無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

「魂の『潜水法』」(厳選100冊)  11月の企画テーマ「霧降文庫」

1dscn3678


「霧降文庫」の11月の企画テーマはこれです。「魂の『潜水法』」

あっ!、「厳選100冊」を書き加えるのを忘れていたー。

11月2日(日)、3日(月、文化の日)から~。日と月の11時~17時

「読書週間」真っ最中ですぞ~・・・~(笑い)

Photo_2

〒321-1421

栃木県日光市所野1541-2546

0288-25-3348

Photo

ネットから 公益社団法人 読書推進運動協議会 (「読書週間」の歴史)  

終戦まもない1947年(昭和22)年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、11月17日から、第1回『読書週間』が開催されました。 そのときの反響はすばらしく、翌年の第2回からは期間も10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。  そして『読書週間』は、日本の国民的行事として定着し、日本は世界有数の「本を読む国民の国」になりました。  いま、電子メディアの発達によって、世界の情報伝達の流れは、大きく変容しようとしています。しかし、その使い手が人間であるかぎり、その本体の人間性を育て、かたちづくるのに、「本」が重要な役割を果たすことはかわりありません。 暮らしのスタイルに、人生設計のなかに、新しい感覚での「本とのつきあい方」をとりいれていきませんか。  『読書週間』が始まる10月27日が、「文字・活字文化の日」に制定されました。よりいっそうの盛りあがりを、期待いたします。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月30日 (木)

ナショナリズムに弱者救済の顔も  ヒトラーの経済政策と党綱領

1dscn3666ひと

 「党綱領を眺めてみると、ナチスのテーマは『弱者救済』と『ナショナリズム』だったことがわかる。虐げられた国、貧困にあえぐ国では、決まって生じてくる思想でもある。これにドイツ人の合理性が加わることで、『ナチスの思想』が出来上がったといえるだろう。そしてこの党綱領の中には、当時のドイツ人が何に憤慨し、何を求めていたのかが表現されているといえる」

 
 たまたま古本屋で買い求めた『ヒトラーの経済政策 -世界恐慌からの奇跡的な復興 』(武田知弘 祥伝社新書)。初刷は2009年4月。私が手にしたのは、2011年3月の第六刷。もう5年になるが、歴史の分析でもあり、少しも古くなっていない。というか、ナチスについては『第三帝国の興亡』や『ワイマール共和国』などで、興亡や政治はそれなりに承知してはいるが、経済政策は、いわば「盲点」だった。それだけに興味津々で読むことができた。

 

 関心を寄せたのはナチスの経済政策を引っ張った「シャハト」についての記述だ。本来ならこの本は『シャハトの経済政策』としなけれなならないところである、と著者が述べているように、そこにかなりのページを割いている。ナチスの初期の経済政策を成功に導いた財政家、ドイツ帝国銀行総裁のヒャルマール・シャハトのさまざまな経済的な手法についての言及だ。

 私たちもよく知るアウトバーンー。それらに「多額の公共事業費を捻出し、インフレが起きないように巧みに通貨を調節し、ブロック経済で封鎖された世界経済に風穴を開けた新しい貿易システムを構築するなど、彼の功績を挙げれば枚挙にいとまがない」という。しかし、シャハトはナチス政権半ばにヒトラーにうとんじられて辞めてしまう。だから、この本では「準主役」としての位置づけだ。

 ここでは、シャハトがナチス政権以前にとった土地を担保に発行され、超インフレを収めた「レンテンマルク債」やナチス政権で導入した労働力を担保にした「労働債」などによる経済政策を挙げるにとどめる。いかにシャハトが「役者」であったかー。1931年、ナチス政権の可能性が高まったとき、アメリカのジャーナリスト、ドロシー・トンプソンとのやりとりでわかろうというものだ。本書では、こう紹介されている。

 トンプソン 「ナチス政権でもドイツ経済を繰ることができるか」

 

 シャハト 「当然だ。ナチスに統治はできない。私がナチスを使って統治する」

 

 初期のナチスで重要な役割を果たしたシャハトは戦後はどういう立場に?。と思っていいたら、その簡単な記述があった。彼は1944年にヒトラー暗殺グループに関与したとして、ゲシュタポに逮捕され、軟禁状態のまま戦後を迎えたという。それが幸いし、戦後は「労働奉仕8年の刑」で済み、1948年9月まで服役。釈放後はデュッセルドルフ銀行に入り、インドネシア、エジプトなど発展途上国の経済・財政に関するアドバイサーになったというのだ。

 書評的に書こうとする短いこの文章では、私もさらにシャハト、というか、ナチスの経済政策を知ってから再び、彼について、語ることにしたい。ここでは、冒頭に挙げた「ナチスの思想」、その元になる党綱領について、その特徴に注目したい。意外とナチスの党綱領について、私たちは無頓着だったように思う。25カ条ある。

 そのうち、いかにもナチス的だと思われるのは、1、2、3、4,5、6と23だ。

1  すべてのドイツ人が結束する

2 ベルサイユ条約の廃止

3 ドイツ人を扶養できるだけの土地(植民地)を要求する

4 血統的にドイツ民族の血をひくものだけが、ドイツ国民になるうる

5 ユダヤ人などドイツ国民でない者は、外国人法の適用を受けねばならない

6 国民の権利は、ドイツ国民のみが有する。公職から外国人を締め出し腐敗した議会を糺す

23 非ドイツ人のマスコミ活動の禁止 公共を害する報道の規制

 この一方で、ナチスは社会主義的で弱い者の味方であるという綱領もきちんと入れていた。暴力だけではなく、この時代のドイツ人からそれなりの支持、それも最後は第一党になる(最後まで過半数まで届かったのだがー)背景もわかろうというものだ。11、13、14、15、18,20、21の各条だ。それを示して、タイムアップ的に、ひとまず、「撤退」しよう。

11 不労所得の撤廃、寄生地主の打倒

13 トラスト企業の国有化 

14 大企業の利益の国民への分配

15 老人社会保障制度の大幅な強化

18 高利貸し、闇商人の追放

20 無償の高等教育制度の制定

21 母子の保護、少年労働の禁止、体操とスポーツを義務として法的に定める

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

 

