが  意外と簡単にできました~・ | トップページ | 創刊40周年記念号、さぁ、制作へ 社会派同人誌『序説』ー »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30