無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 遠方から「御礼手紙」が次々と 「序説第21号」(創刊40周年号)発刊で | トップページ | 「どど~ん」」と日光で震度5弱ー 我が家では本棚から本が2冊落下 »

2014年9月 3日 (水)

「熱狂なきファシズム」に抵抗するために  私ならこんな人たちで企画したい

  1. 約40冊を眺めたら、私が読んでいるのは、半分の約20冊でした。私なら、別の40冊を展示するかもしれない。辻信一、中沢新一、田中優子、鷲田清一、池澤夏樹、大江健三郎、加藤典洋、澤地久枝、的場昭弘、鎌田慧、山口二郎、辺見庸、坂野潤治、半藤一利、杉田敦、渡辺京二、保阪正康、鶴見俊輔、赤坂憲雄、吉本隆明・・・などなど

(以下はFACEBOOKからの転載です)

  1. 書店「リブロ」で「熱狂なきファシズム」へ抵抗(レジスト)するために」がスタートしました。拙著『熱狂なきファシズム ニッポンの無関心を観察する』(河出書房新社)と併読するのにおススメの本を約40冊選び、それぞれの本に短くコメントさせていただきました。コメントはリーフレットにまとめられ、無料で配布されています。ぜひ書店へお出掛け下さい。以下は企画趣旨。

    ーーー

    「熱狂なきファシズム」は、人々の無関心と「否認」の中、みんなに気づかれないうちに、低温火傷のごとくじわじわと静かに進...行する。その流れに棹を差し抵抗できるのは、主体的で自律的で能動的な「個人」である。この選書フェアでは、拙著と併せて読んでいただくとよいのではないか」と感じる本を、独断と偏見で、思いつくままに列挙させていただいた。どの本も、私たちの主体性と自律性と能動性を起動したり、強化したりする手助けになると信じる。

    選ばせていただいた本:

    「怒らないこと」(アルボムッレ・スマナサーラ)
    「欲ばらないこと」(アルボムッレ・スマナサーラ)
    「バカの理由」(アルボムッレ・スマナサーラ)
    「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」(加藤陽子)
    「草の根のファシズム 日本民衆の戦争体験」(吉見義明)
    「1945年のクリスマス」(ベアテ・シロタ・ゴードン)
    「憲法 第五版」(芦部信喜)
    「憲法を守るのは誰か」(青井未帆)
    「秘密保護法 何が問題か――検証と批判」(海渡雄一ほか)
    「原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史」(有馬哲夫)
    「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」(今野晴貴)
    「不愉快な現実 中国の大国化、米国の戦略転換」(孫崎享)
    「街場の憂国会議 日本はこれからどうなるのか」(内田樹ほか)
    「来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題」(國分功一郎)
    「「リベラル保守」宣言」(中島岳志)
    「ヒーローを待っていても世界は変わらない」(湯浅誠)
    「木を植えた男」(ジャン ジオノ (著), フレデリック バック (イラスト))
    「医者 井戸を掘る―アフガン旱魃との闘い 」(中村哲)
    「反貧困 半生の記」(宇都宮健児)
    「「ひと」として大切なこと」(渡辺和子)
    「ロックで独立する方法」(忌野清志郎)
    「消費をやめる 銭湯経済のすすめ」(平川克美)
    「里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く」(藻谷浩介、NHK広島取材班)
    「下流志向」(内田樹)
    「不正選挙」(マーク・クリスピン・ミラー)
    「1984年」(ジョージ・オーウェル)
    「動物農場」(ジョージ・オーウェル)
    「大衆の反逆」(オルテガ・イ・ガセット)
    「自由からの逃走」(エーリッヒ・フロム)
    「ドキュメンタリー映画の地平」(佐藤真)
    「全貌フレデリック・ワイズマン」(土本典昭、 鈴木一誌)
    「観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88」(鉄人社)
    「「A」撮影日誌」(森達也)
    「思考の整理学」(外山滋比古)
    「ネコを撮る」(岩合光昭)
    「平田オリザの仕事1 現代口語演劇のために」(平田オリザ)
    「芸術立国論」(平田オリザ)
    「雲は答えなかった 高級官僚 その生と死」(是枝裕和)
    「うらおもて人生録」(色川武大)
    もっと見る
  2. 写真: 書店「リブロ」で「熱狂なきファシズム」へ抵抗(レジスト)するために」がスタートしました。拙著『熱狂なきファシズム ニッポンの無関心を観察する』(河出書房新社)と併読するのにおススメの本を約40冊選び、それぞれの本に短くコメントさせていただきました。コメントはリーフレットにまとめられ、無料で配布されています。ぜひ書店へお出掛け下さい。以下は企画趣旨。