 

2014年10月29日 (水)

「3・11以後」の詩の講演へ  栃木県現代詩人会で

 

1dscn3662001


 黒川純(富岡洋一郎のペンネーム)は、詩人をきちんとやりますー。『栃木県現代詩人会』(会員約70人、とか)から詩についての講演を依頼され、12月7日の「研究会」(宇都宮)で、やることにしました。

 創刊40周年記念号『序説第21号』(私が事務局)の黒川の詩「『懐かしい未来』の方へ」を読んだ同詩人会理事のひとりが推薦したのがきっかけ。いったんは(忙しいことなどもあり)断ったのですが、〈この機会に詩を通した3・11を視つめる機会になるのでは?〉、そう思い直していたところ、本日、依頼状が届いたので、考えつつ、承諾することに。

 仮題は「『3・11以後』の詩を問う」。かなり大げさな題ですが、三陸ボランティアも含めて、「3・11以前と3・11以後の詩のありかたは変わるべきだし、変わらねば」と、思い、話し、試作してきたので(成功したかどうかは別にして)。県内の詩人たちに向かって講演するといったことは、おこがましいが、私が「学ぶ」機会にもなると思うので、蛮勇を。

 新聞記者時代にカルチャーセンターなどで「犯罪・事件報道」や「「街づくり」「職業への向かい方」などをテーマに講演したことは何度かあるが、詩についてはほとんどないので(東北に出向いて「3・11東日本大震災詩」のパネリストをやってはいるのだがー)、しっかりした視点からのレジュメつくりがこれから待っている(また、仕事をつくってしまった~苦笑い~)。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月28日 (火)

本日発売本に「霧降文庫」も!  「本屋はおもしろい!!」

1850701dscn3657




 全国80の書店+αをテンコ盛りした「本屋はおもしろい!!」(洋泉社 本体1200円)が28日、発売された。これは予告通り。内容も面白さもさることながら、とりあえず、この本に日光の高原で静かに開いている我が「霧降文庫」も紹介されていること、それを伝えないとー。

1dscn3659


1dscn3658
 

 「週末開店 別荘地の名店」のコーナーで。各地の別荘地の古書店が登場するのかと思っていたら、群馬と静岡と栃木の3店のみ。ほんとうはたくさんあるのだろうが、ともあれ、この3店が。それにしても「全国ディープインパクト古書店30」とは。そのままなら深い衝撃の、あるいは大きな驚きのお店たち。なんとも、名誉なことです
1dscn3660
 

この本は中身が濃いので、いずれ、他の古書店などもこのBLOGで紹介したい。本日は、小さな古書店、それも毎週1日か2日か、それぐらいの営業である「霧降文庫」が「個性派書店」として全国に紹介されていることを。かなりこだわりのある古書ファンの何人かは、この本を読んで訪ねてくれるだろうー。それを少し期待してもおります(笑い)。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月27日 (月)

霧降高原の紅葉が見事  我が家のごく近所が見頃

1dscn3599
 とにかく見事ー。紅葉のその色ぐあい。この紅葉は奥日光ではなく、霧降高原。それも我が家から20メートル先。1軒隣のご近所の庭先、というか、道路際で。思わず、見上げてしまった。

1dscn3600


 もとはこれ。1本。数日前からきれいだねーなどと思っていたが、こんなに見事とは。ということで、27日(月)に撮った写真を紹介することに。これをfacebookに載せたところ、「ともだち」が「見事」だと言って、TWITTERに転載してくれました。

1dscn3595

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月26日 (日)

千客万来の日曜日でした  「霧降ミニマルシェ」に20人以上

 「霧降文庫」の26日(日曜日)は、やわらかな本がいっぱいの「風花野文庫」と農業青年が経営する「ニコニコふぁーむ」のコラボ。朝から夕までつ次から次とお客さんが。それこそ千客万来でした。

 初めての試みでしたが、いわゆる「大成功」というやつです。その様子を「連写」?で、ご紹介します。相乗効果というのは、こういうイベントをいうのだろう~。

 「にこにこファーム」さんももう一度やってもいいなというふうでしたし、「風花野文庫」さんとは、「春にもう一度やろう~」ということで、一致しました。ということで、こんな楽しい機会を再びと思っています。

1dscn3576

1dscn3547


1dscn3565

1dscn3545

1dscn3529

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月25日 (土)

26日(日)は「ミニマルシェ」です  「霧降文庫」「風花野文庫」「ニコニコファーム」


Photo
 「三人寄れば文殊の知恵―?、26日(日)「霧降文庫」(日光)「風花野文庫」(宇都宮)の二つの古書店と新鋭の農家「ニコニコファーム」(今市)の文と農が初めての「こらぼ」!。それが実現します。もっとも「ニコニコ」は忙しいので?2時間ほどと言っておりましたが(確か、サツマイモを売りたいと)。
Photo_2
 この手の合同の、ミニマルシェはやってみたかったことのひとつ。ベランダは40畳あるので、数店は展開できる。できれば、これに演奏会でも加わるとさらに。詩の朗読会もね。ともあれ、今回は初めてのコラボ。「ともだち」がいくつもの味を楽しむというのが狙い。私もね。
Photo_3

 開店は午前11時。閉店は午後5時。日光市所野1541-2546 ☎0288-25-3348 メールqk3y-tmok@asahi-net.or.jp  日光駅から約3・5キロ。車だと約7分。ペンション「ポコ・ア・ポコ」の裏手です。薪を保管しているブルーシートが目印です。道がわからず、たいていが迷うので、その際はお気軽に☎をしてくさい。

Photo_4

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月24日 (金)

27日の月曜日も初めてオープン 霧降高原の「霧降文庫」

 

Dscn2029


あっ、「お知らせ」するのを忘れていたー。!。「霧降文庫」の今週は26日(日)と27日(月)と2日連続でオープンしたしますー。

月曜日に開くのは初めて。というのも、「行きたいのだけど、日曜日は仕事で行けない。ぜひ月曜日に開いてー」。という強い要望があったため。それなら実験的に平日の月曜日も。

ということで、27日(月)も開店していますので、なにぶん?よろしくとー(BLOGにも早く載せることにしましょうー)

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月23日 (木)

さようなら原発!3000人集会へ 11月16日(日)宇都宮城址公園

1
 今年の11月16日(日)は、脱原発社会を県都・宇都宮中心部で声を大にして訴える「さよなら原発!栃木アクション11・16」の3000人集会・でも・ぱれーどへ。参加してみませんか?

 当日は11時45分からプレコンサート。集会は13時開始。 13時45分宇都宮市内中心部へでも・ぱれーど。会場は宇都宮城址公園。風船500個も用意しています。なごやかでも、きちんとした脱原発の主張を沿道に強く訴えて歩きます。

 たぶん北関東では最大規模の脱原発をアピールする「イベント」になることでしょう。それも超党派の実行委員会が企画しています。今年で3回目になります。 

 参加者は第一回目が2500人、第二回は小雨模様にもかかわらず、2200人が参加しました。それでも最後のグループが会場を出るのに40分前後もかかっていました。 

 第3回の今回は、茨城、群馬、埼玉など広く関東地方にも呼び掛けています。目標の3000人を達成し、脱原発の集会とでも・ぱれ~どを、ぜひ成功させたいなと。あなたもぜひ参加を。 

 私は市民団体「さよなら原発!日光の会」の代表として、この実行委員会の幹事も務めています。ですから、FACEBOOKでも、TWITTERでも、このBLOGでも強く呼びかけます。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月22日 (水)

ゆったりした時間が欲しい 我が校の10・18同窓会

1dscn3440


 10・18尾島中学校同窓会について、ともかく、受付、つづいて記念撮影、司会あいさつ、校歌斉唱、死者黙とう、幹事長あいさつ、劇団上演御礼あいさつ、同窓生の八木節、フラダンス、尺八演奏、クラス対抗ゲームと成績表発表、ビンゴゲーム、賞品、カラオケ、次回幹事紹介、次回幹事長あいさつ・・・ともかく次々と「企画」が続き、時が経つのを忘れるぐらい。時間の隙間がないという印象の同窓会だった。

 

一次会は午後2時から、二次会が終わったのが午後7時。計5時間もそれ。その面では幹事団のやる気が伝わり、司会のJ君の話芸もなごやかで雰囲気を盛り上げることに長けていた。次々と登場する企画をうまく進行させていたこともあり、確かに「楽しい」同窓会ではあった。ではあったの だが、終わってみれば、全体的には「楽しい」だけだったような気がする。1dscn3423

公式の同窓会の中で何か印象に残ったのは劇団女優のFさんが3年ほど前に(脳出血だったか)倒れて、かなり身体不自由の中で、これまでの同窓会の支援に対し、御礼挨拶を涙ながらに気丈に行っていたこと。それに私は途中、しばしばA組のテーブルから離れ、別のクラスの親しい何人かと、さまざまに「ほんと?、そんなことがあったの~。今だから話せる尾中秘話」なども聴くなどしていたので、それはそれで「収穫」?もあったのだがー。

 

   とはいえ、同窓会は単に楽しい時を過ごすというより、お互いにそれ相応の年齢となったさまざまな立場の仲間同士で話し合う機会でもあるはず。お互いの「知恵」を交換するといったぐらいの時間が欲しい。だが、檀上では常に「企画」が行われており、話し声も聞こえないほどの「音楽」が続いていた。もっと静かな、というか、ゆったりした同窓会であったほうが歓迎されると思う。企画した幹事団の苦労はわかっているのだが、65歳同士の同窓会でそこまで「盛り上げる」必要はないと思う。 1dscn3451

 それに3年に一度というのに、300人近い同窓生のうち、出席者は68人。3割にも満たない。一クラスは10人強ほど。その中で、受付はA組からF組まで。もともと小学校1年生から中学校3年生まで9年間一緒だった同窓生。大半が一度は一緒のクラスになったはず。もう中学校3年生のクラスだけに絞ったやりかた(クラスごとの丸テーブル配置、二次会も同様だった)は、参加者が激減していたここらで「卒業」したほうがいいのではないか。

 

1dscn3454

  ということで、3年後の同窓会では以下のような「改善点」が求められる

 

  (1) 「企画」をもっと少なくして、懐かしい友、気になっていた友など、それぞれが話し合える「静寂」の時間を意識的に設けることが必要だろう。隙間なく「企画」を進めた今回のやり方は改めたほうがいいと思う。

 

  (2) その話し合う時間のための[BGM]をかなり厳選して流すといい。群馬、尾島に関する音楽とか、中学校の「音楽の時間」で聴いたもの、たとえば「交響曲第六番 田園」(ベートーベン)とか(私が最初に授業で最初に聴いたクラシックがこれだったので、特に印象深い)幹事団のそれぞれも思い出の曲がありそうだ。

 

  (3) 「企画」も八木節を延々とやるような演出ではなく、短い時間で印象に残る「企画」を考える。例えばー。プロジェクターで「昔の尾島」「今の尾島」を上映するとか。5分でいいと思う。ほかにも映像で記憶・思い出を共有する時間にすることができるはずだ。それで話に花が咲くというものだ。

1dscn3419

 (4) 配られた名簿は参加者のみだが、女性は旧姓がなく、ほとんど名前だけではわからなかった。私などは「つくい」「むらた」とか、旧姓でしか、女子たちの名前は覚えていないので。欠席者の名簿もあったほうがいいかどうか?。このあたりは考えてからかな?