ーーー

「熱狂なきファシズム」は、人々の無関心と「否認」の中、みんなに気づかれないうちに、低温火傷のごとくじわじわと静かに進行する。その流れに棹を差し抵抗できるのは、主体的で自律的で能動的な「個人」である。この選書フェアでは、拙著と併せて読んでいただくとよいのではないか」と感じる本を、独断と偏見で、思いつくままに列挙させていただいた。どの本も、私たちの主体性と自律性と能動性を起動したり、強化したりする手助けになると信じる。

選ばせていただいた本:

「怒らないこと」(アルボムッレ・スマナサーラ)
「欲ばらないこと」(アルボムッレ・スマナサーラ)
「バカの理由」(アルボムッレ・スマナサーラ)
「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」(加藤陽子)
「草の根のファシズム 日本民衆の戦争体験」(吉見義明)
「1945年のクリスマス」(ベアテ・シロタ・ゴードン)
「憲法 第五版」(芦部信喜)
「憲法を守るのは誰か」(青井未帆)
「秘密保護法 何が問題か――検証と批判」(海渡雄一ほか)
「原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史」(有馬哲夫)
「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」(今野晴貴)
「不愉快な現実 中国の大国化、米国の戦略転換」(孫崎享)
「街場の憂国会議 日本はこれからどうなるのか」(内田樹ほか)
「来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題」(國分功一郎)
「「リベラル保守」宣言」(中島岳志)
「ヒーローを待っていても世界は変わらない」(湯浅誠)
「木を植えた男」(ジャン ジオノ (著), フレデリック バック (イラスト))
「医者 井戸を掘る―アフガン旱魃との闘い 」(中村哲)
「反貧困 半生の記」(宇都宮健児)
「「ひと」として大切なこと」(渡辺和子)
「ロックで独立する方法」(忌野清志郎)
「消費をやめる 銭湯経済のすすめ」(平川克美)
「里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く」(藻谷浩介、NHK広島取材班)
「下流志向」(内田樹)
「不正選挙」(マーク・クリスピン・ミラー)
「1984年」(ジョージ・オーウェル)
「動物農場」(ジョージ・オーウェル)
「大衆の反逆」(オルテガ・イ・ガセット)
「自由からの逃走」(エーリッヒ・フロム)
「ドキュメンタリー映画の地平」(佐藤真)
「全貌フレデリック・ワイズマン」(土本典昭、 鈴木一誌)
「観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88」(鉄人社)
「「A」撮影日誌」(森達也)
「思考の整理学」(外山滋比古)
「ネコを撮る」(岩合光昭)
「平田オリザの仕事1 現代口語演劇のために」(平田オリザ)
「芸術立国論」(平田オリザ)
「雲は答えなかった 高級官僚 その生と死」(是枝裕和)
「うらおもて人生録」(色川武大)
  1. ブログランキング

    人気ブログランキングへ
    いいね!ーと、思ったら   

« 遠方から「御礼手紙」が次々と 「序説第21号」(創刊40周年号)発刊で | トップページ | 「どど~ん」」と日光で震度5弱ー 我が家では本棚から本が2冊落下 »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/57261057

この記事へのトラックバック一覧です: 「熱狂なきファシズム」に抵抗するために  私ならこんな人たちで企画したい:

« 遠方から「御礼手紙」が次々と 「序説第21号」(創刊40周年号)発刊で | トップページ | 「どど~ん」」と日光で震度5弱ー 我が家では本棚から本が2冊落下 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30