 

  (5) 冒頭に「黙とう」があったが、だれが亡くなっているのか、その名前は読み上げられず、その資料も会場で手渡していない。この3年前、あるいはこの3年間でだれか逝去しているのか、いずれも「順番」なので、それを伝えるべきだろう。つまり「死」から目をそらしてはいけない。みんなそんな年齢になっているのだから。

 

  (6) テーブルなどは各クラス分けではなく、A組とB組を一緒にするとか、あるいはそれを半分に分けるとか。二次会は順番にくじを引き、その席に着く。だれが一緒か、クジを引かないとわからないようにする。席の着かせ方はけっこう大事だ。いずれもこれまでテーブルだが、大広間の畳の上でやる同窓会も考えていい。

 

  (7) 連帯や信頼、親近感を示すなら全員が輪になって「アー」と声をだし、それを繰り返しつないでゆく。キァンプふぁぃやーの要領だ。そういえば、新しい「企画」を思いついた。あの 「フォークダンス」をみんなで。「マイムマイム」など。中学生のとき、恥かしがりながらやっていたが、今ならずうずうしく、楽しみながら、やることができるだろう。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月21日 (火)

「しないこと」リストのすすめ 辻信一さんの「人生を豊かにする引き算の発想」

 

 1dscn3496


つい最近発刊された(初版9月1日、2版9月21日)文化人類学者・辻信一さんの新書「『しないこと』リストのすすめー人生を豊かにする引き算の発想ー」(ポプラ新書)。

  もともとは単行本『スローライフのために「しないこと」』から。それを新書用に書き直したのだという。 「スローライフ」の第一人者である辻さんであるだけに、わかりやすく「しないことリスト」に至るまでの時代情況を描いてみせるが、以前から「ナマケモノ教授のぶらぶら人類学」などに親しんでいるので、論旨はすっきりと胸に。  

 あたりまえで当然だと思われる「しないことリスト」が列記されているが、その項目よりもそれを解説する構えに共感を覚える。「自称・ナマケモノ教授」の辻さんが日常的に行っているそれらを老子なども引きながら、この世界の魅力を語る姿勢は貴重だ。 ...

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月20日 (月)

脱原発本3冊を新たに追加 「霧降文庫」の図書室で

 1dscn3491


「霧降文庫」の図書室に脱原発本3冊を追加しました。「脱原子力政策大綱」(原子力市民委員会)など。「原発とプルトニウム」もね。それに「熊取六人衆の脱原発」も。それにしても脱原発本はまだまだ発刊が続いている。

 

 図書室の蔵書は約2000冊。そのうち、脱原発本500冊、詩集500冊があります。福島県の公立図書館のようなわけにはいかないが、私立図書室で脱原発本が500冊あるのは、栃木県のこの「霧降文庫」が最大級ではないか?と、思っているのだが、どうだろうかー。

 

 「霧降文庫」図書室では、無料貸し出しをしています。ただいま原発関連本を中心に150冊超が貸し出されていますー。貸出期間は半月(市内)「~1カ月(市外)。小学校の「貸出ノート」で(今は小学校でも、かなりデジタル化されているだろうなー)。大半の人は期日までに返しておりますが、半年も借りている人もいます(早く返してねー~)

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月16日 (木)

第二期デッキ工事終了  春から計52本の修理でした~

1dscn3382
 春から進めていたデッキ工事がようやく終了した。長い時間がかかるのも、デッキそのものが広いため。家の左側に27畳、右側に13畳の計40畳もあるためだ。それも4年、3年と過ぎている。

1dscn3372
 インパクトとバールを使い、一本抜いては、また一本と。意外と時間がかかるのです。ねじは65ミリを使っています。

1dscn3377


1dscn3379

 デッキの傷んだところと、直したところ。いわゆる「使用前」と「使用後」。その典型としての写真をアップしてみましょう。

1dscn3373

 単なるデッキ工事だが、さまざまな用具を使うことがわかる。使った板材は春に30本、今回は22本。以下に工事に使った「用具類」をあげておきます。

 
①板材はもちろんだが②防腐剤と③刷毛と④バケツ、それから⑤インパクト(インパクトも本体と先端部分のパーツに)と⑥ねじ受け、⑦バール、⑧ノミ、⑨曲尺⑩ボールペン、⑪ノコギり⑫丸ノコと⑬電気コード、⑭インパクト充電器(30分で充電)、⑮ハンマー・・・と、思い浮かべるだけでも15種。これらがあちこちのベランダは「おもちゃ箱をひっくりかえした」ようでしたー

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月15日 (水)

秋深し、霧降高原 我が家周辺も秋色模様に

1dscn3305
 「ばさばさ」という音が聞えたので、見上げるとー。土鳩か?、我が家の庭樹でゆったりと。そういえば、我が家の周辺も秋色模様になっていた。写真を撮りながら、改めて気づかされたのでした。

1dscn3307

 我が家の周辺は紅葉の名所ではないが、見渡すと、いやはや、春や初夏、盛夏の色と違い、なんとなく落ち着いた色が交じり合っている。「そういえば、秋も深まってきたのだね」。一人、そう思いながら、辺りを眺める時間もありました。

1dscn3310

 私の場合、それほど「風流」でもないので(笑い)、風景を撮るというようなことは、あまりしないほう。それが、きょうは樹木の色合いが好ましいので、ついつい、何枚か。珍しく、BLOGにアップすることにしました。日光の紅葉はふだんの年よりも早くやってきており、今週末から本番になりそうな気配だー。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月14日 (火)

台風一過、青空と自然に・・・  鹿と野鳥とススキ~

1dscn3257
 台風一過、霧降地域の被害はないかどうか?。午前9時過ぎだが(これでは遅いー)、愛車パジェロミニで地域を見て回ると(霧降自治会の防災部長なので)、突然、鹿の親子が。カメラを向けると、「?」という警戒の顔も。

1dscn3267


 地域に特別な被害もなく、30分ほどで自宅に戻って、さて可否でも。と思っていたら、庭先でなにやらばたばた。野鳥が木を盛んにつついている。それならかめらを。数枚撮っているうちにさっと姿を消していた。何という野鳥なのだろうかー。

1dscn3264

 それにしても台風が去ったあとの空のさわやかなこと。やや雲がかかっていたが、すっきりした青空。大谷川沿いを走って休憩すると、そこにもうススキが。もうでもないか~。秋深しを思わせる光景がそこに。定番ではあるが(笑い)、ススキと青空と山並みをー。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月13日 (月)

沈黙を破るに反響続々 山本義隆・東大全共闘議長

東大全共闘議長、山本義隆が沈黙を破るにこんな大反響が。FACEBOOKでのやりとも「公開:いたします(もっとも、私の相手はそれぞれ名前の一字だけですがー)

40年余、黙して語らずだった、東大全共闘議長、山本義隆さんがついに口を開く。きょう13日の東京新聞特報面。それも羽田闘争で命を落とした山崎博昭さんの碑を建てるプロジェクトのイベントで講演したという。山本さんは(彼は1941年生まれ、もう70代に入ったのだね)その発起人のひとりだという。

印象に残った講演内容のひとつ。
「今は戦争前夜みたいな状況。僕らは若いころ、戦前の人に、なぜ日本のファシズムや戦争を止められなかったのかと言ってきたが、同じことを今の二十代、三十代に言われるのではないか」、そう語り、苦渋の表情を浮かべたという。(私の文はこれまで)

 
40年余、黙して語らずだった、東大全共闘議長、山本義隆さんがついに口を開く。きょう13日の東京新聞特報面。それも羽田闘争で命を落とした山崎博昭さんの碑を建てるプロジェクトのイベントで講演したという。山本さんは(彼は1941年生まれ、もう70代に入ったのだね)その発起人のひとりだという。

印象に残った講演内容のひとつ。
「今は戦争前夜みたいな状況。僕らは若いころ、戦前の人に、なぜ日本のファシズムや戦争を止められなかったのかと言ってきたが、同じことを今の二十代、三十代に言われるのではないか」、そう語り、苦渋の表情を浮かべたという。

  • 105人が「いいね!」と言っています。
  •  山本義隆さんと予備校の同僚の方がなくなられた弔辞で、「学問の革新をめざした」といわれていました。山本さんのなかには、あの東大アカデミズムを批判する問題意識があると思いますが、それを、現在の著作を深めて貫徹していただきたい。最近、図書新聞で、同じ全共闘の最首さんが、山本さんを科学史の専門家になったとやや批判的にコメントしていましたが、私は、そこは、もうすこし、最首さんよりは評価が高いです。
  • 富岡 洋一郎 山本さんは確かに「科学史の専門家」になりましたが、「磁力と重力の発見」(2巻)、「16世紀文化革命」(2巻)(この4冊を読み終えるのに3カ月かかりましたー)、さらに「福島の原発事故をめぐって」などを読み込めば、いかに山本さんが現代の思潮に危機感を抱いているかわかります。市井の科学者として、科学がもたらす危険性の表裏について、とてつもないエネルギーを注いで探究した力作であることもわかります。
  •  そうですね。私もそう思います。私は、16世紀文化革命の一部しか読んでいませんが、その部分は、現在の金融資本と錬金術にかかわる記述のところで、参考になりました。私は、その部分を受けついで自分なりの「資本主義批判論」につなげたいです。あと、やはり、大学学問ではない、在野の草の根知識人に勇気をあたえる仕事を山本さんには継続してほしいです。なんといっても、知の権力性と暴力性を批判したのが、全共闘運動だと私は考えていますので。
  • 富岡 洋一郎 私の場合、フクシマについて、山本義隆がどう発言するか、注目していたのですが、事故からしばらくして出版された「福島の原発事故をめぐって」を読んで、彼のラジカルさはそのままだと。さまざまな脱原発論がありますが、彼の根底的な批判、科学史に裏打ちされた脱原発論は第一級もの。在野の知識人の典型でしょう。全共闘運動については、その渦中に私もおりましたが、パトスそのものは、ベトナム戦争など騒然とした時代情況も大きく影響していると思います。
  •  はい。そのあたりは、新人類の私としては、先輩の富岡さんのお話をじっくりお聞きしたいとかねがね思っているところです。
  •  :
    今どうされているのかまったく知りませんでした。ノーベル物理学賞の受賞のニュースでもちきりですが、湯川秀樹、友永信一郎に比肩するといわれた優秀な方とお聞きしておりました。ただ、簡単に日比谷公会堂の集会で権力者に確保されたのは残念でしたが・・今となっては遠い記憶ですが・・・・
  • 富岡 洋一郎 「マイ・バック・ページーある60年代の物語ー」(川本三郎)(映画にもなってます)を読むと、朝日ジャーナル記者だった川本さんがマスコミ権限を活用し、潜伏中の山本義隆を報道のクルマに乗せ、大集会中の日比谷野音にこっそり連れてゆく場面がでてきます。その川本さんも赤衛軍事件だったか?の取材過程の出来事で逮捕・免職へ。しかし、その数十年後、山本義隆と川本三郎がそれぞれの著作に対する受賞式で一緒になるという、とても素晴らしい「歴史」がありますねー。
  •  :
    シェアします!
  •  
    山本義隆さんどうされてるかと思っておりました。
    全共闘世代にとって 連帯を求め孤立を怖れず は至言です。
    磁力と重力の発見
    早速読んでみます。
  • 富岡 洋一郎 、ありがとうございます。山本義隆講演録を読みたいですー。
  • 富岡 洋一郎 、「磁力と重力の発見」はとても分厚いですが、科学のそもそもを知るにはかっこうの本。さすが「大仏次郎賞」を受けた血のにじむような力作です。
  •  
    富岡さん 福島の原発事故をめぐって 他も読んで見ます。
  • 富岡 洋一郎 広南さん、私のところは古書店兼図書室。書棚に「福島の事故をめぐって」があり、13日にやってきたお客さんがさっそくこの「名著」を借りてゆきましたー。
  • ブログランキング 

    人気ブログランキングへ 

    いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月12日 (日)

千葉からも「霧降文庫」へー。恐るべし「古本屋ツアー・イン・ジャパン」

 

 

1dscn2994

1dscn2949


本日の「霧降文庫」は常連さんがちらほらと訪れるぐらいでしたが、最初のお客さんは、千葉から。

1dscn2830

 聞くと、「古本屋ツァー・イン・ジャパン」のブログを見てやってきたという。このブログは「霧降文庫」をかなり詳しく紹介している。

 地図を見てきたと言っていたから、私のブログ「懐かしい未来」もチェック済みのよう。一家4人の日光宿泊観光のついでに。1dscn2921

 奥さんによると、だんなさんは、いずれは古本屋を開きたいのだという。というから、この道の「達人」。さすがにお目が高く、「『丁寧な』暮し」の企画コーナーにある「一日江戸人」(杉浦日向子)など5冊を買い求めてゆきました~。

 恐るべしー「古本屋ツアー・イン・ジャパン」と、いうところですー

 「霧降文庫」は、13日(祝日)も開店しておます。

日光市所野1541-2546 0288・25・3348

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がりますPhoto

2014年10月11日 (土)

1万2千円のプロジェクター 付属品を買い求めてなんとかー

1dscn3196




 いろいろな場面でプロジェクターが必要なときがあるので、なんとか自分用に欲しい、そう思っていたのが、プロジェクター。今市の古レコード屋「NOW」(旅が「日常」の八木沢雅夫さん経営)経由のネットで買い求めたのが、これ。お値段は1万2000円ほど。

1dscn3197

 とはいえ、送られてきたのは、本体と説明書+。電源コードやUSBコネクターはなし(あると思っていたのだが)。運送料やそれらの付属品を加えると、1万5000円ぐらいか。それでもふつうは新品でいくら格安でも3万円~5万円ぐらいするので、まぁいいかーと。

 1dscn3192
 問題はその設定。説明書を読むと、USBケーブル経由では、専門のソフトをパソコンに入れる必要がある。新品ならCD--ROMがついてくるのだが、中古品なので、それはなし。ネットから検索し、インストールしたのだが、うんともすんともー。

1dscn3201_2
 そこへ我が家の苦境を聴いたこの道のプロが訪問。彼が使っているコネクターコードというのか、それでやってみると、な~と、見事に稼働。その最初のDVDとして、「初恋のきた道」を。写真はその主演ー有名なー。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月10日 (金)

「霧降文庫」は12、13日の2日間 「『丁寧な』暮し」厳選百選

1dscn2920



 「霧降文庫」の今週は?、12日(日)と13日(月、祝日)の2日間、開業いたしますー。「霧降文庫」が2日連続でオープンするのは珍しい(笑い)。ぜひ、この機会に森の中の「懐かしい未来」をめざすこのお店へ。
1dscn3090
 とくに今回の企画特集古書「『丁寧な』暮し」の厳選百選は、なかなかいいね(笑い、自分で言ってどうするみたいな)。大半が人の手に渡したくない本ばかり。しかし、商いをやっているので、そうも言っていられないー。

1dscn2994
 もちろん、というか、これまでもそうだが、「100円均一市」も。ざっと500冊。これらもかなり厳選した本ばかり。気に入らないものは処分しているので。「ぜひ手にして欲しい」。そんな本ばかりだ。写真の手前がその「100円均一市」です。

Photo

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月 9日 (木)

「鉱毒悲歌」試写会  3人で意見を交わしながら鑑賞会

1dscn3186 40年前に撮影した幻の映画「鉱毒悲歌」、その映画の試写会を9日夜、日光市中央公民館で開いた。たくさんの人に呼び掛けたが、ふたを開けたら、参加者はわずかに3人~。


 

1dscn3156話題作でもあり、それも無料の試写会。それなりに集まるだろうと思っていたが、会場変更などもあり、まさかの人数。〈みんな、それなりに忙しいのだねー〉。という感想に。

   1dscn3141

 参加した3人はいずれもふだんから見知っている「ともだち」同士。ということで、自然に画面を眺めながら、それぞれの感想を語り合うということに。試写会でおしゃべりなどは厳禁のはずだが、この会場ではそれができた。そんな楽しい試写会ではありました。


ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月 8日 (水)

さぁ、冬の用意を本格的に 輸入TADONを積み上げる

1dscn3130



 冬が次第に近づいてきたので、本格的に薪の準備を。紅葉はこれからが本番だが、それに浮かれていると、すぐに冬がやってきてしまうので。1dscn3123

 それーということで、宇都宮の薪ストーブ専門店「ふぁぃやーわーくす」へ。このお店は3年前からだったか、マレーシアの輸入薪材(TADONと書いてあるが)をあつかっている。私はその常連です。

1dscn3125

 格安というわけではないので、それほど大量に買い求めるわけではないが、燃費がよく、よく燃え(というか、燃えすぎるほど)、長持ちするーなので、燃えにくい薪に合わせて使うには都合がよい。1dscn3127
 今回は4本・6キロを30束。え~と、計180キロ。これを道路からベランダに上げるのに15往復~。距離は約20メートル足らずだが、ばてました。薪ストーブ生活は体力も必要です。アイタタタタ~(笑い)

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

 

2014年10月 7日 (火)

道浦母都子『光の河』   あの彼女も「3・11」を歌の小説で

1dscn3103


西暦二〇一一年三月十一日午後二時四十六分それより行方不明のわたくし

 

 新聞で紹介された遙子の作品は自分では満足のいくものではなかったが・・・  

 書店でたまたま眼に飛び込んできたのが、歌人・道浦母都子の小説『光の河』。彼女が歌集『無援の抒情』で現代歌人協会賞を受けて、さっそうと歌壇に登場したのは、1980年。そのときの彼女の歌のいかに強烈であったことか。「典型的」な歌が以下のこれだった。

 

 炎あげ地に舞い落ちる赤旗に我が青春の落日を見る

 

  道浦母都子のブームが過ぎたあとも、彼女はさまざまな歌集やエッセイを発表している。そのいくつかは古書店で買い求めた歌集も含め、今も我が家の蔵書棚に収まっている。

 その名前と久しぶりに出会ったので、きょうは内容も確かめずに、手にとってしまった。我が家で改めて見た『光の河』のオビはこうあるー。

  ヒロシマ、チェルノブイリ、そして福島。「核」の歴史に翻弄された女性歌人が歩んだ道。生きるとはなにかーーー、死とはなにかーーー。旅路の先にある人間の「根源」に迫る。 万感こもる長編小説の傑作!!。

 

彼女もまた「3・11以後」を生き抜こうとしている・・・・。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月 6日 (月)

何を差別と呼び、何を差別と呼ぶべきでないか 『いまどきの思想、ここが問題』

 

1dscn3089

 何を差別と呼び、何を差別と呼ぶべきでないか?―。それに関して、すとんと、「なるほどー」と、素直にうなずける文章に出会った。たまたま古書店で買い求めた小浜逸郎の『いまどきの思想、ここが問題』(PHP研究所)。]

発行は1998年というから、もう15年も過ぎる。が、普遍的な価値観や判断基準を問題した論考なので、色あせていないところがある。  もともと、小浜は吉本隆明に近い、いや、近かったというべきか、その文筆家だ。もうかなり前の発行だが、彼の著作である『オウムと全共闘』などは、読み応えがあった。その記憶があるので、書棚からすぐに手をだしていた。

自宅でソファーにン寝ころんでパラパラと 気軽に読んでいた。この数日のことだ。その中の「『差別』を規定する原則とは」が、特に気に入った。いや、相当に印象に残った。  というのも、その文章について、〈確かにね。それなら万人も認めるような基準だろうな〉、そう思えたから。「対話編②フェミニズムの騎手たちを論駁する」にある指摘だ。

 「ミスコン」問題に絡んだところで、主人(小浜)がこう発言する。  

  「要するに、差別とは、『人間のある活動領域で、ある人を受け入れるか拒否するかの基準について、普遍的な了解があるにもかかわらず、その基準と関係のない差異の微(しるし)を、集団的優劣関係を背景として諾否の基準として用いたときに発生する不当性のこと』を言う」  

  これだけだと、いまいち何のことだが、半可通になりそう。わかったような、わからないような。ところが、これに続く「ミスコン」問題で、ずばっと述べる文章で、上記の指摘の意味がはっきりと浮かび上がってくる。〈早く言えよ〉という声が聞こえそうなので(笑い)、

 以下にその発言を載せます。

  「この場合で言うなら(略)ある実務能力を問う公務員試験で美人・不美人を基準にしたら明らかに差別だよ。だけど、おれの考えでは、ミスコンは絶対に差別じゃないよ。理由ははっきりしている。そこでは女性のエロス的価値そのものが評価の基準にされていて、しかも自由を保証された応募者でもある女性自身も、その価値基準を内在的に承認しているからこそ競い合う情熱を主体的に表現するわけだからな」

   「ミスコン」は、以前、「女性差別だ~」と論が沸き起こったことがある。最近はあまり聞かないがー。そのとき私などは、〈参加者自身が美を基準としていることを了解して、競い合うのだから、女性差別とは思えない。あまりにも考えすぎではないのか〉。そのように思っていた。だが、怒る女性たちが怖くて(笑い)、両面切って、「ミスコンは差別ではないさ」、そう言える「勇気」がなかった。でも、この小浜の「原則」を読んでみて、私も納得して、「ミスコンは差別ではない」、きちんと言えそうだ。

  「ミスコン」は、わかりやすい、象徴的な例として、受け取ったが、この「原則」は、世の中のさまざまな「差別」問題にあてはめて考える、いや、判断できる基本になると思う。理由にならないと思える判断で理不尽な不利益をこうむることが、私たちの「日常」には、ころがっている。

 そういう場合にこの「対話」の発言は大変に役に立つだろう、そう思い、忙しい毎日の中だが(笑い)、この問題へ。なにしろきょうも、台風被害がどんなだったか、自治会の防災部長として、地域を一回りしたり、ウッドデッキの補修作業などをこなしたり~)。そのなかで、あえて、一筆をしたためた次第であります(笑い)ー。

 

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

 

2014年10月 5日 (日)

原発こそ最大の軍事的脅威   笠井潔「8・15と3・11」

 

 

 1dscn3049


いかに原発が無用、いや、害悪をもたらすもの、脅威になっているか?もともと倫理的に、社会的に相反し、「いらない」ものであったのだが、今や経済的にもマイナスであることが明らかになり、さらに言えば、軍事的にもいかにマイナスの代物であることかー。結論から言えば、「原発こそ、いまや最大の軍事的脅威」になっているーそう思ってきたことを正面から断じている本を読んでいる。

 

 『8・11と3・11―戦後史の死角』」(NHK出版新書、笠井潔)。その第4章「潜在的核保有国ニッポン」。そこにある次の指摘など、は「確かにそういうことが言える」と、うなずけるものだ。 

「政治家もマスコミも声を揃えて、北朝鮮の核武装は脅威だという。だが、本当の脅威は北朝鮮の核攻撃ではない。福井や新潟に軒を連ねる原発こそが、最大の脅威だ。北朝鮮が日本海岸の原発を標的として、高速艇や潜水艦で特殊部隊を送り込んできたらひとたまりもない。旧式ミグ戦闘機による自爆攻撃でも同じことだ。原発の破壊による放射能汚染で、日本列島は壊滅するだろう。9・11以降の世界内線のリアリティからすれば、これは想定しなければならない最悪の可能性である」  

 

「このリアルな脅威に日本政府は、いかなる対処もしていない。対処しようがないというのが本音かもしれないが、考えたくないことは考えない、考えなくてもなんとかなるというニッポン・イデオロギーは、この点からしても盤石といわざるをえない」 

 

 政府を揶揄している下りだが、ようやくやり玉に挙げられている政府も腰を上げ始めようとしている。〈とはいえ、確か、最近の動きに自衛隊を原発テロ対策に活用するということがあったはずだ〉。そう思って、ネットで記事を検索するとー、この9月中旬にこんな記事がでていた。

 

 (以下は東京新聞)「対テロ名目 活動拡大 「自衛隊が原発警護」検討 2014918日)福島第一原発事故を機に日本でもクローズアップされた原発テロ。テロ対策は原子力規制委員会の新規制基準にも盛り込まれたが、政府・与党はさらに強化が必要として、自衛隊が原発を警護できる法改正を検討する」 

 

 つまり原発が襲われるという危険性は以前から内部で指摘されていたが、福島第一原発事故まで表面に浮かびあがってはきていなかった。関係者や専門家ではこうした脅威を研究していた、そのことは新聞で報じてはいる。しかし、日常や、生活、街角の場面まで、つまり「井戸端会議」のところまでは下りてきてはいなかった。ふだん、私たちも原発とテロをまじめに考えてもこなかった(少なくても私は) 

 

基本的に自民党幹部の論理は「潜在的核保有」のためでもある原発維持だ。核抑止力を間接的に持つという発想ではあることは、さまざまな発言や記録で明らかにされている。核は持っても、使えば、「ビロシマ・。ナガサキ」の悲劇が待っているのだから、実際には使えない、そのことはわかっているのだから、核保有そのものが「無用の長物」だといえる。ところが、私の「ともだち」には北朝鮮の脅威に対し、「核そのものを日本も持つべきだ」と強固に主張している。その危うさがいかに現実味を帯びているかー。

 

笠井の見通しから言えば、そうなる。そして私もそうだと思う。つまり、今の「世界内戦の時代」には、逆にその「保有」ことが自らを危険にさらす。

 

 「冷戦期には有用だったかもしれない『潜在的核保有』の論理が、世界内戦の時代には通用しない。通用しないどころか反対物に転化している。世界内戦の論地に従えば、原発が存在するという事態は、仮想敵による原爆の国内持ち込みを認めるのと同じことを意味する。『潜在的核保有』という抑止力を得るため、日本全国に建ち並んだ原発こそ、いまや最大の軍事的脅威に転化している」 

 脱原発の論理は原発のすべての工程―ウランの採掘から稼働、点検、過酷事故までーそのものが「犠牲」でなりたち、倫理的にも、社会的にも、人道的にも許されず、過酷事故の被害の空間的、気の遠くなる時間的な甚大さへの異議申し立て、未来への責任を引き受けようとする大人の立場からだった。しかし、今や経済的にもアウトであることがさまざまな数値からも明白になってきている。それに加え、いや、それに先立ち、「軍事的優位」に転化させようという意図の下にある原発が、逆に「軍事的脅威」に転化するという、このなんという逆説であることか!

 

 

 

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月 4日 (土)

「『丁寧な』暮し 百選」スタートです 5日から古書店「霧降文庫」

1dscn2990
5日(日)から「『丁寧な』暮し 百選」を始めますー。ぜひおこしを。なんと!!・・・薪運びや薪割りもできます・・・(笑い)


1dscn2997
 開店時間は午前11時~午後5時。〒321-1421 栃木県日光市所野1541-2546.霧降高原です。
☎は、0288-25-3348 気軽にお電話を(だいたいが、道に迷ってしまうので)

1dscn2965

図を添付します。右上の「砂時計邸」が霧降文庫」です。

Photo

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月 3日 (金)

朝令暮改の「百選」へ。  「『丁寧な』暮し」(霧降文庫)

1dscn2949
 朝令暮改の典型です。昨日の「50選」から「100選」へ。「霧降文庫」の10月企画古書は、昨日に「50選」としていましたが、一夜で、「100選」へ(笑い)

1dscn2921 もちろんはじめは、「50選」でやろうとしていたのです。が、在庫の図書を観ているうちに、〈こりゃ、100選でやってもいいのではないかー〉。という思いにかられ、調べたところ、「100選」までは並べることができるー

1dscn2923
 とくに鷲田清一の「聴くことの力」とか、「普通をだれも教えてくれない」、あるいは「成長から成熟へ」、「銀河鉄道の夜」などは、「『丁寧な』暮し」にも「斜め」にぴったりではないかー。それに「コタンに生きる」などもそうだー。で、「百選」へ(笑い)Photo


ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年10月 2日 (木)

「『丁寧な』暮らし77選」へ 「50選」から朝令暮改で(笑い)

1dscn2840

 「霧降文庫」の10月の古書企画は「丁寧な『「暮らし』」50選と、告知しておりましたが、「『丁寧な』暮らし」77選に切り替えることにしました朝令暮改の典型ですが、50冊を選んでいたら、もう少し増やしたほうが古書ファンが喜ぶだろうーと。

Dscn2358

 ということで、以下に当初の「50選」の大半を掲載することにします。残りの「27選」も、近日中にアップすることにします。並べてみると、自分でも〈なかなか魅力的だな~〉、そう思えるラインナップだと思います(自画自賛ですがー笑いー)。

1dscn2896

 10月5日(日)から毎週日曜日、やってます。お客さんの反応しだいで、10月、11月と2カ月をやってもいいかな~とも。そうなるような反応を期待したいのですが、さて、実際は果たしてどうなることやら?ー。1dscn2887

 「霧降文庫」の開店時間は、いずれも午前11時~午後5時です。0288-25-3348。〒321-1421、栃木県日光市所野1541-2546。霧降高原の「和牛」の先、なだらかな坂をのぼって、約2キロ、右手のペンション「ポコ・ア・ポコ」の裏手、5軒目の高台がお店ですー。

 Dscn2029

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります)

2014年10月 1日 (水)

この新書はお薦めです 「5アンペア生活をやってみた」

 

 1dscn2899


斎藤健一郎さん、いや、健一郎くんかな(彼は朝日新聞記者、私の後輩なのでー)が、岩波ジュニア新書から『5アンペア生活をやってみた』を発刊した。(9月19日第一刷)。

 発行されるのを知っていたので、ネットで注文しようとしていたら、「贈呈」で送られてきたのです。ありがとうございます。

 なにしろ、掃除機をやめ、電子レンジをやめ、電気炊飯器をやめ、冷蔵庫にさようならをして、ブレーカーも落としてしまうー。で、一か月の電気代は190円。1900円ではありません。

 いやはや、その挑戦が魅力的なので、昨年の「原発いらない栃木の会」総会の記念講演に彼を宇都宮に招いて「講演」してもらったほど。それからさらに「進化」して、今では東電に対抗した健電、「健康第一電力」の所長にも就いたのです(笑い)。

 まえがきで、「エネルギー問題は一人ひとりの生活の中にある」と。なんと重い言葉でしょうー。私なども彼を追いかけて少しでも近づこうとしているが、なかなか届かない~。

 この本を読んで改めて自分でできることを少しずつと思っています。みなさんにお薦めですー。これも10月の「霧降文庫」の企画古書「丁寧な『暮らし』の一冊に。51番目になるかー。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30